うなぎいぬ&うさぎのこーちゃんによる日記です

フィッシングショー搬入完了

フィッシングショー搬入完了しました。



S__18841657.jpg

今回は自分が広報になって初めてのFショー。


S__18841656.jpg


S__18841654.jpg


フィッシングショー、皆様のご来場をお待ちしております。

とりあえずあんまり体調良くないんで寝ますね・・・。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/01/19 20:24 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ティムコは横浜と大阪にて開催されるフィッシングショーに出展いたします!

201701101753097d3.jpg


2017年、ティムコは横浜と大阪にて開催されるフィッシングショーに出展いたします。



2017年はフェンウィックNEWフラッグシップモデルとなる「ACES(エイシス)」をはじめ、サイトマスター2017モデル、さらには注目のルアーを多数展示。またフォックスファイヤーに関してはレイン・防寒など各サイズ展示。試着可能となっています。



★ジャパンフィッシングショー2017★
開催日:2017年1月20日、21日、22日
ティムコブースは正面入り口をまっすぐ進んだバスエリアの中にございます。

2017011017530868e.jpg




★フィッシングショー大阪2017★
開催日:2017年2月4日、5日
ティムコブースは6号館Bゾーンの右手奥にございます。

2017011017530649c.jpg




ぜひティムコブースへお立ち寄りください。スタッフ一同、会場にて皆様とお会いできるのを楽しみにしております。



ちなみに横浜は沢村プロ、山岡プロ、中田プロに来ていただきます。大阪は沢村プロ、山岡プロ、冨本プロとなっています!


私もおりますので、例年通り薄い本の差し入れ等、お待ちしております。
関連記事
[ 2017/01/10 18:00 ] 釣りいろいろ | TB(0) | CM(0)

今年の抱負

あけましておめでとうございます。本年もうなぎいぬにっきをよろしくお願いします。

20170104065810795.jpg


今日から仕事はじめです。今年は横浜・大阪・名古屋のフィッシングショー出展となり、なかなか忙しい1〜2月となりそうです…。


さて今年ですが、今年もTBC参戦!11年目となるTBC。当然、1番目指して日々精進します。また、2012年から優勝してないので、今年は2勝くらいしたいですね(真顔

2017010407124226d.jpg


〜今年の抱負〜

・利根川をよく知ること。

・その場その時の柔軟性を身につける。

・あと一匹を釣る!



3点ですね。柔軟性に関しては昨年からの継続となります。過去に縛られない釣りを身につけ、どんなフィールドでも釣果を出す。昨年のH-1はほぼプラ無しで臨みましたが、まぁまぁ結果は出ていたように思います。むしろ、プラ無しの状態が、良かったとも言える試合が多かったです。グリマー、クランクのドラッギング、キャロステルス等など、経験と知識をいかした試合展開ができたと思います。ただ、TBC第三戦は何もつかめず終わったという試合もありました。ここに磨きをかけたいですね。スポーニングシーズン以外は、バスはエサを依存するので、やはり何を食っているか?を考えながらルアーを選択していくスタイルを突き詰めます。


【利根川をよく知る】っというのは、それをいかすためでもあります。場所を知らなくては、次の一手を打てない。今一度、魚探と棒を持って、利根川の地形把握をしていきたいと思います。特に、釣れるエリアの地形をもっと詳しく解析していきたいと思っています。

そしてあともう一匹・・・もう一匹釣ることができれば、毎試合色々見えてくる。試合でもう一匹釣るために、どうすればいいか?を考えて練習する。



こんな感じで1年やっていこうと思います。


関連記事
[ 2017/01/04 07:56 ] 釣りいろいろ | TB(0) | CM(0)

本年もありがとうございました。

本年もうなぎいぬにっきをありがとうございました。

15578392_1602336199793584_6205588522014754282_n.jpg



フェイカーやライオットブレード、ハイパーイングリーや野良ネズミなど、色々提案させていただいた2016年でしたが、たくさん釣っていただけましたでしょうか??【ルアーはまだ進化できる】っという考えのもと、来年も様々な新製品を提案させていただきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。

15355738_1581108358583035_7665817629340908056_n.jpg



参戦10年目となったTBCは、結局のところ伊藤巧プロにやられ…年間3位。

フル参戦できるかと思われたH-1は、最終戦仕事で出ることができず、年間7位…。

微妙な1年でしたね…。


まぁ、今年も野村ダムへ行ったり、七色ダムへロケに行ったり、琵琶湖へ行ったり・・・

いろいろ勉強することができました。今年もつりがうまくなったなー。


14591753_1180424385350132_1613254329162677823_n.jpg




関連記事
[ 2016/12/31 17:53 ] 釣りいろいろ | TB(0) | CM(0)

素手の感覚を損なわない究極グローブ、ハンドウォーマーを徹底比較2016

昨年の記事を加筆修正し、アップしたいと思います。今のところ様々なハンドウォーマーをテスト中ですが、今期は登場しません。既存品3機種に関して比べます。

2_20151227113142ea2.jpg


さて、ルアーフィッシングに革命を起こしたともいえるこの手甲タイプのグローブ。ティムコでは古くから着目し、私が入社した14年前?にはすでに存在していた気がします。もともと私も

【冬でも素手の感覚を損ないたくない!】

っというタイプの人間で、冬でもグローブをなるべく使用しないタイプの人間でした。しかしこれに出会ってからはこればかり使うように。


使ってみるとわかるのですが、嘘みたいにあったかいんです、コレ・・・。



一見すると指先が寒そうですが、実は人間の体というのは、手首と手の甲をあたためると、いつまでも温かい血液が指先まで循環し続ける。結果、指先が冷たくならないのです。

冬場、手がかじかむ原因としては、寒さからくる血行不良のせいです。

気温の低い状況下に陥ると、人間の体は末端部分である手足の血液の流れを弱め、生命活動に重要な、内臓を守るという本能が働きます。脳がそういう指令を出す。その活動が【かじかむ】ということに繋がるのです。


このグローブは、その働きをあえて阻害するように作られているわけですね♪


このグローブは、人間工学に基づいた、画期的商品なのです!使っていない方、ぜひとも一度使ってみてください☆ティムコ史上、最も画期的なアイテムの一つだと思います。


さて、ティムコでは現在、3種類のハンドウォーマーが存在します。他社に比べ、圧倒的に種類が豊富です!それは培ってきたノウハウからくるもので、使い分けてこそ最大の効果を発揮するアイテムだからです。それぞれどのように使い分けていけばいいのか??ちょっと記載したいと思います。





Foxfire
ハンドウォーマー

Hand Warmer

1_20151227113143d94.jpg


手のひら感覚を残した手甲スタイルのハンドウォーマー

風や水を通さないポリウレタン加工を施したストレッチ性のあるフリース素材を採用。親指部分の表側に起毛した吸汗速乾素材を当て、汗や鼻などを拭きやすくしました。また、手首部分には小型のカイロ用ポケットを配置し、ハンドウォーマーとカイロの相乗効果でより暖かく、手のひら・指の感覚を大切にするアングラーには手放せないギアになるでしょう。

これが最もベーシック。

まず、風や水を通さない外側のポリウレタン加工。当然暖かさに繋がるのですが、この生地のおかげでちょっとした外側からの濡れは中に通さない構造になるため水が多少かかってもまったく問題なし!そして色が真っ黒なのも特筆するべき点。特に太平洋側の冬は、【晴れていて風と気温が低い】状況が多いと思います。そういった場合、太陽光を最大限に利用することができるこのハンドウォーマーはそれだけで温かさが違います!実際、黒い部分を手で触れると温かく、太陽熱を吸収していることが感じられると思います。

一方内側はフリース素材なので比べ付け心地がサラッとしており暖かい。


残念ながら、透湿機能はありません。次に説明するタイタニウムのように手を水中に突っ込んで水に濡れたらダメ。最悪です。ハンドランディングで手を水中に突っ込んでしまうと、いつまでも乾くことなく冷えが続きますし、不快感が強いです。なので、こいつは


【手が濡れない】ような状況下で最大の効果を発揮します!


ま、普通は冬、水の中に手を入れませんし・・・。そう考えると、値段が安いということもあるものの、一番数が売れているのも納得の商品です。とりあえずこれを買ってみるのがオススメでしょうか?











Foxfire
タイタニウムハンドウォーマー

Titanium Hand Warmer

1_201512271131409c9.jpg

体熱を反射させ蓄熱するタイタニウム アルファを使用したハンドウォーマー

裏側はスムース加工を施してあり、濡れても生地が水を吸うことがないため、いつまでもドライに保つことができます。ランディングなどで手を水中に入れることが多いときにはこのハンドウォーマーが最適です。

素材
超薄手 ネオプレーン0.5mm厚(タイタニウムコート)


タイタニウムアルファとは、完全独立気泡のクロロプレンラバー表面に、チタン合金を特殊コーティングし、その上に合成繊維をラミネートした5層構造の新素材。チタン合金は、70ミクロンの超極薄のフイルム状で効果的な断熱、保温性を発揮します。従来品に比べ保温力が大幅アップ。ヒートロスによる疲労を軽減します。 また極めて薄くても暖かさを維持するので、たとえば従来品クロロプレンラバー5mm厚と、タイタニウムアルファの3mm厚とは同等の保温力があります。また極めて高い伸縮性をもち、手のようによく曲げる部分に対してのフィット感が抜群です。


濡れても生地が水を吸うことがない


というのが最大の特徴。常に濡れる状況においては最大の効果を発揮します。ゆえに弱点があるとするならば、蒸れに弱いということです。すなわちタイタニウムハンドウォーマーは、



【水で濡れる】状況下で最大効果を発揮します!



常に濡れる状況というのは冬場は避けたいところですが、そういった状況下で普通のグローブは当然役に立ちません!そんな時はタイタニウムハンドウォーマーの出番です。

何かと濡れる海関係、雨・ハンドランディングが多い時などではこちらがオススメ!!






Foxfire
ナノエボウォームハンドウォーマー

Nano-Evo Warm Hand Warmer


1_20151227113213d44.jpg

透湿性、通気性、ストレッチ性に優れたFoxfireのオリジナル素材「ナノエボWP」を採用したハンドウォーマー

手のひら感覚を残しつつ、裏地のマイクログリッドフリースで手の甲と手首を保温します。立体裁断によりフィット感も抜群。

素材
ナノエボWP3レイヤー30Dストレッチ(ポリエステル100%)
裏地:グリッドフリース(ポリエステル100%)


最も新しいのがこれ。新しいからと言って何もかもがいいとは限りません。使い分けてこそ【よい道具】だと思います。

さて、こいつの特徴はまず透湿防水機能と通気性があるという点。透湿防水機能は、過去販売していたウインドストッパーハンドウォーマーというのがありました。久しぶりの登場です。

透湿防水機能があると何がいいかというと、濡れた手が乾きやすいという点です。バスフィッシングのようなたまにハンドランディングする場合、従来のハンドウォーマーでは一度塗れると乾くことがない・・・。結果、一度のハンドランディングでグローブを脱ぎ、乾かすという作業が必要でした。

しかしこのナノエボウォームハンドウォーマーは、ハンドランディング後もいつの間にか乾く!

もともとすべての透湿防水機能は外気と体の内側の温度差が大きければ大きいほどその効果を発揮します。

したがって、冬場のほうがその効果を発揮しやすく、乾きやすい。



加えて内側の処理がグリッドフリースになっている。

12_20151227180400095.jpg

したがって、水の抜けも従来のハンドウォーマーに比べけた違いによく、相乗的に乾きやすい構造となっている。

したがって、


【たまに手が濡れる】ような状況下で最大の効果を発揮します!


水辺で使用するという総合的なバランスの良さでいうと、ナノエボウォームハンドウォーマーが良いかな?と思います。しかし、ナノエボウォームハンドウォーマーと従来のハンドウォーマー、濡れなければどちらが温かいかといわれると従来のハンドウォーマーです。

片手ずつつけて検証してみましたが、私の結論としてはそんな感じになりました。


長々と書いてしまいましたが、この手甲のグローブはとにかくおすすめなのでぜひとも使ってみてください。

あ、バスボートで飛ばすときは普通のグローブをつけてください。放熱が強すぎて、さすがに冷えてしまいますので・・・。
関連記事
[ 2016/12/28 18:16 ] タックル関係 | TB(0) | CM(0)

フェンウィック新シリーズ【エイシス】





2016年TOP50霞ヶ浦戦で圧勝した沢村プロ。その勝利を支えた2017年フェンウィック新シリーズ【ACES】について語ります!

★フェンウィック新シリーズ【ACES】とは?★

ACESシリーズは、よりテクニカルに細分化された近代バスフィッシングに対応すべく、これまでフェンウィックロッドにあったブランクマテリアルごとのシリーズ構成から、各モデルのコンセプト・メソッドに対し、現在考えうる最も適したマテリアル、製法、構造を適材適所で組み合わせ、先進のガイドセッティングとバランスで専用設計しました。ブランクマテリアルを釣り方に当てはめる考えから、釣り方にブランクマテリアルを合わせ込むコンセプトに一新する事で、メッソッドやテクニックに特化した、より専門性を追及したスペシャリティーモデルで構成されています。フェンウィックロッドの長きに渡り培われてきた技術の粋を集め、エースナンバーのみで構成された死角無きシリーズ。それがNewフラッグシップモデルACESのコンセプトです。

詳細は随時公開!




今回動画ではキャリラバロッド510CMJを紹介しています。動画内で少し紹介していますが、ACRS56SLJはTOP50桧原湖戦で沢村プロ3位を支えたロッド。

こちらもオススメ♪
関連記事
[ 2016/12/27 08:23 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

伊藤巧さんにあってきました

サイトマスタープロスタッフ!2016陸王・伊藤巧さんと飲み会にいってきました!

15542113_1252803098112260_1356706225861044553_n.jpg


TBCも持っていかれたし・・・来年は負けないように、もっと勉強しないと(真顔


いろいろ勉強になるお話しをさせていただきました~。



15542409_1252803094778927_5112027794114421073_n.jpg


来期の新作サイトマスター、ディグニティをかけて写真を一枚撮らせていただきました。

2017年、久しぶりにメタルフレーム登場です。私はずっとメタルフレームなので、来年はこれを・・・





15578667_1253214158071154_3752994288674366466_n.jpg

あと、巧のえさセレクトステッカー第三弾いただきました!!

この蛙バージョンですが、なんと初期ロットは麗澤のロゴがミスにより入っていません…

2回目、もしくはダウンサイジングバージョンには麗澤の文字が印字。

麗澤印字なしはエラー品であり、初期ロットは相当レア。やったぜ

15492104_1253214151404488_935779488668002365_n.jpg


関連記事
[ 2016/12/19 12:50 ] 釣りいろいろ | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク
フィッシング用品・アウトドア用品のTIEMCO(ティムコ)
最新インフォメーション
プロフィール

うなぎいぬ1091

Author:うなぎいぬ1091
トラウトルアーやバスルアー、偏光グラスの広報担当兼ロッド&ルアー開発。TBCなんかにも出ているらしい。ストマック調査とか痛ックル製作とかしてます。バス釣り大好き(^ω^) 痛ックル精鋭部隊(隊員№001)部隊長。今のあなたが知るはずもないのだけれど私はね【釣りがうまくなりたい】、ただそれだけの祈りで魔法少女になったのよ

Twitter
pixiv
タグは痛ックルです
気になるもの
ノーブルウィッチーズ 第506 統合戦闘航空団 飛翔! (角川スニーカー文庫)





ラブライブ! School idol project 園田海未 -夏色えがおで1,2,Jump! Ver.- (1/8スケール PVC塗装済み完成品)





ラブライブ!  ねんどろいど 矢澤にこ (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア)





































































































東方カウンター