うなぎいぬ&うさぎのこーちゃんによる日記です

KTFアルファスフィネスver.2

さて、私も先日KTFアルファスフィネスをアップデートしていただきました。

※これはアップデート前のもの


K.T.F. 「D27ver.2スプールアップデートサービス」

正直これ、KTFアルファスフィネス持っている方



やってもらったほうが絶対いい



初めてKTFアルファスフィネスを使った時はその使いやすさとレスポンスに驚愕したものだが、Ver.2はまた劇的に違う。レスポンスも無論向上しているのだが、個人的に注目したいのはそのブレーキバランスである。

『フルキャスト&ピッチンでのブレーキセッティングの完全両立を実現したそのスーパースムーズネスメカ』っとHPにありますがまさにその言葉がぴったりハマります。

通常、っというかいままでのベイトフィネスリールはピッチングでブレーキバランスを出すとフルキャストで投げにくかったりする。その逆もしかり。ですが、このKTFアルファスフィネスver.2はそのストレスがほぼ皆無。どんなキャストでもスムーズにスプールが追従していき、気持ちよくキャストが決まる。KTFアルファスフィネスの初代に関してもかなり扱いやすいマシンに仕上がっていたのですがね・・・。Ver.2になると激的に扱いやすさが向上する。釣りに対するストレスを一つずつ削っていくことが、すなわち釣果につながる。

個人的に最近、ゲーリーマルチスティック3.5の1.4gネコリグをよくやるのですが、この領域のベイトフィネスでさえKTFアルファスフィネスver.2は気持ちよく使うことができる。なんでスピニングじゃないの?って話はまぁここでは割愛しますが、おおまかにはベイトの方が『何か』に対して正確にアプローチしていったりがやりやすいし何よりタックルがスピニングより軽いので感度がいいから。結果、釣れるからそうするという話。


このストレスフリーのリールの心臓部は、やはり『AIRブレーキシステム』だと思う。もともと私はマグフォースV系のブレーキは苦手でした。後半、ノーブレーキ状態になるのでメカニカルブレーキを締めなくてはならないのがどうしても納得いかなかった。AIRブレーキシステムにかんしては後半もブレーキが少しかかるのでちょろっとバックラッシュするようなイライラがない。



極めて扱いやすい超レスポンスメカ=ベイトフィネスの最新形

これがKTFアルファスフィネスver.2の真髄ですね。もう少し使って、再度インプレいたします。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/11/01 13:04 ] タックル関係 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
フィッシング用品・アウトドア用品のTIEMCO(ティムコ)
最新インフォメーション
プロフィール

うなぎいぬ1091

Author:うなぎいぬ1091
トラウトルアーやバスルアー、偏光グラスの広報担当兼ロッド&ルアー開発。TBCなんかにも出ているらしい。ストマック調査とか痛ックル製作とかしてます。バス釣り大好き(^ω^) 痛ックル精鋭部隊(隊員№001)部隊長。今のあなたが知るはずもないのだけれど私はね【釣りがうまくなりたい】、ただそれだけの祈りで魔法少女になったのよ

Twitter
pixiv
タグは痛ックルです
気になるもの
ノーブルウィッチーズ 第506 統合戦闘航空団 飛翔! (角川スニーカー文庫)





ラブライブ! School idol project 園田海未 -夏色えがおで1,2,Jump! Ver.- (1/8スケール PVC塗装済み完成品)





ラブライブ!  ねんどろいど 矢澤にこ (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア)





































































































東方カウンター