うなぎいぬ&うさぎのこーちゃんによる日記です

無駄なものほどかっこいい。

バスボートといい、車といい、無駄なものほどかっこいい。


私の持っている最も無駄なツールの一つがコレ。身卸相出刃。


20151108_091919.jpg



出刃というには刃が薄く、しのぎから刃先までの角度が緩い。といっても、柳刃ほど刃が薄くもなく、刃全体の幅が大きい。そして240mm程度の刃を持つので出刃にしてはやや長いし、柳刃にしてはやや短い。これは出刃のように大胆に鯛の頭や骨を割ったりすると間違いなく刃が欠けますし、美しい刺身を切るには不十分。


これは大型魚の三枚おろしや特に美しい切り身を作るための包丁です。


20151108_091924.jpg



前職の魚屋では切り身担当が長く、そのためこういった包丁をよく使用していました。切り身を作る際の一発目の美しい切り身の角の立ち具合と皮目を美しくを均一に仕上げるにはなくてはならない包丁です。


消費者は正直なもので、店頭に並べると美しい切り身から売れていきます。大きい切り身から売れていくかと思いきや、実はそうではないのです。


この包丁は特に皮目の切り口の美しさを重視したいために、鋼も日本の最高峰の刃物鋼・日立金属青紙1号Aというものを使用しています。日本刀の基本原料ともなる純度の高い砂鉄を主原料とし、クロムとタングステンを加え、また高い炭素量を持たせることでただ切れるだけでではなく抜群の切れ味を保持するための鋼です。皮目を切るにはカッターナイフのように刃の当たる部分だけで切っていくのですが当時、高額品関連を除いた坪単価売上高日本一の小売店(ジュエリーのツツミに次いで総小売店でも2番目だった)。なにせ卸す数が尋常ではないので切れ味を保持させることが何よりも大切でした。通常の出刃の鋼には白紙が向いていると個人的には思いますが、この切り身、とくに生鮭を美しく仕上げるには最高級の鋼を使用した特殊な包丁がなくてはならないものでした。



生鮭の柔らかい身のカドをしっかり立てつつ切り裂いていき、硬い皮目を一発で切って仕上げる日本が誇る究極の刃物、魚体に滑り込む白刃。本物の包丁です。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/02/25 20:14 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)
激しく同意
今回のタイトルに、激しく同意です(笑)
[ 2016/02/25 23:27 ] [ 編集 ]
Re: 激しく同意
エコカーとか、一生乗りたくないですね…【エコ】という言葉がたとえ必要だったとしても、それは大切な何かを失う言葉だと思っています
[ 2016/02/26 07:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
フィッシング用品・アウトドア用品のTIEMCO(ティムコ)
最新インフォメーション
プロフィール

うなぎいぬ1091

Author:うなぎいぬ1091
トラウトルアーやバスルアー、偏光グラスの広報担当兼ロッド&ルアー開発。TBCなんかにも出ているらしい。ストマック調査とか痛ックル製作とかしてます。バス釣り大好き(^ω^) 痛ックル精鋭部隊(隊員№001)部隊長。今のあなたが知るはずもないのだけれど私はね【釣りがうまくなりたい】、ただそれだけの祈りで魔法少女になったのよ

Twitter
pixiv
タグは痛ックルです
気になるもの
ノーブルウィッチーズ 第506 統合戦闘航空団 飛翔! (角川スニーカー文庫)





ラブライブ! School idol project 園田海未 -夏色えがおで1,2,Jump! Ver.- (1/8スケール PVC塗装済み完成品)





ラブライブ!  ねんどろいど 矢澤にこ (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア)





































































































東方カウンター