うなぎいぬ&うさぎのこーちゃんによる日記です

史上最強のベイトフィネスロッド。S-TAV64CLP+J S-TAV610CLP+J

さて、2月末にフェンウィックの新機種が登場します。

S-TAV63CLJ-BFSP.jpg





S-TAV64CLP+J "Bait Finesse Special " ¥73,500-
【 SPEC 6'4" 1/8 - 3/8oz. Lure 7 - 14lb. Line Self Weight : 92g】

ベイトフィネススペシャルの基本スペックともいえるレングス、テーパー、パワー。およそベイトフィネスの範疇のリグ、ルアーの全てを扱うことができます。沢村幸弘が「ベイトフィネス」の概念を確立させた際に完成させたロッドは、スーパーテクナバージョンとしてさらなる高みへと昇華。スーパーアラミドヴェールによる軽量でありながら、全方位に死角なく施された補強によって、しなやかでトルクフルなブランクは、軽量なリグを快適にキャストでき、ラインブレイクを防ぎ、カバーからバスを引き出すことを可能にしています。






S-TAV610CLP+ J "Bait Finesse Special " ¥73,500-
【 SPEC ) 6'10" 1/16 - 3/8oz. Lure 7 - 14lb. Line Self Weight : 100g】




ベイトフィネススペシャル最長レングスのこのロッドはベイトフィネスの真骨頂ともいえるカバー撃ちにおいて、最高のパフォーマンスを発揮します。ノーシンカーやスモラバ、ライトテキサスなどリグやそのウェイトへの対応範囲が幅広く、そして極めてスムースにベンドするテーパーが抜群のキャストフィールを実現。沢村幸弘をして「スキッピングにはこれしかない」と言わしめた1本です。レングスをいかしたフッキングレスポンス、ピッチングでのディスタンス。癖のないテーパーとスーパーアラミドヴェールによるしなやか且つ強靭なブランクは、オカッパリ取材での沢村のメインロッドとなるほどの汎用性をもっています。ベイトフィネスを自分のものとしていくならば、マストなロッドとなるでしょう。






この2機種は色々あって、2011年春のプロトの段階から私は使用していました。






あえて個人的なインプレを・・・。



2011年に発売した、S-TAV63CLJのスペックも含めばレングスと硬さ、またテーパーまでゴールデンウィングベイトフィネスロッドと同様の スペックです。


おそらく、店頭で持った感覚としては



【同じだ】



っと感じることでしょう。(ヽ´ω`)


劇的な違いを感じるのは、キャスト時と何よりも魚を掛けた瞬間。


スーパーアラミドヴェールは、何もかもが違うと感じるはずです。ゴールデンウィングが悪いわけではない。むしろゴールデンウィングの持っているポテンシャルは、最高レベル。スーパーテクナがその上を超越しすぎているのです!




釣竿に求められる性能は



より軽く(高感度)

より強く(折れない)

よりトルクフルである(魚が浮いてくる)


ことにあると私は思います。



だとするならば、スーパーアラミドヴェールは現在最強の素材のひとつであることは間違いない・・・。


しかもこの3つの性能は、【ベイトフィネス】にこそ真価が発揮されると思います。


スピニングに比べ、タックル全体が圧倒的に軽いベイトフィネスタックル。ガイドとの接点も多く、感度の良さはスピニングの比ではない!ベイトフィネスタックルに小石一個を感じとるような極限の感度の良さを求めるのは重要な要素のひとつです。

また、カバー周りでライトリグを食わせるというベイトフィネスならではのシチュエーションは、ラインの性能ももちろんですが、ロッドそのもののバスを浮かせるトルク感も重要な要素です。バスが浮いてこない、魚にのされてしまうロッドでは、カバーに巻かれて肝心なキャッチまで至らない。


そしてライトリグを支える華奢なブランク。テクナすべてに言えることですが、アラミドヴェールで補強されたブランクは、通常の製法で作られるロッドの破断強度とは比較にならないレベルまで強く仕上がるのです!


昨年発売したS-TAV63CLJを加えた三機種でかなりのベイトフィネスシチュエーションに対応できるスペックになります。








stav63cl_op1.jpg



stav63cl_op2.jpg








S-TAV64CLP+Jに関しては、【ストラクチャーに対し正確に打ち込みたい】時に私は使用します。

三機種の中では最もティップまで張りがあるので、ピッチングでの精度が得られるモデルです。

それでいてレングスが64なので、細かなアクションも付けやすい。


最も【ベイトフィネスらしい】ロッドだと思います。




S-TAV610CLP+ J に関しては、【おかっぱりの時】や【フリップを織りまぜながらのカバーフィッシング】に使用します。

特におかっぱりの時はこのレングスが生きてくる!足場の悪い場所での強引なファイト、抜きあげ。歩きながらのフリッピング・・・。

使うルアーの関しても、通常のジグワームのベイトフィネスからスモールクランク、シャッドまで幅広く対応していく懐の深さもある。


私はおかっぱりのときは、この一本で対応します。


また、ボートでのカバー周りでの釣りでもよく使用します。アシ際の釣りやカバーの中にもろに入れていくときは610のレングスが必要になってきたりします。フリッピングをする時ならばなおさらです。

ただ一方で7フィート近い長さは、操作性がほかの二機種にくらべ劣るのは事実です。風のあおりも受けやすく、繊細さが損なわれる部分もあるのでこれはやはり使い分けが必要になってきます。




そんな繊細さがもっともあるのはやはりS-TAV63CLJですね。何かに撃ちこんだりするときは別の機種を使用すべきですが、水中にある岩や枝を感じ取りやすいのはこの機種です。ジグヘッドワッキーなんかをゴロタエリアで使用するようなシチュエーションではこの機種を私は使用します。





いずれにしてもこの三機種を使い分けることで、ベイトフィネスのほとんどのシチュエーションをカバーできることでしょう!

贅沢をいえば、巻物ロッドとかは必要ですけど・・・。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/01/09 23:54 ] タックル関係 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
フィッシング用品・アウトドア用品のTIEMCO(ティムコ)
最新インフォメーション
プロフィール

うなぎいぬ1091

Author:うなぎいぬ1091
トラウトルアーやバスルアー、偏光グラスの広報担当兼ロッド&ルアー開発。TBCなんかにも出ているらしい。ストマック調査とか痛ックル製作とかしてます。バス釣り大好き(^ω^) 痛ックル精鋭部隊(隊員№001)部隊長。今のあなたが知るはずもないのだけれど私はね【釣りがうまくなりたい】、ただそれだけの祈りで魔法少女になったのよ

Twitter
pixiv
タグは痛ックルです
気になるもの
ノーブルウィッチーズ 第506 統合戦闘航空団 飛翔! (角川スニーカー文庫)





ラブライブ! School idol project 園田海未 -夏色えがおで1,2,Jump! Ver.- (1/8スケール PVC塗装済み完成品)





ラブライブ!  ねんどろいど 矢澤にこ (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア)





































































































東方カウンター