うなぎいぬ&うさぎのこーちゃんによる日記です

110820利根川詳細

さて、一か月ぶりの利根川。

また雨のあとですか・・・。


今回はこの方と同行。
179085527.jpg
昨日から。なぜぐぬぬ・・・?





勉強中の新フロッグと5/8ozヘビテキ(フラッピンホグラージ)メインで攻めてみる。

勉強中のブッシュがらみを攻めてみる。

スロープ上流の千葉県側ブッシュでフロッグで1バイト、ヘビテキで1バイトあるものののせられずorz

おそらく、魚は小さいと思います。大きくても35cmくらいだと思いました。

後から思えば、このブッシュは結構良かったかも。もう少し粘れば釣れたかもしれませんな。新しい場所なのでマーキングしておく。



その後スロープ対岸を、勉強しているフロッグメインでブッシュを探るもののバイトすらない。




それでもブッシュにこだわりたい!

チョイ下流の前回フロッグで爆発したブッシュを攻めると、スグルさんの3.5gテキサス(バルキーパワーホッグ3)にバイト。っがのせられず・・・。しかし、すぐにまたバイトがあり、こいつをフッキング。




700gくらい?ネコリグでカバーを攻めてキャッチ。フロッグの俺バイトナシ。ちょうど水位が上がってきており、このときは金江津の水位が1.35くらいまで上昇していました。


軽めのリグを入れないと食わないんですかねー。



魚を食ってました。このあと、ブッシュ・テトラでキャッチしたすべての魚がエサを捕食していました。そのほとんどがこういった、体高のある魚でした。細長い魚やエビはほとんど食っていませんでした。


その後ネコナ川へ。基本的には濁っていますが水位が上げてきているので下流部の水は良かったです。この場所はボラも沢山いました。

スグルさんのバズにすぐバスが・・・。小型でしたが、着水と同時に食ってきました。


上流に上っていくと水も悪化。

みんながよくつるベントカーブでライギョキャッチ(アヘ顔ダブルピース





その後、チャターベイトを投げ続けると何かバスのような魚が食ってきましたが途中でばらす・・・。



ネコナ川を後に。



途中、テトラが釣れているとういう話を聞いていつものテトラに入ることに。水位が高く、濁りもありましたがファットイカで40cmくらいの違う魚種をキャッチ(わけがわからないよ



そしてスグルさんに三本目。6.5カットテイルで置いておいて食ったとのこと。サイズは700gだったかな?


俺、釣りへたくそだな




その後、神崎橋の下流のブッシュをフロッグで探るもののノーバイト





そのさらに下流、佐原のクリーク内のブッシュを攻めると、リアクションテキサスにバイトがあるものの、フラッピンホグラージの下半身をすべてもがれ終了orz

相当待ちましたが・・・。たぶん、魚が小さい。





どんどん下って・・・







いつものブレイクを攻める。



またスグルさんのネコリグにヒット・・・。泣きそうになりましたが、直後にヒット♪




iphone_20110822125204_20110822125741.jpg
キロちょっとのバス。




やってくれますね、キャリラバ!


結局、いつもの釣り。慣れている釣りはやはりリズムを合わせやすいですな。




その後、沈黙がうそのようにキャリラバで連続ヒット










とどめにニゴイまでw



しかし、このキャリラバの魚は餌を全く食っていませんでした。ブッシュの魚とまるで違う魚ですね。


ただ、全体の傾向として、キャリラバで釣れる日は全体的に良く釣れるというのがあります。そんな中でも、サイズを選べるのがキャリラバだったりすることが多いです。あくまで経験の話でですが。





さらに、いつものノーシンカーで2発でて1本キャッチ。




結局、いつものつりかよ・・・。











結果としては、



エサは全体的にとてもよく食っていました。



あとあと情報を得た感じとしては、かなり釣れていたみたいですね・・・。





自分的にはサイズはともかく、一人10本くらいは釣らなくてはいけない状況だったと思います。





反省orz






次回は今一度、得意な釣り方で戦略を立ててみたいと思います。










~来年用メモ~
NBCチャプター茨城第4戦プロショップK’sCUP 2011年08月21日(日) 千葉県 利根川
チャプター茨城 第4戦 プロショップケイズカップが利根川 こうざき船着場公共スロープにて開催されました。
3日前に関東地方を前線が通過し猛暑から一気に気温が下がり雨が降るという天候の中バスの活性も大きく変化しておりこの変化に対応した選手が上位に入賞したようだ。
参加者は岸釣り、ボート共に31名づつであった。
岸釣り部門では石井正一選手が神崎大橋上流のエリアでOSPハイピッチャー 3/8oz で885gのナイスサイズを釣りあげ2位に入賞、下流の水門回りをシリコンラバージグとジャバシャッドの組み合わせのスイミングパターンで1075gを釣った青木隆之選手が見事優勝した。
ボート部門は横利根川の関門前のアシと下流のクリークをレインズエコブラッシュホッグの5gテキサスリグで攻め50Upを含む2本を釣りあげた鈴木達児選手が2480gで5位、下流の冠水ブッシュのを1.2gのエコレインズホッグのテキサスリグのランガンとテトラポットをスピナーベイトで攻めた小西純選手が3本で2580gをそろえ4位、根木名川をクランクベイトとチャターベイトで攻めた高橋匡洋選手が3本で2595gで3位に入賞した。
準優勝の飯田秀明選手はエバーグリーンのサイドステップやイマカツダットカット3.5の5gテキサスで佐原から小見川エリアのテトラ帯やアシを攻め3本で2945gを釣りあげた。
優勝はマスターズプロの桂川到選手。会場付近の中流域をメインにテトラ帯、乱杭、ジャカゴなどをクランクベイト、スピナーべイトで攻め、キッカーとなるビックバスをへドンのビックバドで釣り3本のウエイトで2975gと僅差ながら2位を放し見事栄冠を手に入れた。
上位入賞者皆が早い釣りをメインに組み立てていいウエイトを出してきたことが秋に向けたシーズンに入っていたことを感じさせられる試合であった。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/08/22 19:20 ] 利根川 | TB(0) | CM(2)
QB
いやはやお疲れ様でした

新たなパターンを模索して挑戦する姿勢、濡れましたw

ままま、それは冗談としても

朝の状況から後半上手くまとめたと思いますよ

途中でQB化してましたもんねw

見切りの速さや経験に基づくお話は非常に勉強になりましたし

また是非ともお手合わせを…
[ 2011/08/23 00:01 ] [ 編集 ]
>スグルさん


今回はいろいろありがとうございました!


なんていうか、前半は大分はずしてましたね・・・

また懲りずに行きましょう('A`)
[ 2011/08/25 15:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
フィッシング用品・アウトドア用品のTIEMCO(ティムコ)
最新インフォメーション
プロフィール

うなぎいぬ1091

Author:うなぎいぬ1091
トラウトルアーやバスルアー、偏光グラスの広報担当兼ロッド&ルアー開発。TBCなんかにも出ているらしい。ストマック調査とか痛ックル製作とかしてます。バス釣り大好き(^ω^) 痛ックル精鋭部隊(隊員№001)部隊長。今のあなたが知るはずもないのだけれど私はね【釣りがうまくなりたい】、ただそれだけの祈りで魔法少女になったのよ

Twitter
pixiv
タグは痛ックルです
気になるもの
ノーブルウィッチーズ 第506 統合戦闘航空団 飛翔! (角川スニーカー文庫)





ラブライブ! School idol project 園田海未 -夏色えがおで1,2,Jump! Ver.- (1/8スケール PVC塗装済み完成品)





ラブライブ!  ねんどろいど 矢澤にこ (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア)





































































































東方カウンター