うなぎいぬ&うさぎのこーちゃんによる日記です

160703利根川詳細

さて、試合から振り返ります。




プラの3日間はほぼ無風の穏やかな日々。火曜に降った冷たい雨は抜け、徐々に活性も上向いてきている感じを受けていました。


当初のプランでは佐原周辺の激浅ドロ底スーパーシャローをプロップペッパー、アーマーガエル、ハイパーイングリー、エスケープツインの2.7gテキサスなどで釣っていくという戦略でした。魚自体はかなりビビり気味。シャローでたくさん目視できますが。なかなか口を使わない。口を使うのは、着水と同時とか考える間を与えないルアーの動かし方でした。


とにかくプラではバスやボラ、多くの魚は目視できたので、まぁ釣れるだろ的に考えていました。


っが、試合当日はなんと朝から爆風。こりゃ佐原のドロ底やっても意味ないなと考えて上へ。

結局のところ朝イチ全く釣れず、上流は??っとなりいつものとおりイチから魚探しの旅へ…。あとから知ったことですが、やっぱり上流のカバー周りは全体的にダメだったみたいです。いろいろやりつつ回復傾向と考えていたネコナ上流まで探りましたが、ここも全く生命感がなく到底5本釣れる雰囲気ではなかったので早々に出る。



で、プラの感触から、食い気のある魚は一撃で食ってくる。しかし、粘っても釣れない、バスの動きは速い、1級エリアに陣取っているという印象があったので、水を変えつつとにかくなんとなく流して行きました。

結果として、この「なんとなく流す」が1番良くない日だったみたいですね。どこかで早春や晩秋並のタフな試合であると判断できなかったのが結果的に大失敗。

最終的には黒部の沈船をやりにいきましたが、3つやってバイトは2つ、一本は切られた…。かなり投げてようやく食ってきたというバイト。にしても爆風でヘビキャロくらいしかやれなかった…。

その後も色々やりましたがノーバイトにて終了!



利根川バカヤロー!って言いたい(真顔


まぁ沖のストラクチャーライトリグというのはプラの感触から全く想像しておらず、そういうロッドすら持ってきていなかったのが敗因の一つでしょうか。利根川はどんな状況にもアジャストてきるように、そういうタックルも必要だなと思いました(小並感


もし翌日が試合なら、黒部タコ粘りという戦略をとったかなぁ?

あと、やっぱり聞いてみても各支流も全くダメだったようです。


これだからバス釣りはやめられん。精進しますかぁ。






関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/07/07 05:37 ] 利根川 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
フィッシング用品・アウトドア用品のTIEMCO(ティムコ)
最新インフォメーション
プロフィール

うなぎいぬ1091

Author:うなぎいぬ1091
トラウトルアーやバスルアー、偏光グラスの広報担当兼ロッド&ルアー開発。TBCなんかにも出ているらしい。ストマック調査とか痛ックル製作とかしてます。バス釣り大好き(^ω^) 痛ックル精鋭部隊(隊員№001)部隊長。今のあなたが知るはずもないのだけれど私はね【釣りがうまくなりたい】、ただそれだけの祈りで魔法少女になったのよ

Twitter
pixiv
タグは痛ックルです
気になるもの
ノーブルウィッチーズ 第506 統合戦闘航空団 飛翔! (角川スニーカー文庫)





ラブライブ! School idol project 園田海未 -夏色えがおで1,2,Jump! Ver.- (1/8スケール PVC塗装済み完成品)





ラブライブ!  ねんどろいど 矢澤にこ (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア)





































































































東方カウンター