うなぎいぬ&うさぎのこーちゃんによる日記です

さらに進化したゴールデンウィングベイトフィネススペシャルをインプレしてみる

名称未設定2


ゴールデンウィングのベイトフィネス三機種が【ゴールデンウィングBFS】として進化モデルが登場します。


    



私がメインで最近使用しているのはこちら





GWT610CLP+J“Bait Finesse Special” NEW


ですね。         



基本的にはGWT610CLP+Jと長さやテーパーが違うわけではない。


ガイドがマイクロガイド系、フィネスガイドシステムを搭載していることと、グリップがトリガーレス的(フェンウィックオリジナル・ラウンデッドトリガーリールシート)になっているということです。



名称未設定



                                         



特にガイドのマイクロガイド化が素晴らしくロッドのポテンシャルを引き出している!!

フェンウィックの方で具体的な数値取りはしていません。

こちらに具体的な数値とかが記されていますので参考程度に・・・。まぁ、細かなセッティングは各社違う部分なのでね。

富士工業

ピュアフィッシング




ガイドがどうしたらこうなるとかとか難しいことはよくわかりませんが、既存のGWT610CLP+Jと明らかに違うと感じることはあります。     









1.とにかく飛ぶ!




2.魚が掛った後のリフティング性能が全く違う!



3.アキュラシー性能が格段に向上する!



4.軽くてシャープ!







だということです。





1.とにかく飛ぶ!
1に関しては、もともとマイクロガイド系のセッティングは飛ばないのでは?といわれることが多いのですが、そんなことはないですね。無論、セッティング次第なのかもしれません・・・。ただ、私の感覚では既存のガイドシステムより飛びますね。単純に考えるとガイドが多い分抵抗が上がって飛距離が落ちると考えがちですが、同じ力でキャスティングしたときにガイドが多く、またブランクのねじれの方向にパワーが逃げないのでよくブランクがしなり、結果飛ぶようです。通常はリールを真上にしてガイドに対してラインを直線的にのせてキャストする方が飛距離はでますが、リールを上にしてキャストしても、リールを真横にしてキャストしてもキャストフィーリングに変化が少なく、しっかりブランクが曲がっていくのを体感できます。これはすごい。


             


2.魚が掛った後のリフティング性能が全く違う!
2に関しては・・・正直驚きましたね。もともと高感度・軽さを売りにするロッドはリフティングのパワー不足に陥りがちですが、この新しいGWT610CLP+J“Bait Finesse Special” はすごい。既存のGWT610CLP+Jは同様にリフティングパワー不足を感じるものがあったのですが、大幅に改善されている。ガイドの数が多い分スムーズにパワーを伝達していることや、ねじれてもスムーズなベントカーブを維持しているからでしょう。※無論、テクナとかと比べないでくださいね




3.アキュラシー性能が格段に向上する!
何故か?それはあらゆる方向からブランクに負荷をかけてもスムーズに曲がるためです。ガイドが上を向いていたり下を向いていたりするとキャストフィールは変わってくるものですが、このガイドシステムを搭載しているロッドはあらゆる角度からキャストしても思い通りの場所にルアーを送り込める。バックハンドもオーバーヘッドも、イメージ通りにルアーを送り込める。





4.軽くてシャープ!
正直、このロッドは既存のGWT610CLP+Jより大幅に軽いんです。ガイドが小口径化されていることやそれに伴うスレッド、コーティングの量が減っているため、トータルで軽くなっています。振り比べてみれば一目瞭然。まったく別のロッドです。7フィート近いロッドでこの軽さ。軽すぎる。軽くシャープなブランクは大幅に感度が向上し、繊細さが圧倒的に勝る。ボトムのズル引きとかをやっていても、岩のサイズとか形とか感じ取れるくらい感度がいい。結果として水中のイメージが正確に描けるので釣果が伸びる。この感度の良さは絶対にスピニングではなしえない、不可能な感度だと思います(浅い場所の釣りで)




                  



ちなみにこのGWT610CLP+J“Bait Finesse Special”、三機種中この機種だけグリップ位置が変更されていています。

ガイドの見直しによってティップ付近が大幅に軽くなっているため、グリップ位置が1センチ程度下に下げています。結果として有効レングスが伸びている形になりますが、持ち重り感は一切なく、操作感は向上しています。






こりゃ間違いなく最強のベイトフィネスロッドの一本だと思います。




                                               


BAITFINESSE MODEL

GWT63CLJ“Bait Finesse Special” NEW
GWT64CLP+J“Bait Finesse Special” NEW
GWT610CLP+J“Bait Finesse Special” NEW


      





                                      
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/09/26 17:36 ] タックル関係 | TB(0) | CM(6)
アタシって…ほんと、馬鹿(白目
[ 2011/09/26 23:51 ] [ 編集 ]
なんかアイスが食べたくなりました(白目
[ 2011/09/27 10:52 ] [ 編集 ]
>貧乏犬@スマホさん


あのー、この企画は続けていいものなんでしょうか??
(\\\'A`)
[ 2011/09/27 14:36 ] [ 編集 ]
>コタクさん


なんかアイス食べたいですね( ・ω・)


下のチチ見せたら助かるのかな・・・
[ 2011/09/27 14:37 ] [ 編集 ]
いっぽんくだしあ
はつばいまだぁ?(・∀・ )っ/凵 ⌒☆チン
[ 2011/09/27 14:58 ] [ 編集 ]
>サンチェさん


発売は11月上旬ですなー


てか、普通のコメントに驚いたw
[ 2011/09/27 17:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
フィッシング用品・アウトドア用品のTIEMCO(ティムコ)
最新インフォメーション
プロフィール

うなぎいぬ1091

Author:うなぎいぬ1091
トラウトルアーやバスルアー、偏光グラスの広報担当兼ロッド&ルアー開発。TBCなんかにも出ているらしい。ストマック調査とか痛ックル製作とかしてます。バス釣り大好き(^ω^) 痛ックル精鋭部隊(隊員№001)部隊長。今のあなたが知るはずもないのだけれど私はね【釣りがうまくなりたい】、ただそれだけの祈りで魔法少女になったのよ

Twitter
pixiv
タグは痛ックルです
気になるもの
ノーブルウィッチーズ 第506 統合戦闘航空団 飛翔! (角川スニーカー文庫)





ラブライブ! School idol project 園田海未 -夏色えがおで1,2,Jump! Ver.- (1/8スケール PVC塗装済み完成品)





ラブライブ!  ねんどろいど 矢澤にこ (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア)





































































































東方カウンター