うなぎいぬ&うさぎのこーちゃんによる日記です

かわす!掛かる!次世代型小型スピンテールジグ、ライオットブレードVol.3


20150512_175529.jpg


カバーをかわす2本のアーム・バイトを確実にキャッチするフック構造、これらと並行して開発を進め、他が完成してなお納得いくレベルに至らなかった部分はブレード部分でした。

今回重視したのは「フックとブレードが絡まない」「立ち上がり感」「適度なバイブレーション」「ボディが回転しない安定性」これらのバランスです。

どれかひとつを形にするのは容易でした。しかし、これらすべてを実現するブレードを作製するのは極めて時間のかかる作業となってしまいました。

「フックとブレードが絡まない」ということは、快適にルアーを使用するうえでももっとも重要です。メーカーによっては、まったく使い物にならないものも存在します。これを解決するためにライオットブレードは、ボールベアリングスイベルをボディに直結する方法を採用しています。ボールベアリングスイベルをスピナーベイトのようにそのまま取り付けてしまうと、フックに絡まってしまうのです。一見するとフックとブレードが絡まないことを実現するのは簡単に思えますが、回転するブレードを制御することを考えると、実は容易なことではありません。

ブレードというのは均一な水流を受けることで、均一な回転を維持します。それゆえ、前にボディが存在するスピンテールジグは、その前のボディの乱流に巻き込まれることになり、回転力が安定しません。取り付けるブレード種類によっては、全く回りません。それを解消するためにまず基本的なボディ形状として、上から見ると極めて細い形状をしています。これは他社も同じところがありますが、ボディを細くすることによって、生まれる乱流を減少させています。またボディを細くする以外に乱流を避ける方法としては、ブレードからボディまでの距離を設ける方法があります。ボールベアリングスイベルはそれ単体でかなり長さがあります。その長さをいかしてボディとブレードまでの距離を稼ぐことやまた、それ以外にアームを長くする方法もあります。しかしこれらだと見た目の小型感が損なわれてしまい、「小型ゆえにバイトが多い」という、小型スピンテールジグの良さが際立たないために不採用としました。


4930843796708.jpg
ティムコソルトルアーのオーシャンスピン。ローリングスイベルの長さを前のフックに絡むことなく、活かして回転性能を引き上げている。ソルト系のスピンテールは様々な工夫がされている。



結果としては、ボールベアリングスイベルにリングを2個取り付ける方法を採用。ボディ乱流に巻き込まれにくい距離を設けることとブレード自身の自由度を引き上げることによって回転力に安定性を持たせています。これによって着水直後からでもブレードが安定して回転する性能を持たせ、フックにも絡まらず、小型感が損なわれず製品化することができました。

そしてブレードの形状。見た目はまったく特徴のないブレードとも言えますが、このブレード以外を取り付けるとライオットブレードは最高のアクションを維持することができません。一枚ブレード、特に片側方向に回り続ける一枚ブレードを持つスピンテールジグはその回転方向にボディが引き寄せられやすく、場合によってはボディごと回転してしまいます。一般的にボディバイブレーションが弱くなればなるほどボディの安定感は高まります。逆にボディバイブレーションが強くなればなるほどボディが回転方向に引き寄せられてしまいます。傾いて泳いだとしても釣果は変わらないことはテスト結果で解っていたのですが、ルアーとして不完全という考えもあり、なんとかボディの安定感を引き出すことを考えブレードを作り込んでいきました。

安定感を持たせるにはボディがまったくバイブレーションしないブレードが望ましい。しかし、マディやクリアウォーター、様々なシチュエーションで使用することを考えたバイブレーション感を実現したかった。時間を掛け、何度もブレード形状を作り直し、適度なバイブレーション感を重視しボディが安定する最高のバランスのブレードを作り上げました。

こんな形でようやく完成まで至ったライオットブレード。

20140204_111152_20151125152217669.jpg


ライオットブレードはスピンテールジグの最大の弱点だった『根掛かり』をクランクベイトの如く圧倒的にかわし、抜群のフッキング性能を引き出した次世代小型スピンテールジグです!私としては今まで根掛かりを恐れて小型スピンテールジグを使うことができなかったマディウォーター、霞水系での使用を一番にオススメしたいと思います。マディウォーターでの小型スピンテールジグがこんなにも釣れるのか!っと実感していただけると思っています!!


12286116_708981512569454_427919781_n.jpg


関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/11/30 14:34 ] タックル関係 | TB(0) | CM(2)
根がかり嫌い
この手のルアーって、昔から愛用してます!

本当に良く釣れるんですが、根がかりが厳しく、お財布に厳しいですね・・・

根がかりが減るだけで、出しどころがグッと増えるのは間違いないですね。

[ 2015/11/30 19:23 ] [ 編集 ]
Re: 根がかり嫌い
半端じゃなく根掛かりがなくなるので、ご期待ください!!
[ 2015/12/05 21:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
フィッシング用品・アウトドア用品のTIEMCO(ティムコ)
最新インフォメーション
プロフィール

うなぎいぬ1091

Author:うなぎいぬ1091
トラウトルアーやバスルアー、偏光グラスの広報担当兼ロッド&ルアー開発。TBCなんかにも出ているらしい。ストマック調査とか痛ックル製作とかしてます。バス釣り大好き(^ω^) 痛ックル精鋭部隊(隊員№001)部隊長。今のあなたが知るはずもないのだけれど私はね【釣りがうまくなりたい】、ただそれだけの祈りで魔法少女になったのよ

Twitter
pixiv
タグは痛ックルです
気になるもの
ノーブルウィッチーズ 第506 統合戦闘航空団 飛翔! (角川スニーカー文庫)





ラブライブ! School idol project 園田海未 -夏色えがおで1,2,Jump! Ver.- (1/8スケール PVC塗装済み完成品)





ラブライブ!  ねんどろいど 矢澤にこ (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア)





































































































東方カウンター