うなぎいぬ&うさぎのこーちゃんによる日記です

130526利根川詳細



さて、試合から振り返りましょう。



今回立てたプランは・・・


1.利根川最下流のアシを狙う。
2.日が上がりだしてからはそのアシ近くの縦スト。
3.黒部川にて巨大な奴を狙う


この3つ。



1に関してはプラから導き出したもの。金曜の時点ではかなりの数を確認できた。正直、朝の段階で5本釣れるとにらんでいたのだが・・・。ルアーは極めてスローなリグ!センコー4のノーシンカーとゲーリーマルチスティック3.5のネコリグをメインとした。昨年この時期では、フラッピンホグの14gテキサスとかで簡単に食ったものの、今回は違った。また大きく違うのは、魚のサイズが800g止まりだったということか?はっきり言って、今回の三日間のプラクティスではキロを超えてくるようなバスをキャッチできなかった。というか、情けない話、見つけることができなかった。

2に関しては、日が上がってからのパターン。日が上がるとどうしてもアシは釣れなくなる。こういう場合、その近くの縦ストに移動していることが多い。実際プラでは、この釣りでもバイトを得られていた。ルアーはズームカーリーテイルのスプリットショットで、この時期、個人的に最強だと思っている釣り方。

3はもはやヤケクソです。1と2で揃えて、それからウエイトを伸ばそうとして組んでいたもの。実はプラで52センチを釣ったのは黒部川。ルアーはジグヘッドワッキー。いわゆるドアフターの釣り方で得意な釣り方。しかし、どれだけ粘っても、この一本しか釣れなかったので、正直黒部に行ったときは途方に暮れたときかすでに5本持っている状況どちらかだと思っていた。





結果から言えば、これらのパターンは全く機能しなかった。いわゆるアフターの釣りとそのアフターの状態からやや回復して、朝やいいタイミングしか食いが立たないような状態のバスが全くと言っていいほどいなかった。加えてハーツマリンさんとV6さんもトーナメントを行っていたので最下流はすごい人。黒部川にいたっては15艇は入っていたとおもう。

それにしてもまさかここまで釣れないとは思わなかったのだが・・・。

12:00までマメ一本。これは違う釣りをしないと絶対無理だと考えた。そこでよく考えてみた。プラから当日のこの時点4日間ではキロを超えてくる魚は52センチしか釣れなかった。52センチはまぐれ。キロクラスはどこにったのか?アフターの釣り方やアフターやや回復の釣り方を重点的にやってきた。ならば、アフター完全回復しているバスに焦点を当ててみたらどうだろう?っということで個人的にアフター回復系バスが特に好むキャリラバ1/2ozを使ってみたのだが・・・



ここからラッシュが始まった。



正味40分で4バイト3フィッシュ。完全にはまっていたこの日の究極のパターンだったと思う。判断がもう少し早ければ・・・・。まぁ仕方ない、これが試合というものだ。

実は正味40分のうち、まともに釣りをできたのは20分もなかったかもしれない。理由としてはメーター級の鯉と格闘してしまったこと(途中までナナマルクラスかと慎重になってたw)と、その後エレキが完死にしてしまったためである(実際はバッテリーが一発死んでいた)。風に流されながらでも釣れた。それだけ強力なパターンだった。

そして結果は4位。あの状況から立て直したことを考えるとまぁ上出来な結果だったと思います。大森プロが勝った2004年を思い出しました。試合は最後キャストまであきらめてはいけない。




~メインタックル~


ロッド:ENG 65CMJ
リール:TD-X Tuned 秋山澪
ライン:R-18 BASS 14lb
ルアー:キャリラバ1/2oz+ゲーリーシャッドシェイプ4インチ(頭部を1.5cmほどカット)


IMG_7220.jpg
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/05/28 22:35 ] 利根川 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
フィッシング用品・アウトドア用品のTIEMCO(ティムコ)
最新インフォメーション
プロフィール

うなぎいぬ1091

Author:うなぎいぬ1091
トラウトルアーやバスルアー、偏光グラスの広報担当兼ロッド&ルアー開発。TBCなんかにも出ているらしい。ストマック調査とか痛ックル製作とかしてます。バス釣り大好き(^ω^) 痛ックル精鋭部隊(隊員№001)部隊長。今のあなたが知るはずもないのだけれど私はね【釣りがうまくなりたい】、ただそれだけの祈りで魔法少女になったのよ

Twitter
pixiv
タグは痛ックルです
気になるもの
ノーブルウィッチーズ 第506 統合戦闘航空団 飛翔! (角川スニーカー文庫)





ラブライブ! School idol project 園田海未 -夏色えがおで1,2,Jump! Ver.- (1/8スケール PVC塗装済み完成品)





ラブライブ!  ねんどろいど 矢澤にこ (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア)





































































































東方カウンター