うなぎいぬ&うさぎのこーちゃんによる日記です

うなぎいぬ式スプリットショットリグ



私の中で最近、スプリットショットでの釣果が目立ってきている。昨年2位になった時もスプリットショットでしたし、最終戦もスプリットショットでかなり数を稼いでました。正直、昔から使っているものの、ココのところ反応が特によいなと感じます。

たぶん、『みんな使ってないから』だと思います。最近のライトリグといえばネコリグとかスモラバとかジグヘッドワッキーとか・・・。アングラー側がダイレクトに操作するライトリグが主流になっています。

スプリットショットやキャロのようなワームが自然に漂うリグは、あんまりやる人がいなくなりました。まぁ、キャロはやる人いますけど・・・。ですが、この漂うルアーは釣れる!チョイ投げのエサ釣りの感覚でやってるといいですね。



しかし、何故キャロではなくスプリットショットなのか?これには理由があります。

1.シンカーのウエイトをすぐ変えられること。

2.リーダーの長さをすぐ調整できること。

3.ウエイトが固定されているのでキャストしやすい。


この3点です。



1に関してはとても重要。ボトムの引っかかり感と風、水深で変えていく。皆さんが考える以上に頻繁にウエイトを変えています。使うシンカーは昔ながらのウォーターグレムリン。鉛じゃないと頻繁に変えられない。

#3(3.8g)
#4(3.2g)
#5(2.3g)
#7(1.7g)

このウエイトを状況に応じて使い分けていきます。



2にかんしてですが、基本的には杭などのストラクチャーに対して正確に撃ちこむときは短く。大場所でキャストして釣るときは長くします。っといってもべらぼうに長いわけではなくせいぜい60cmといったところでしょうか?基本となる長さは30cmといったところです。




3ですが、これはおもりが誘導式のキャロにはできないことですね。杭や壁に正確に撃ちこめ、なおかつボトムでワームを漂わせる・・・。









ちなみにショットですが、一回転させて固定しても良いですが、最近このストッパーを使ってます。

GCS015_main.jpg

G7シンカーストッパー

長さ15mm 色はクリアを使用しています。こいつならシンカーストッパーとしても使えるし、一石二鳥。

これをラインに通して、その上からスプリットショットをかませる。交換も楽ですし、程よいズレ具合を演出できるので、微調整が容易。






dec_cm_slock_top.jpg
デコイさんからもショットロックというものが出ていますが廃盤なのかな?



ま、とにかくこれを入れてスプリットショットをかませる。






あと、スプリットショットで重要なのは、【ワーム】です。自然な動きを演出するこのリグは何と言ってもワーム本来が持つパワーが本当に重要です。ここを間違えるとぜんぜん釣れないものとなってしまいます。エサ釣りやってる方ならわかると思いますが、生きのよいエサやそのフィールドにあったエサを使うと本当に劇的に食いが違います。自分が操作していくネコリグやジグヘッドワッキー、ヘビダンなどは操作する側でワームを生き生き動かして誘うこともできる・・・。だが、スプリットショットはそうもいかない。だからこそ、ワームが漂うリグに関してはワーム本来が持つパワーに頼るしかない。


私がメインで使用するのはコレ

・ゲーリーフラッピンホグJr.
・ズームCカーリー
・ビバリング
・ゲーリーマルチスティック3.5



って、とこでしょうか?

漂わせる釣りでゲーリーマテリアルは最強ですね。よくわかりませんが、しみだす塩が効いてるんだと思います。あとはビバリング。これは超マイナーワームですが本当につれますね・・・。正直、もう少しいじってティムコで出したいレベルw

ズームのカーリーは言うまでもなくキャロ・スプリットの定番ワーム。昔から消えずに生き残っているワームはやはり釣れる。


こんなところでしょうか??





あと、このスプリットショットの釣りだけはメインはスピニングですね。ボトムをズルズルするときに、リールが下についていてソフトハンドで握りやすいスピニングはとっても有利です。ベイトフィネスを使うのは5ポンド以上のラインを使うときです。とにかく糸ふけの出やすい(出す)釣りなので、6ポンド以上になるとトラブルが多すぎる。その場合はベイトフィネスの出番です。

メインロッドはS-TAV63SULJです。正直、スピニングはこれ以外使いません!使いやすさもさることながら、使い慣れたロッドなのでバイトを呼べる。一体何本バスをつったのかわからないレベルww

今年のロッドならPMX62SULJで決まりですね。独自に組まれたKRガイドが抜群のキャストフィールを生み出します。感度も操作感もS-TAV63SULJの比ではありません!昨年最終戦では、コイツのプロトを使っていました。

ベイトフィネスでスプリットショットを扱うときはS-TAV63CLJですね。ファーストテーパーのほうがボトムをズルズルしたときに扱いやすいです。









関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/04/16 08:21 ] タックル関係 | TB(0) | CM(3)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/04/16 11:36 ] [ 編集 ]
スプリットシンカー買ってくる!( ・`ω・´)
[ 2013/04/16 11:59 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> スプリットシンカー買ってくる!( ・`ω・´)


早くやったほうがいいですね・・・あれだけ釣れると、また流る気がしますw
[ 2013/04/17 07:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
フィッシング用品・アウトドア用品のTIEMCO(ティムコ)
最新インフォメーション
プロフィール

うなぎいぬ1091

Author:うなぎいぬ1091
トラウトルアーやバスルアー、偏光グラスの広報担当兼ロッド&ルアー開発。TBCなんかにも出ているらしい。ストマック調査とか痛ックル製作とかしてます。バス釣り大好き(^ω^) 痛ックル精鋭部隊(隊員№001)部隊長。今のあなたが知るはずもないのだけれど私はね【釣りがうまくなりたい】、ただそれだけの祈りで魔法少女になったのよ

Twitter
pixiv
タグは痛ックルです
気になるもの
ノーブルウィッチーズ 第506 統合戦闘航空団 飛翔! (角川スニーカー文庫)





ラブライブ! School idol project 園田海未 -夏色えがおで1,2,Jump! Ver.- (1/8スケール PVC塗装済み完成品)





ラブライブ!  ねんどろいど 矢澤にこ (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア)





































































































東方カウンター