うなぎいぬ&うさぎのこーちゃんによる日記です

170605利根川詳細

天気:曇りのち晴れ
気温:最高22度/最低15度
水温:23℃前後
風:東5m/s


さて利根川プラ初日。


とりあえず今回はざっくり見て回ることに。

っと思ったら、あっさり釣れる…。

場所は若草大橋周辺。朝に関してはどこ投げてもアグレッシブにバスはバイト!バスの射程範囲がものすごく広く、半径5mくらいあったように思いました。どこに落としてもすっ飛んでくるw

20170615072850c29.jpg


釣ったルアーは、バックスライドホッグ・フラッピンホグ・ステルスペッパー110S!

201706150728522e9.jpg


バスはザリガニやエビ、ゴリを捕食していました。
20170615073058ce3.jpg
201706150730577e6.jpg
20170615073054cbe.jpg



この時期、ザリガニは活発にシャローを動き回ります。この時期のザリガニ食いはバスがでかいのは想定内。しかし、エビ、ゴリ系バスも釣れてくるサイズがキロ超えてくるので、このパターンかなぁ?と思いました。この時期のザリガニ、エビ、ゴリパターンは、ブッシュ+スーパーシャロー中心に組み立てるのが吉。ので、風で濁るとなかなか難しい。

それでもでかいバスが、ボラ系の小魚を意識しているわけではなさそう。小魚系は難解になるので一安心。

全体的に水は濁っているのですが、朝に関しては落ち着いておりサイトができるレベル。

食うのは全部見えましたw

その後、ザリガニ食いを求めて長豊橋付近のドロ底クリークをエレキ上げながらサイト・・・2本見つけて1本野良ネズミのちょうちんで食わせましたがミス…サイズはキロくらい。

その後、魚がかなり広範囲に散っていることを想定してだだ流しをやってみますが異常なし!

どうやらどこでも釣れるわけではない様子。
またそうこうしているうちに、日が上がってきてフィーディングのバスがシャローから消えたイメージがありました。

とりあえずこのパターンは保留。水位が一番下がったタイミングで、横利根にネストがあるか確認しに行きましたが、一つもない。朝の釣れた魚のサイズも考えると、時期的にもうかなり終盤っぽい。

気になっていたボラパターンもやってみますが、反応無。エリアがあってないのか?タイミングが悪いのか?それは不明。

対濁りのエビゴリパターンとして存在する、乱杭+水中ゴロタもやってみましたが、これはこれで強力っぽかった。

※ウェイブモーションのネコ。キロ超え。

乱杭+水中ゴロタのバスもアグレッシブ。かなり遠くからよってきて食ってきてるイメージがありました。ただ、群れているわけではなく、ひとエリアに1匹、そんな感じです。


乱杭+水中ゴロタは時間が掛かるのであまりやりたくないのですが、試合で爆風になったときには生きてくるので確認作業。

その後もちょこちょこ色々な釣りをやってみましたが…。

晴れていたので「深いシェードのエビ食いバス」をやりたかったのですが下流にいたのでなかなか場所がない。

っで、最後の最後に長門川下流の深いシェードを野良ネズミで撃つと速バイトw

20170615073240fb6.jpg


晴れたときのこのパターンは強力だなってことでこの日は終了。




この日は思い通りにバスを釣る「芯を捉えた釣り」ができたと思います。







スポンサーサイト
[ 2017/06/15 07:33 ] 利根川 | TB(0) | CM(0)

170611利根川TBC

20170612081110f80.jpg


天気:曇りのち晴れ
気温:最高22度/最低18度
水温:23℃前後
風:西3のち東5m/s


さて、試合を振り返ります。

状況的にもうアフター回復からアフターにかけて…

難解な梅雨の利根川スタートと言った感じ。

プラでは浅いクリークの奥で稚ボラやザリガニ、エビを捕食しているバスがデカかったのでそれを追い求めて行くことに。

まず佐原のクリークからスタート!

ヘビテキとプロップペッパーで流すもののバイトなし…

ゆっくり近づいていくと、バスが何匹か見えました。

テキトーにセンコー4インチを投げるとバイト!っが、尻尾しか食っておらずワームだけ持っていかれる(真顔

なんかスローだな…なんて思いながら、パワーベイトフィネスのセンコー4をクリークの真ん中に投げると着水と同時にバイト。これはフッキングが決まって1100g。


エリア的にプラではボラがワラワラしていたところなのですが、この日は静か。

場所があってない気がする。

その後、もう一ヶ所佐原のクリークをやるもののバイトなし。

結構人も入り始めていたので、とりあえず良くやる1級のブッシュを撃ちに。

周りから探っていきますが、この日はバイトが出ませんでしたね…プラでやる気のある日に当たると、1投ですっ飛んでバイトしてきましたがどうやらそんな感じではなさそう。

切られそうだなーなんて思いながら一番ややこしいところにウェイブモーションのネコリグ(1.6g)をキャストするとなんと食ってきたwそれはミスバイト。

また食うかな…なんて思いながらベイトフィネスジグ3.5gフラッピンホッグJr.を入れるとバイト。しかし、全く走らないスローなバイト。食い込ませるためにシェイクしてフッキング!これは決まったものの、ブッシュがややこきすぎて全く出てこないw

まだついてるなーなんて思いながら、手を突っ込んでキャッチ♪これが1400g。

う~ん、なかなかにスローな展開。

ヘビテキはちょっとやりすぎな日のような気がしてきたので、メインをベイトフィネスジグとウェイブモーションのネコ、バックスライドホッグまでスローダウン。

その後、佐原より下流のクリークを何ヶ所かやりましたが、ボラはいるものの平和そうに暮らしており、バスも無。

う~ん、このあたりから沖の釣りにシフト。佐原の沈み物を淡々と撃ちますが異常なし。

オカッパリが45cm釣ってて萎える。

オカッパリも一撃で釣っていた。いれば一撃で食うことを予想して数を撃ちますが無。

そこからはいろんなところをぐるぐると…

唯一食ったのは、浅い岩。センコーのパワーベイトフィネスで食わせた1本。これはマメ。

まだまだ釣れそうな気がしてきたので、バレット4のノーシンカーを投げていくものの異常なし!


結果、3本で終了…。



20170612081136456.jpg



11位。年間成績はとりあえず7位?におりますが、微妙ッスね…。

優勝はボラフィーディングをきっちり当ててきたのと、この時期特有の食いたいけれどスローなバスをトネスプラッシュでとって6170g!ぶっちぎり…。

ただ、全体的にはスローな展開をした方が良かった気がします。ルアーも小さめ。どの位小さいかというと、フレキシーカーリーの5gDSとか、カメラバとか。センコー4やファットイカではちょっと大きい日だった気がします。



悔しいので居残り練習を行う。

若草上流の水路はもう水位が低すぎて入れない…仕方ないのでその下流を流して行きましたが、ボラはかなりいました。

たまにボイルらしきものもありましたね。

バックシートでプロップペッパーを投げているとなんと見に来ました!水深は30cm位の浅いブッシュ。

これ、食うのかなぁなんてベイトフィネスジグファイン5gのフレキシーカーリーを何度もキャスト。

なんとピックアップ中にバイトがあり、ワームだけ取られるorz

まだ食うことを祈り何度も何度も投げると。バイト…ほぼその場から動かないバイトでしたが、フッキングが決まってキャッチ!

2017061208113751b.jpg



こんな風に浅いブッシュにいるバスが、何度も何度もキャストしないと食わないとは…ここまでスローな展開は想像していなかったのですが、再度フリッピングで打ち直しをするとなんとまたバイト!これもその場から動かないバイト。

これはフッキングでラインブレイク…。


今回のバスは【食いたくても動けない】【何度も食い直しをする】【ミスバイトが多い】【でもシェイクでは食わず、落パク】のが特徴でしたね。

また勉強になりました。








~メインタックル~


ロッド:TPMX 610CMLP+J
リール:KTFアルファス
ライン:PE2号(リーダー14ポンド)
ルアー:ベイトフィネスジグファイン5g(フレキシーカーリー)









[ 2017/06/12 08:12 ] 利根川 | TB(0) | CM(0)

170512利根川研修


18401957_1400535153339053_4433910896394261369_o.jpg


天気:晴れ
気温:最高26度/最低18度
水温:20℃前後
風:南6m/s


今日は新人研修とテスト。


っが、今日は朝からパワーポールのホースが破け、オイルがぷしゃぁぁぁああ!!ってなって…。前からヤバそうだなぁと思っていましたが、ついに青いホースが破けました。パーツ買ってあったからすぐ直しましたけど…。

18403165_1400089076716994_6379733126613519759_n.jpg

18342345_1400089106716991_6270031082074618497_n.jpg

18402755_1400089133383655_6016797124288188380_n.jpg

このホース、油圧ホースとしては無理がありますよね…ホース破れたら交換すればいいだろう的な、アメリカ的発想。とりあえずついでに油圧オイル変えて調整。バスボートって、なんでこんなに壊れるの・・・。



さて、今回の目的は【他社ルアーをよく知る】こと。色々投げてきました。

まぁ、来年に向けて、いろいろ始動中です。



状況としては多くのバスがアフターかネスト状態かと思いましたが・・・意外と例年の場所では釣れず。減水時ネストを見つけに行きましたが1つだけ。

まぁルアーをアフターっぽいものを使わなかったので反応がなかったのかも。

船中、一応1200g位のを2匹。ミスは多数。





~メインタックル~


ロッド:ACES 68CMHJ
リール:15アルデバラン
ライン:R-18 BASS14lb
ルアー:いろいろ


[ 2017/05/13 10:27 ] 利根川 | TB(0) | CM(0)

170326利根川詳細


20170327175000618.jpg


天気:雨時々強雨
気温:最高7度/最低5度
水温:11℃前後
風:東6m/s


さて利根川です。今日は14:00までという制約付きでした…。


今回の釣行から試合感を取り戻すために釣りこんで行きます。

春の釣りで意識することは、春の釣りは本当に難しいということ。いい状況を体験するとそれを引きずってしまい失敗する…。

【すべてがはまってくるとあっさり釣れる】

とにかくこれを意識してみます。


状況としては寒いものの過去3日間晴れ。その後の当日雨と言うことで、バスの活性自体が高いのか?低いのか?よくわからない。

まずは冬から春にかけて、この時期強い乱杭を丁寧に一通りやってみるとすぐに2バイト。ワームだけボロボロにされて、これは掛けられなかった。バイトはものすごく小さい…。

なんとなくこの時点でシャローウロウロしている個体は少なく、一時待機場所に魚が多いような感じを受けました。この気温ですからね・・・。コロコロ変わる春のこの時期。水温が上昇するタイミングで一気にシャローをうろうろしたりするのですが、今日はそんな感じではないのかな?と。


スポーニングエリアのブレイクや2軍の乱杭もやってみますが・・・反応なし。どうやら1軍の乱杭にしか反応ない様子・・・

乱杭と同じ考えで、ネコナ川の有名場のベントをやってみます。するとすぐに答えが!

20170327174930add.jpg

20170327174933b56.jpg



1100gと800gの2本!同じところにキャストし続けるのではなく、比較的周辺をまんべんなくキャストして釣った感じ。バックシートの友人が釣ったルアーはトルスト4.8の1.8gネコリグ(スピニング)。その後粘り続けますが反応なし・・・何ヶ所かやってみますが、やっぱり1軍場所でしかあたりがない。やり続けていたらどんどん釣れる事もこの時期はありますが今日はそんな感じがしない。

その後走って佐原まで・・・

せっかく佐原までやってきましたが残念ながら水が超悪い。さらっと横利根逆ワンドをやってみましたがキャットのみwスポーニングエリア内にさしている魚はキャットのみで、まだバスはいませんね・・・。

っということで情報を整理し、中流域の乱杭へ・・・。冬見つけておいたよさそうな乱杭でこれまた友人にヒットwww


20170327174931b23.jpg


ルアーはレッグのDS3.5g


何で俺、釣れないの・・・。


その後も何ヶ所かいい乱杭をやりましたがノーバイトにて終了!!

[ 2017/04/17 07:12 ] 利根川 | TB(0) | CM(0)

170409利根川TBC

天気:くもりのち強雨
気温:最高17度/最低12度
水温:16℃前後
風:無風のち西8m/s

201704110736255fd.jpg



さて、TBC初戦です。

まぁプラはたくさんやりました…。しかし例年通りの利根川と言った感じ。パターンは日替わりで、何かを決めてかかるのは危険というのは例年通り。


春のこのタイミングは

・支流
・乱杭
・テトラ
・黒部川
・クリーク
・流れの当たるブッシュ等

この6つがキーワードというイメージはあります。

それぞれ特徴があります。


・支流
長門・将監・根木名・十日川。これらは水温上昇も早く釣りやすい。長門・将監はプレッシャーが高いので釣り方に工夫が必要。根木名・十日川は雨に弱い。

・乱杭
冬から春にかけての場所。乱杭+枝がキモ。枝がないとパワー半減。枝についてエビやゴリを食べている。さらに冷え込みなどで一時的に待機する場所でもあり、比較的魚はいるが枝に巻かれることも多い。


・テトラ
冬からから春にかけてよく釣れる。このエリアはエビゴリ食いのエリアなのでサイズが上がらないことが多い。しかし、水温が14℃くらいを境にどんどん釣れてくる。フリップ貫徹するとMAX4000g位は狙える。


・黒部川
ここはいつも「釣れるときはどこでも釣れる」場所。ちょっとやって釣れればどこでも釣れるし誰もが釣れる。あと水がクリアであれば、阿玉川水路内でネストの確認ができる。季節進行を確認できるエリア。

・クリーク
ネスト場。ネストを張ったバス、もしくはネスト移行するタイミングのバスがいれば火を吹くエリア。例年、4月中旬くらいから良くなる。無風・晴れて温かい日があると、一気に爆発することもある。昨年はそのパターンで優勝者が出ている。


・流れの当たるブッシュ等
3月中旬から4中旬、小魚食いデカイバスはたいていこういう場所で釣れる。産卵を意識しているというよりも、単純にフィーディングで上がってくるバス。長門将監でも、流れが強いエリアならそれが起こる。タイミング次第なので、当たれば凄いが当たらないと無。よくこのパターンで優勝者が出る。

  


私の考える4月上旬はそんな感じです。
 

プラの感触と例年より低い水温、曇の日の多さを考えると、季節進行は例年よりやや遅い。


しかし金曜のプラでは将監が大爆発!ベイトフィネスジグ3.5gとシャッドで1500、1300、1200を連発・・・

なにせサイズかでかいのが印象深く、とりあえず試合当日は奥将監合流点からスタートすることに。

っが、ノーバイト…

将監は亀山ダム並にレンタルがいましたが、周りもつれていないのでそのまま下りながら要所要所をやってみましたが無。結局、上位入賞と優勝者は将監でしたが、私には食わせる手段と将監の知識不足もあり釣れませんでしたネ。※優勝者はセンコーのノーシンカー放置、上位入賞はジグヘッドでブレイクを丁寧に探るというもの。

そして魚探しの旅へ…


長門出てすぐの乱杭に何気なくウェイブモーションのネコをキャストしてみるとなんとすぐにギルのようなバイト。この時期だとギルのようなバイトでもバスのことがあります。もう一度キャストするとまた食いました。今回は食い込ませるためにあえてシェイクしながら送り込みましたが逆にそれが仇となりファイト中ラインブレイク…

バス釣りに偶然はない。これを乱杭、いればすぐ食うがバイトは小さい、シェイクすれば食い込むをまずキーワードに釣りをしていくことに。


で、1本は尾羽根の対岸のシャローでキャッチ♪

その後、常総大橋と神崎橋の間の乱杭でなんと同じ場所で3回食わせて3回目で掛け、これが1500g。流石に3回食わせてこのサイズは初めてですね…。ネストではないと思いますが、もう本能的にそういう食い方をしたのかもしれません。

その後も何ヶ所か回りますがピックアップ中のバイト1回、ノンキー2匹釣って終了となりました。

20170411073628cb8.jpg


結果、9位て終了。


年間を意識すると、やや出遅れた感がありますがまだ射程範囲。

次回も全力で戦います。


20170411073627c93.jpg



~メインタックル~


ロッド:GWT 64CLP+J改
リール:KTF 12アルデバラン
ライン:R-18 フロロリミテッド 10lb
ルアー:ゲーリー ウェイブモーション1.8gネコ




ロッド:TAV-GP 74CLJ改
リール:KTF アルファスフィネス
ライン:R-18 フロロリミテッド 14lb
ルアー:ベイトフィネスジグ5g+カリフォルニアパドル




[ 2017/04/11 07:38 ] 利根川 | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク
フィッシング用品・アウトドア用品のTIEMCO(ティムコ)
最新インフォメーション
プロフィール

うなぎいぬ1091

Author:うなぎいぬ1091
トラウトルアーやバスルアー、偏光グラスの広報担当兼ロッド&ルアー開発。TBCなんかにも出ているらしい。ストマック調査とか痛ックル製作とかしてます。バス釣り大好き(^ω^) 痛ックル精鋭部隊(隊員№001)部隊長。今のあなたが知るはずもないのだけれど私はね【釣りがうまくなりたい】、ただそれだけの祈りで魔法少女になったのよ

Twitter
pixiv
タグは痛ックルです
気になるもの
ノーブルウィッチーズ 第506 統合戦闘航空団 飛翔! (角川スニーカー文庫)





ラブライブ! School idol project 園田海未 -夏色えがおで1,2,Jump! Ver.- (1/8スケール PVC塗装済み完成品)





ラブライブ!  ねんどろいど 矢澤にこ (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア)





































































































東方カウンター