うなぎいぬ&うさぎのこーちゃんによる日記です

TBC第三戦結果は・・・。

シングル入賞なので、まあまあな気もしますが、このところ毎回毎回あと一歩!な感じで終わっています。まったく修行が足りませんな。

今回、私がメインにしたエリアは、水の上下動の影響で釣果が左右されないような場所です。 六日前の大雨による影響で、5日前から利根川河口堰が全開になっていました。それが大会前日夕方に閉ったので、流れに左右されるような場所は、基本的には釣れなくなっていると考えたためです。

しかし、予想に反し、かなり釣れていました・・・。完全に読みを外してます!

いろいろ話を聞いてみると、大水が出た後に水が落ち着くと、シャローにムシがわいてきて、それを食っている小魚・甲殻類が動き回るためにバスの活性も高まるみたいです。たしかに、最後余った時間でいつもやるようなテトラをみてみると、プラでは確認できなかった小魚がシャローでピチピチやってました。「あれ?」っとは思いましたが、もうどうにもできず・・・。いやー、勉強になりました。

で、私はというとフラッピンホグJR.のヘビダンと、6.5インチカットテイルのネコリグで、信じたエリアを粘りきる我慢の釣り。 結果、ノンキー4本・キーパー3本・キャット1本といったものでした。


ヘビダンって釣れますね…。


今回、沖田プロが6970gという驚異的なウエイトを叩きだしぶっちぎりでプロ部門を優勝。いやぁスゴすぎます。完全に普通の人が追っかける、30~40センチクラスを釣るパターンではない気がします。ビックフィッシュが取る、まったく異なる行動パターンを追っかけているのでしょう。

たしかに、利根川でいままで釣ったビックフィッシュはザリガニ・ボラ・フナといったものを食べている傾向があります。逆にヌマエビ・テナガ・ヨシノボリといったシャローに沢山いる生き物を食べているのは、40センチ位までのバスが多いです。

次回こそ、お立ち台目指してがんばります。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2007/08/06 21:53 ] 利根川 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
フィッシング用品・アウトドア用品のTIEMCO(ティムコ)
最新インフォメーション
プロフィール

うなぎいぬ1091

Author:うなぎいぬ1091
トラウトルアーやバスルアー、偏光グラスの広報担当兼ロッド&ルアー開発。TBCなんかにも出ているらしい。ストマック調査とか痛ックル製作とかしてます。バス釣り大好き(^ω^) 痛ックル精鋭部隊(隊員№001)部隊長。今のあなたが知るはずもないのだけれど私はね【釣りがうまくなりたい】、ただそれだけの祈りで魔法少女になったのよ

Twitter
pixiv
タグは痛ックルです
気になるもの
ノーブルウィッチーズ 第506 統合戦闘航空団 飛翔! (角川スニーカー文庫)





ラブライブ! School idol project 園田海未 -夏色えがおで1,2,Jump! Ver.- (1/8スケール PVC塗装済み完成品)





ラブライブ!  ねんどろいど 矢澤にこ (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア)





































































































東方カウンター