うなぎいぬ&うさぎのこーちゃんによる日記です

新製品ルアー ブッチギルの内部構造

DWmtFhuUMAEm1d-.jpg

DWmtGm9V4AA_wP9.jpg

DWmtHzWVMAAywfo.jpg


ステルスペッパーと同様のスクリューを持つブッチギルですが、今回は重量が重いためスクリュー挿入部分を強化しています。



プラスチックの接着面だけでは強度不足になる恐れがあるので別パーツを作り、それにヒートンをねじ込む構造に。

これによってペラを外したりするチューンも思いのまま!

DWmtIrKVQAA85ga.jpg

ぜひいろいろ試してみてくださいね~
関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/02/22 12:23 ] 釣りいろいろ | TB(0) | CM(0)

180209大江川

今回の旅最後、岐阜県大江川に!

DVlrGUCVAAAszJO.jpg


夕方は虫が出てきたり、亀がいたりと生命感はありましたが…

結果、シャイナースティックのDSで、メガネしか釣れませんでした…。

今回も、釣り人には出会えませんでした。

DVlrIv6VMAEjMqZ.jpg



三日前には冬の定番?っと話の多い札野ワンドをロコイズム シャイナースティックのDSを使用し攻めましたが…。


DVlrHmgV4AAyP29.jpg


大江川の春はまだ遠いようです。
関連記事
[ 2018/02/19 17:31 ] 釣りいろいろ | TB(0) | CM(0)

18013031大江川

岐阜県大江川に行ってきました!

201802051836409f8.jpg


初日は防風雪…二日目は風もなく穏やかでしたが、風がないためかかなり凍っておりました…。

水温は2〜3℃

釣り人は私以外に、ビッグベイターにひとりだけお会いしました。

結果は二日間ともノーバイトノーフィッシュ…

シャイナースティックのDSメインで探りました。沈み物中心に探りましたが無。

なかなか厳しい大江川釣行となりましたが、かなり実りのある釣行となりました。今年はひと味違うとこ見せるよ〜 20180205183640937.jpg
関連記事
[ 2018/02/05 18:40 ] 釣りいろいろ | TB(0) | CM(0)

180117豊英ダム

昨日の豊英ダムの魚〜。

テストはネズミと羽根モノ。

しかし、トップは無理ッス……。

14:00まで頑張りましたが、諦めて車戻ってワーム使っちゃいましましたw

スキッドファイヤーのリーダーレスDS。初バス!スキッドファイヤーは、チューブのようにも使えるし、イカのようにも使える何かと便利なルアーとして作りました。今回はチューブのように使用。

しかし食ったのは終了5分前…。初バスに感謝しつつも、今年も楽はさせてもらえなそうな予感。


201801181240124ed.jpg


昼までは曇り、午後から豪雨…

出ていた人は、まぁまぁ釣っている感じでした。トップは厳しい…しかし、テキサスなどを無心でポチャポチャやると良かった様子。

私もフォール一発で食いました。
関連記事
[ 2018/01/18 12:44 ] 釣りいろいろ | TB(0) | CM(0)

サイトマスター2018新製品【マニフィコ】

2018SMMain2.jpg


2018年、サイトマスター新製品はこちら!

マニフィコ

アングラーのためのボスリントンフレーム
ウェリントンの力強さとボストンの柔らかさを併せ持ったハイブリッドデザイン“ボスリントン”。レンズの大きさと形にも細部までこだわり、重さと視界のバランスが取れたモデルとなっています。"キーホール(鍵穴)”と呼ばれるブリッジ付近の美しく特徴的なデザインがアングラーの風格を際立たせます。

4カーブを採用したデザインは目への負担を軽減し、同時にデザインバランスを崩さないミニマルなバイザーを設けることでサイドからの映り込みへの対策を施しています。ファッションサングラスとは一線を画し、自由に曲げられるチタンの心棒を配したラバーモダン部を長めにとることでフィッティングも調整可能で、スポーツサングラスとしての機能もしっかりと持ち合わせています。
ブリッジ幅×レンズ横幅×レンズ縦幅×フレーム幅(mm)
22×50×39×144mm
4カーブ


2018SM01.jpg


2018SM02.jpg


フレームカラーはブラックとブラウンデミの2色。


2018SM13.jpg



2018SM06.jpg


ウェリントンタイプのサイトマスター、クラシコは大人気でしたが、こちらもかなり人気がでるとおもいます。

ノーズパッドの部分がさらに進化し、とてもフィット感があがりました!

横浜・大阪のショーは出展しませんが、名古屋と九州にはお伺いいたしますので、そのときにご覧いただけると思います。


よろしくお願いいたします!
関連記事
[ 2018/01/16 19:34 ] タックル関係 | TB(0) | CM(0)

新製品PDLスーパーシャッドテール4インチ

新製品PDLスーパーシャッドテール4インチ!

26165516_2105592756134590_7936124901246896748_n.jpg


3インチとの比較。ひと回り大きくなり、存在感もアップしています!

PDLのスーパー系が釣れる要素の秘密は、実は扁平な中空空間の広さにあります。内部に大きく作られたこの空間は空気の層を作り出し、水中でロールしたときナチュラルなきらめきを演出させる重要な要素となっているのです。


また4インチは、3インチに比べ重量は約1.5倍!いままで届かなかった場所までロングキャストが可能に。またキレのよいアクションを出すためにあえて少し硬めに調整しています。

26172179_2105592752801257_8950730978313528614_o.jpg
26233772_2105592759467923_7772344076326699756_o.jpg


クリアウォーターで目つきワームは圧倒的に釣れるワームです。ぜひとも試してみてください!!
関連記事
[ 2018/01/04 16:07 ] タックル関係 | TB(0) | CM(1)

【2018ティムコ新製品ブッチギル】の釣れる秘密を公開!

最近ツイッターとFBばかりですが、ティムコブッチギルの釣れる秘密をこっちにも書いておこうと思います~。
※あとあとgoogleで自分で検索したときにありがたいのよね・・・。

1500017994129.jpg


BUTTIGILL(ブッチギル)

LENGTH:85mm
WEIGHT:35g CLASS
TYPE:SLOW SINKING

“ギル型+ペラの力が生み出す脅威の釣果”
プロップの生み出す水流波動に、ギル型ルアーの集魚力をプラス!体高のあるギル型ルアーは存在感が非常に強く、バスが興味を持ちやすいルアーです。しかしその存在感の強さのため、ルアーと見切られることが多くバイトまで至らないことが多々ありました。ブッチギルは、ギル型ルアーにペラの力をプラス。ゆっくり動いていても、高速で回転するパーツがあるためにバイトを誘発。いまだかつてない「釣れる」ギル型ルアーとなっています。


1502162925276.jpg


“多彩なアクション”
従来のシンキングダブルスイッシャーは真っ直ぐに引くことしかできませんでした。しかし、ブッチギルはジョイントボディを採用することで、スローリトリーブではi字系のアクション、ファストリトリーブではボディをくねらせて泳ぎ、また急激なストップ&ゴーでの90度ターンを演出。多彩なアクションを引き出すことが可能となりました。結果的に様々なシチュエーションに対応します。



KIMG3353.jpg


“サイズ感”
サイズは85mm程度にすることで、存在感をしっかりだしつつも食わせやすい絶妙なサイズ。ビッグベイトにありがちな、見に来るが食わないという状況を極力なくす設計です。また自重を35g程度に設計することで、投げやすさと使いやすさを重視。より正確なアプローチを可能とします。

※フックやリングを交換、ウエイトを追加することにより、お好みのフォールスピードを作り出すことができます。ぜひ様々なチューニングを試してみてください。


KIMG3374.jpg
関連記事
[ 2017/12/26 12:10 ] タックル関係 | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク
フィッシング用品・アウトドア用品のTIEMCO(ティムコ)
最新インフォメーション
プロフィール

うなぎいぬ1091

Author:うなぎいぬ1091
トラウトルアーやバスルアー、偏光グラスの広報担当兼ロッド&ルアー開発。TBCなんかにも出ているらしい。ストマック調査とか痛ックル製作とかしてます。バス釣り大好き(^ω^) 痛ックル精鋭部隊(隊員№001)部隊長。今のあなたが知るはずもないのだけれど私はね【釣りがうまくなりたい】、ただそれだけの祈りで魔法少女になったのよ

Twitter
pixiv
タグは痛ックルです
気になるもの
ノーブルウィッチーズ 第506 統合戦闘航空団 飛翔! (角川スニーカー文庫)





ラブライブ! School idol project 園田海未 -夏色えがおで1,2,Jump! Ver.- (1/8スケール PVC塗装済み完成品)





ラブライブ!  ねんどろいど 矢澤にこ (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア)





































































































東方カウンター