うなぎいぬ&うさぎのこーちゃんによる日記です

Newゴールデンウィング 公開!!

さて、Newゴールデンウィングのページが公開されました!


http://www.tiemco.co.jp/products/groups/view/1567


伝統と最新技術の融合

ナノテクノロジーによる新たなる進化。圧倒的な軽さ、超高感度、そして強靭なトルク

Newゴールデンウィングはメインマテリアルにナノレジンカーボンプリプレグを採用。更にこの新マテリアルの特性を高めるため、個々のモデルに積極的にハイテーパー化を導入。バット径を太く、ロッドの重心を手元に近づけ、適正なレジン量にコントロールすることで、ゴールデンウィング伝統の「強い張り」、「ドライな軽さ」、「高感度」といった特性を踏襲しながら、強靭なトルク感を伴った次世代のブランクスへと昇華しました。より強固な分子構造を持ち、深く曲がり込みつつ素早く復元しようとするナノレジンとドラスティックなハイテーパーの融合は、フェンウィック伝統のゴールデンウィングシリーズに新たな翼を授けました。

【ガイド】 富士工業製チタンフレーム/SiCリングガイドフェンウィックオリジナル・フィネスガイドシステム
【グリップ】フェンウィックオリジナル・スモールフォア&シェイプドグリップ
【リールシート】フェンウィックオリジナル・ラウンデットトリガーリールシート


1_20151225175949eb8.jpg



個人的に気に入ってるのは

フェンウィック GW C GW60CULJ (B.F.S.)
フェンウィック GW C GW68CMLP+J
フェンウィック GW S GW60SLJ

の三本でしょうか??


今回のゴールデンウィングは「軽さ」と「しなやかさ」のバランスがウリだと思います。いままでのゴールデンウィングツアーエディションよりも高負荷が掛かったときの追従性が桁違いによく、結果的にスムーズなキャストフィールと強力なリフティングパワーを実現しています。

今までのゴールデンウィングツアーエディションでは、琵琶湖のようなロッドにも強引さが必要なフィールドでは敬遠してしまいがちなマテリアルでしたが、今回はあやうさやもろさはまったく感じません!基本的に関東スペックとなっていますが、琵琶湖のようなフィールドで使用しても力不足を感じることはないです。散々使いましたが、総合力の高いロッドに生まれ変わっていると思います。

ロッドは進化するものですね。このNewゴールデンウィングは操作性・軽さ・感度・パワーがバランスよくレベルアップしているブランクです。

正直な感想として、現在いろいろなフィールドで使うロッドとしての総合力はフェンウィック至上No.1だと思います。

パワーはテクナ系ですけど、重いですからね・・・。

細かい感想は後日!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/12/25 18:16 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
フィッシング用品・アウトドア用品のTIEMCO(ティムコ)
最新インフォメーション
プロフィール

うなぎいぬ1091

Author:うなぎいぬ1091
トラウトルアーやバスルアー、偏光グラスの広報担当兼ロッド&ルアー開発。TBCなんかにも出ているらしい。ストマック調査とか痛ックル製作とかしてます。バス釣り大好き(^ω^) 痛ックル精鋭部隊(隊員№001)部隊長。今のあなたが知るはずもないのだけれど私はね【釣りがうまくなりたい】、ただそれだけの祈りで魔法少女になったのよ

Twitter
pixiv
タグは痛ックルです
気になるもの
ノーブルウィッチーズ 第506 統合戦闘航空団 飛翔! (角川スニーカー文庫)





ラブライブ! School idol project 園田海未 -夏色えがおで1,2,Jump! Ver.- (1/8スケール PVC塗装済み完成品)





ラブライブ!  ねんどろいど 矢澤にこ (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア)





































































































東方カウンター