うなぎいぬ&うさぎのこーちゃんによる日記です

140907TBC利根川詳細

天気:雨ときどき曇り
気温:最高21度/最低18度
水温:24℃前後
風:北西7m/s
堰流入量250m3/s
須賀2014/09/07 0.57 0.62 0.65 0.69 0.71 0.74 0.67 0.61 0.54 0.46 0.39 0.33 0.29 0.29 0.39 0.46 0.51 0.56 0.63 0.71 0.77

fc2_2014-09-07_21-41-27-556_20140914114339bcd.jpg


さて、試合当日ですが。

プラの時に反応が良かった、スロープ~木下までのブッシュと乱杭メインで攻めようと考えていました。

この考えはよかったようです。スロープから木下までで釣っていた人はやはり多かった。水が良い?せいか、魚たちの反応が良かったように思います。レギュラー部門の上位入賞者もこのエリアから出ていました。(若草大橋千葉県側ブッシュ?ヘラ台付近)

で、開始4投目で釣れた・・・。これはフラッピンホグの5gテキサス。場所は大場所のだれもがやるブッシュ。

こんな感じでいいのかなぁ、と移動を繰り返しながら釣る。結論として一番よかったのは乱杭でした。乱杭の引っかかってる枝とシャロー側に存在するブッシュと岩のフラットを適材適所で攻める。

ルアーはベイトフィネスジグ3.5g+フラッピンホグJrとドラフトウェイカー中心。

fc2_2014-09-07_21-42-20-267.jpg


いずれのルアーも特に粘って絞り出すような釣り方ではなく、ひたすらにランガンしていくスタイルです。ベイトフィネスジグはフォールからの着底→回収といった流れ。ドラフトウェイカーは、シャローの浅い場所を引いてくる。ドラフトウェイカーを選んだのは、何となく速く巻くスピナベやバズだとサイズが下がる気がしたから。のたのた泳ぐこれを選びました。実際プラから考えてみても、ドラフトウェイカーでキロオーバーをキャッチできる確率が高かったですね。この日も最大魚はドラフトウェイカーです。

この釣り方で10:30で4本3070g。ちょっとウエイトが伸び悩んだのを考慮して、冒険へ。常総大橋から下流のエリアのブレイクを攻めようかと思い走りましたが先行者がいて3か所入れずorz

仕方なくネコナ川へ入ってひたすらドラフトウェイカーを投げてましたがノーバイト。よさそうなとこに、ちょこっと投げてみたベイトフィネスジグでアワセ切れ
▂▅▇█▓▒░(’ω’)░▒▓█▇▅▂うわあああああああ

時間が無くなって、スロープ対岸を攻めるものの、ノーバイトにて終了・・・。


fc2_2014-09-07_21-42-05-554.jpg



今回の敗因は、釣れる釣りを捨てて、イチから組み立てようとしてしまったことでしょうか??そのままスロープ~木下周辺を続けていれば2本くらいは釣れたバズ。イチからではなく、その釣りを中心に、攻め方を変えてみればよかった気がする。バス釣りに偶然はない。釣れた一匹の情報を詳しく解析し、その上でもっとウエイトを伸ばす方法があったのではないか??

でもまぁどうあがいてもせいぜい4500g。ウイニングウエイト、5500gオーバーは出せない釣り方だった。それは確かである・・・。



結局、順位は12位。年間成績は10位で最終戦へ。

14091202.jpg
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/09/14 11:47 ] 利根川 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
フィッシング用品・アウトドア用品のTIEMCO(ティムコ)
最新インフォメーション
プロフィール

うなぎいぬ1091

Author:うなぎいぬ1091
トラウトルアーやバスルアー、偏光グラスの広報担当兼ロッド&ルアー開発。TBCなんかにも出ているらしい。ストマック調査とか痛ックル製作とかしてます。バス釣り大好き(^ω^) 痛ックル精鋭部隊(隊員№001)部隊長。今のあなたが知るはずもないのだけれど私はね【釣りがうまくなりたい】、ただそれだけの祈りで魔法少女になったのよ

Twitter
pixiv
タグは痛ックルです
気になるもの
ノーブルウィッチーズ 第506 統合戦闘航空団 飛翔! (角川スニーカー文庫)





ラブライブ! School idol project 園田海未 -夏色えがおで1,2,Jump! Ver.- (1/8スケール PVC塗装済み完成品)





ラブライブ!  ねんどろいど 矢澤にこ (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア)





































































































東方カウンター