うなぎいぬ&うさぎのこーちゃんによる日記です

【究極】沢村式カバーネコ

フィッシングショーのネタもありますが、去年から書きてくて仕方なかったネタがある。



それがこれである。




サワムラ式より



沢村さんから大阪で許可をもらったので、このことについて書いてみようと思う。

カバーをネコリグで攻める・・・最近では、色々なプロが色々な方法でやっていることでもある。私自身もオフセットフックでフックポイントをガードしジグヘッドワッキーなんかをやっていた。

最近では専用のフックやワームなんかも出てきた。

他社のうんちくはまぁ今回は置いておいて・・・。



とりあえず最近は、5インチ以下のストレートワームのネコリグでは沢村式ネコリグを使用している。これは人によるのかもしれないが、私は圧倒的に使いやすい。



フックポイントを出さずにワームの中でとめる。ちょうどフックのベントカーブの部分まで引っ掛ける。これで不要な根がかりを防ぐわけである。では、沢村式カバーネコの特徴はなんだろう?







~メリット~
★基本的にチョンがけなのでアクションが死なない

★シンプルが故に、フッキングがいい

★リグに時間がかからない







~デメリット~
★ワームのホールディング性能が悪いのでワームだけすっ飛んでいくことがある。

★きっちりコントロールしないと、針先が出やすい。

★縦差ししかできない





こんなところだと思います。



小さいワーム(軽量な)ほどこの沢村式カバーネコが生きてきます。あまり重たいワームだと、ワームの抵抗とフックの加わる力によってワームを切り裂いて針先が出てしまうこともあるからです。

故に、まず初めは塩のあまり入っていないワーム、スワンプクローラーなんかでやってみると使いやすさが体感しやすいと思います。ゲーリーとかだと針先が出やすい。このネコリグ専用のワームすら欲しいくらいですね・・・。

とにかく、【アクションが死なない】【フッキングが良い】、これが最大の特徴ですね。






ちなみに、沢村さんはもうひと工夫してこの沢村式カバーネコを行なっているのだが、紹介して良いか聞き忘れた。
ヽ(•̀ω•́ )ゝ✧

それをすると格段にフックポイントが出にくくなり、ワームだけ飛んでいくこともなく使いやすくなる。沢村プロの動画や記事をよく見てみるとわかると思う。

それはまた後日・・・。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/02/04 17:58 ] テクニック関係 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
フィッシング用品・アウトドア用品のTIEMCO(ティムコ)
最新インフォメーション
プロフィール

うなぎいぬ1091

Author:うなぎいぬ1091
トラウトルアーやバスルアー、偏光グラスの広報担当兼ロッド&ルアー開発。TBCなんかにも出ているらしい。ストマック調査とか痛ックル製作とかしてます。バス釣り大好き(^ω^) 痛ックル精鋭部隊(隊員№001)部隊長。今のあなたが知るはずもないのだけれど私はね【釣りがうまくなりたい】、ただそれだけの祈りで魔法少女になったのよ

Twitter
pixiv
タグは痛ックルです
気になるもの
ノーブルウィッチーズ 第506 統合戦闘航空団 飛翔! (角川スニーカー文庫)





ラブライブ! School idol project 園田海未 -夏色えがおで1,2,Jump! Ver.- (1/8スケール PVC塗装済み完成品)





ラブライブ!  ねんどろいど 矢澤にこ (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア)





































































































東方カウンター