うなぎいぬ&うさぎのこーちゃんによる日記です

ロコイズム ハイパーイングリー(ง ˙ω˙)ว 



究極のローカルテクニックを形にするブランド『ロコイズム』 2016年、霞水系、特に利根川の水面ボラパターンというローカルテクニックを形にした新製品となるハイパーイングリーの色を調整。



クラビンバズ用のワームです。カスミ水系でグラビンバズ??っというイメージを持たれる方が多いと思います。実際、グラビンバズはクリアウォーターのテクニックで、マディウォーターでは使われることが少ないと思います。やはり普通のグラブではマディウォーターではイマイチで、マディウォーターならではのアクションの違いが必要になってます。細かい仕様に関してはまた書きますが、今回は色のお話を。
( 'ω' )


マディウォーターのグラビンバズをしていると気になるのが、クリアウォーターに比べフッキングが悪いことがあります。状況によってはとにかく乗らないwしかし何故フッキングが悪いか?というのは、私の考えとしては「頭の位置が見えていない」からだと考えています。

ロッドを立ててリトリーブするこの釣りは、ややボディが水面より浮いて泳ぐ形となります。そして、バスが小魚系を本気食いするときは頭目掛けて食ってきます。頭から食わないと、結局逃げられてしまうからですね。ストライクドットも同様の考え方で、フックの位置近くに頭(目)があるのでそこを食ってくださいねというマークになる。目なのか?頭なのか?は別にして、小魚が泳ぐ進行方向に対してバスは、頭めがけて食ってくるのは本能だと思っています。

そこでグラビンバズを考える。クリアウォーターではそれほどフッキングか悪いと感じないグラビンバズですが、クリアウォーターでは頭が水中から浮いていても見えるため、しっかり食ってくるのでは?と考えています。一方、マディウォーターではバスが近づいてきた時でも水面から浮いている頭部分を確認できないため、下から見上げると一番存在感のあるテールめがけて食ってきてしまうのかな?と。

それを防ぐため今回は、テールの色は薄く、ボディは濃くというカラーをラインナップに加える予定となっています!これだけでフッキング率が変わります!当然ですが、ボディが浮きすぎないようにリトリーブを調整することが一番大切ですのでお忘れなく。
(ง ˙ω˙)ว 


調整中ですが、色は下の8色。

あまりカラーにこだわらない人間ですが、思い入れのあるカラーが写真の明太子カラーですね。明太子のテールの存在感を薄くしたモデル。ScarletFeverと名付けました。



バサーの西さんがTBC同船していただいた時も『これは秘密にしてください』っと言っていたのは良い思い出。あまり秘密を持たない性分ですが、こいつは誰がやっても投げて巻くだけ、かんたんに釣れるので・・・。今年、OSP社の麻生氏がBasserでこの釣りを紹介していましたが、この釣りは10年近く、二人で完成させてきた利根川究極の釣り方です!

これはその考え方をもとに、私独自でティムコで形にした商品。ぜひとも使ってみてください♪

関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/12/15 15:39 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
フィッシング用品・アウトドア用品のTIEMCO(ティムコ)
最新インフォメーション
プロフィール

うなぎいぬ1091

Author:うなぎいぬ1091
トラウトルアーやバスルアー、偏光グラスの広報担当兼ロッド&ルアー開発。TBCなんかにも出ているらしい。ストマック調査とか痛ックル製作とかしてます。バス釣り大好き(^ω^) 痛ックル精鋭部隊(隊員№001)部隊長。今のあなたが知るはずもないのだけれど私はね【釣りがうまくなりたい】、ただそれだけの祈りで魔法少女になったのよ

Twitter
pixiv
タグは痛ックルです
気になるもの
ノーブルウィッチーズ 第506 統合戦闘航空団 飛翔! (角川スニーカー文庫)





ラブライブ! School idol project 園田海未 -夏色えがおで1,2,Jump! Ver.- (1/8スケール PVC塗装済み完成品)





ラブライブ!  ねんどろいど 矢澤にこ (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア)





































































































東方カウンター