うなぎいぬ&うさぎのこーちゃんによる日記です

キャリラバを使おう

最近あまり使われなくなった感のあるキャリラバ。
( ・ω・)


10007172-1d_20110909215824.jpg





しかし私は利根川でキャリラバをセットしない日はありません。


必ずデッキにあるのがキャリラバです。


細かいことは過去記事参照に・・・
http://unagiinu1091.blog72.fc2.com/blog-entry-1012.html

http://unagiinu1091.blog72.fc2.com/blog-entry-670.html




キャリラバを使う上で最も重要なのは、



キャリラバは、カバージグではない


と認識することです。キャリラバはファーストムービングルアーです。


ジグと聞くと、大抵はパワーゲームを想像してしまいますがキャリラバを含めてフットボールはパワーゲームではないです。



強引にやり取りするのはご法度なのです。




キャリラバでばらしが多い場合、大抵は無理しすぎなことが多いです。


キャリラバを使うシチュエーションはほとんどオープンウォーターなので、バスが掛かったら強引にやり取りする必要は皆無です。

バイトがあったらスイープでフッキングして、丁寧にファイトする必要がありますな。

抜きあげも厳禁です。ネットを使いましょう。



硬いベイトロッドでクイックにアクションさせてラインを14ポンドとか使っていると、どうしてもパワーで押し切ってしまう傾向が出てしまいますが、そこは我慢。



上向きフック・フックが小型



などで口の奥にかけ、ばらしを減少させているキャリラバですが、やはり重いフットボールなのでヘッドシェイク一発でばれてしまうことも多く、やはり慎重なファイトが要求されます。




そして忘れがちなのは、




キャリラバは飲まれている状態がベストなフッキングである





ということです。




フットボールが飲まれていると、ヘッドシェイクされたときにヘッド部分の動きが少なくなり、結果としてばらしが少ないのです。ショートシャンク・小さなフックと相まって、ばらしが激減します。そういう設計なのです。



『飲まれるとラインが切れる』等いう話も耳にしますが、もし仮に本当ならば無理しすぎですね。通常のシチュエーションならばラインが切られるなんてことはありません。それよりも、ヘッドシェイクされた時のばらしのほうがはるかに多いです。





まぁ、とにかく


秋はキャリラバがよく釣れるので、使ってみてはいかがでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/09/09 22:02 ] テクニック関係 | TB(0) | CM(4)
タコ殴りにされたので勿論使います

昔、山中湖や霞ヶ浦水系の石積みでよく釣りました
[ 2011/09/09 22:08 ] [ 編集 ]
使いたいけどFマークついてなくて、チャプター戦で使えないのが悩みです・・・。良く釣れるだけに。フットボールジグでマークがついているものが本当に少ない!トレーラーともども悩みのタネですワ。
[ 2011/09/10 18:24 ] [ 編集 ]
>貧乏犬@スマホさん



いまもつれるんですけどねー。


温故知新は、バス釣りでは重要ですよね・・・。
[ 2011/09/11 21:52 ] [ 編集 ]
>Tzさん


しかたないですね・・・それは・・・。

[ 2011/09/11 21:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
フィッシング用品・アウトドア用品のTIEMCO(ティムコ)
最新インフォメーション
プロフィール

うなぎいぬ1091

Author:うなぎいぬ1091
トラウトルアーやバスルアー、偏光グラスの広報担当兼ロッド&ルアー開発。TBCなんかにも出ているらしい。ストマック調査とか痛ックル製作とかしてます。バス釣り大好き(^ω^) 痛ックル精鋭部隊(隊員№001)部隊長。今のあなたが知るはずもないのだけれど私はね【釣りがうまくなりたい】、ただそれだけの祈りで魔法少女になったのよ

Twitter
pixiv
タグは痛ックルです
気になるもの
ノーブルウィッチーズ 第506 統合戦闘航空団 飛翔! (角川スニーカー文庫)





ラブライブ! School idol project 園田海未 -夏色えがおで1,2,Jump! Ver.- (1/8スケール PVC塗装済み完成品)





ラブライブ!  ねんどろいど 矢澤にこ (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア)





































































































東方カウンター