うなぎいぬ&うさぎのこーちゃんによる日記です

2013年…ベイトフィネスは第3世代に突入する。GWT 60CLJ(K.T.F.)"Bait Finesse Special"

はじめにことわっておくが、以下の内容は私が使用した個人的なインプレッションであり、公式のものでもなければ沢村プロの正式なコメントではない。あくまで私が感じたことを書いているに過ぎないのであしからず…。




さて、

GWT 60CLJ(K.T.F.)"Bait Finesse Special"

が来年登場する!これは沢村さんの計らいで、全国で発売するKTFモデルになる。


すでにサワムラ式に語られているが・・・。KTFという名を冠するからにはかなりマニアックな機種でもある。市場のチューブラーロッドの中では、最も短いベイトフィネスロッドの1つといえる。

営業的な話をすると、はっきり言って、6フィートのベイトロッドというスペックは売れない。スペックの響きだけでもう売れない。これは6フィートのロッドが悪いというわけではない。世間一般のメディアの風潮がそうさせているに過ぎないのだが…。ショートロッドでしかなし得ない世界が確かに存在する。

ロッドを作る技術やガイドが進化し、ロングロッドでも軽くできるためにロングロッド化が進んだと言うのは確かにある。ロングロッドになるとトルクも出しやすくなるし、やり取りは格段にしやすくなる。飛距離もでる。

しかし、メリットばかりではない。ロングロッドになればなるほど『繊細さ』は損なわれていく。大雑把にいうと、スピニングでもライトリグをしっかり操作したい時に7フィートクラスのロッドを使うのと、6フィートクラスのロッドで操作するのではバイトの出方が違う。無論、例外もあるがロングロッドでは動かし過ぎてしまうからである。これは大切な部分であるが、何故か話題にあまり上がらない。



端的に言うと、来年は


軽いチューブラーのショートロッドによるフィネスなベイトフィネス。



これを1つ提案したい。6フィートといったショートロッドも今の技術で作ると格段に軽く繊細にもできる。







( SPEC ) 6ft 1/16oz~1/4oz Lure 5 lb.~10 lb. Line Self Weight : 86g
沢村幸弘が考える、ベイトフィネスの中のフィネス。沢村幸弘が65cm/5640g(河口湖レコード/2012年現在)を樹立したこのロッドは、本来沢村のワンオフモデルとして作製されたK.T.F.モデルでした。そのスペシャルロッドがマスプロ化されます。操作性を極限まで高めるための6フィートというショートレングス。繊細なアクションを支えるフィネスガイドシステムは、このロッドのためにさらにブラッシュアップ。ラウンデットトリガーとワンハンドでの取り回しを前提とした超ショートグリップによって、精度の高いキャスタビリティと微細なシェイクを可能にしました。*本ロッドは全国の釣具店様でお買い求めいただけます。




私は非公式でこれを

第3世代ベイトフィネスロッドと名付けたい。
※あくまで私の脳内(厨2病)設定






~第1世代~
トータルウエイト5g前後のライトリグを軽快にキャストできるタックル。主に、カバー周りをライトリグで攻めるスタイル。太いラインが使えるメリット・スピニングよりもアキュラシーが高まるメリットがある。



~第2世代~
5g前後の軽量ルアーが容易にキャストできることから、カバー周りのスタイルだけでなく今までスピニングの領域だった小型プラグへの応用が可能に。それに伴い、巻物専用ロッドが各社から開発された。太いラインが使えるメリット・スピニングよりもアキュラシーが高まるメリットがあるという従来のもの以外に、『巻きが安定する』というプラグの釣りでは最も重要な要素を小型プラグでも引き出せるようになった。



~第3世代~
T3エア・KTFアルファスフィネスVer.2などの登場。いわゆるベイトフィネスリールのさらなる進化。4ポンド前後のライトラインでも糸ガミしないようなスプールの開発…。また、従来基準となっていた『トータル5g前後』といった領域のさらに軽いものまでカバーできるようになった。結果として、従来スピニングで攻略していた『オープンウォーターでのライトラインによるライトリグ』が使用可能に。これに伴い、細かな操作性に特化したショートロッドの重要性が増加。それに対応し、GWT 60CLJが登場。




GWT 60CLJは、4~6ポンドといったスピニングの領域すらカバーする。カバー周りではなく、ボトムの岩を感じ、繊細にシェイクする…そういったことを得意とするロッドである。L表記は現在、GWT63CLJがあるものの、全体的な繊細さや軽さはGWT60CLJが圧倒的に上である。



ではベイトロッドでそういったカバー周りでないライトリグを操る意味はどこにあるのだろうか??簡単にいえば、



『スピニングより操作性がいい』
『スピニングより飛ぶ』
『スピニングよりバスを自在にコントロールできる』




ことだと私は思う。




まず、スピニングよりタックル全体が軽くなるため、操作性が相対的に上がる。ロッドに関してはスピニングとそれほどの大差はないものの、リールは別である。ダイワ・シマノの軽量スピニングリールが180g~185g、軽量ベイトリールのアルデバラン BFS XGがノーマルで145g、PX 68 R/Lがノーマルで160g。構造がシンプルなベイトリールはスピニングより軽量となる。セッティングにもよるものの、通常軽いタックルほど人間が感じる『操作性』が上がる。

さらにスピニングよりガイドの接点が多くなるために、感度はそれに加わってよくなっていく傾向になる。いずれにしても、ロッドを通して伝わってくる情報量が、スピニングに比べ桁違いである。



加えてフロロラインを使用した場合、無風・追い風ならば圧倒的にベイトの方が飛ぶ。スピニングは放出されるラインがガイド抵抗になるため、絶対的に飛距離は落ちる。



また、ベイトリールならではの『出したいときにラインを出し、止めたいときにラインを止める』といった指ドラグを自在に使えることもメリットの一つ。スピニングは均一のドラグしかかからない。

人間にはコントロールできないほどの繊細なスピニングのドラグ…これは極めて細いラインになるとその優位性が際立ってくる。だが、5ポンド前後になってくると早々切れるものでもない。むしろ5ポンドラインの限界値でドラグを設定してしまうと口切れを起こしたり、また無理にファイトすると逆に魚が暴れてばらしに繋がってしまうことが多いと思う。カバー周りなら多少無理して引き離し、その後ラインを指ドラグでしっかり出すようなファイトを心がけるとキャッチ率も向上する。磯釣りのレバーブレーキのようなメリットが、指ドラグにはある。まぁ、これは魚がかかった瞬間、自分自身のアドレナリン出ている状態で自らの意識をコントロールできる人間の技術…少しマニアック向けかもしれない。








逆にベイトフィネスリールがこのような進化を遂げてきた現在、スピニングのメリットとはなんだろう?

私はスプリットショットには主にスピニングを使用する。それは意図的に『ラインをたるたるにして無感覚状態を作りたい』からである。自分を気がつかないが、バスも気がつかない・・・その状態を作りたいときにスピニングを使う。ミドストも同じ原理ですね。あとは細軸フックのシャッドで一部使う。これはTAV-GP70SLJというロッドを使っているのですが、このような長くてだるいロッドが存在しないためスピニングを使っている。ベイトフィネスはまだまだ歴史が浅いため、とにかくロッドの種類が少ない。そのため、代用が効かないようなロッドに関してはスピニングを使うようにしている。

あとはとにかく細いラインを使わなくてないけないシチュエーションだろう。ドラグを使わなくてはどうしてもやり取りできない領域のラインはスピニングのほうが優位性は高い。

いずれにしても、私の中では『バス釣りにおいて、スピニングは極めてマニアックな選択である』ということになってきている。



逆説的になるが、『スピナーベイトをスピニングで使う人はまずいない』『ジグワームをスピニングで使う人はいない』『ディープクランクをスピニングで使う人はいない』。大きくスピニングのメリットがあるとするならば、これらでスピニングを選択する人がもっといていいと思う。ということは、やはりバス釣りというのはスピニングよりもベイトタックルのほうが優位性が高いといえると私は考えています。リールが進化するにつれ、ベイトロッドの使用頻度が高まるのは当然だと私は思います。






さて、そんなGWT 60CLJ(K.T.F.)"Bait Finesse Special"は4月発売予定。みなさん、ぜひとも手に取ってみてください♪
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/12/28 12:30 ] タックル関係 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
フィッシング用品・アウトドア用品のTIEMCO(ティムコ)
最新インフォメーション
プロフィール

うなぎいぬ1091

Author:うなぎいぬ1091
トラウトルアーやバスルアー、偏光グラスの広報担当兼ロッド&ルアー開発。TBCなんかにも出ているらしい。ストマック調査とか痛ックル製作とかしてます。バス釣り大好き(^ω^) 痛ックル精鋭部隊(隊員№001)部隊長。今のあなたが知るはずもないのだけれど私はね【釣りがうまくなりたい】、ただそれだけの祈りで魔法少女になったのよ

Twitter
pixiv
タグは痛ックルです
気になるもの
ノーブルウィッチーズ 第506 統合戦闘航空団 飛翔! (角川スニーカー文庫)





ラブライブ! School idol project 園田海未 -夏色えがおで1,2,Jump! Ver.- (1/8スケール PVC塗装済み完成品)





ラブライブ!  ねんどろいど 矢澤にこ (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア)





































































































東方カウンター