うなぎいぬ&うさぎのこーちゃんによる日記です

ロコイズム ロケットバグ

今月号のロドリさんで発表になりましたロコイズム ロケットバグ!

ぶっ飛び+スライディングワームとして開発されました。

KIMG2805_20161215125507bef.jpg


見ての通りイモ形状のワームです。

イモ形状のワームの良さは色々あります。


まずノーシンカーでもむっちゃ飛ぶ!


これは余計なパーツがないイモならではの性能。またカバーに絡めてちょうちん釣りするときでもパーツがない分しっかり入れられる等、何かと便利なルアーでもあります。

1478404317009.jpg


そんなイモ形状ですが、今回重要視したのは、【しっかりとした水中スライディング性能を出したい】ということでした。スライディング性能はバスを引きつける要素の1つだと思います。単純なバックスライドにおいては、当然カバーの奥を攻略できる点もありますし、また不規則なスライディングはそれ自体のアクションがバスに魅力的に見えるためか、非常によく釣れるアクションとして言われている部分でもあります。

ただ、【イモ形状のワームはバックスライドが〜】とよく言われますが、実際そのまんまつけてもそんなにバックスライドしません・・・。ネイル入れたり、カットしたり何かとセッテイングはシビアだったりします。

バックスライドさせるためにはボディに当たる水流をきっちり後方に受け流してあげなくてはならないからです。

そこでよくあるのは「腕などのパーツ」で水流を受け流す方法です。これはこれで非常に優れた方法で、バックスライドするばかりか腕自身が自発的アクションを引き起こすのでとてもよく釣れるワームとなります。

1478139112230.jpg


ただ、今回のロケットバグはそうしませんでした。理由としてはイモはイモらしく、シンプルな、バスがひと口で拾いやすい、パーツのないワームにしたかったことと、パーツがつくと飛距離にも影響が出るためです。※後日記載する、塩の量の話でシンプルな形状にせざる得なかったと言うのもあります。

そこで今回のロケットバグは、ロケットの形状からヒントをもらい、ボディに4枚の尾翼取り付けることでバックスライド性能を作り上げました。

ワームフックはこの間に取り付けるのですが、特に下部の2枚尾翼部分に水流が流れていくため、スライディングするという理論です。

動画を見ていただけるとわかりますが、キレイにスライディングしていきます。普通はこうなりません…。





そしてこの4枚の尾翼は、前に引かれたときも威力を発揮します!

ロケットバグが前に引かれる、いわゆるトゥイッチしたり、シェイクしたり、スタックしたあとあおったりすると、今度は逆にこの尾翼部分が不規則な水流を受け流すので、どこの方向に飛ぶかわからないトリッキーなアクションを生み出します!これは尾翼部分の形状だけでなく、先端に向けてグッと細くなっていく形状と尾翼のバランスで生み出されています。

そして浮き上がったワームは進行方向が定まらないために、今度は360度、予測できない方向にスライディングするというアクションを出します。

イモ形状はシンプルな形状だけに、なんだかよくわからないという方もいますが、使ってみると実に魅力的な動きをするのです!

形状的なこだわりはこんな感じでしょうか・・・

次回は、マテリアルのことに関して書いてみたいと思います。

DSC_0761.jpg
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/12/15 17:35 ] 釣りいろいろ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
フィッシング用品・アウトドア用品のTIEMCO(ティムコ)
最新インフォメーション
プロフィール

うなぎいぬ1091

Author:うなぎいぬ1091
トラウトルアーやバスルアー、偏光グラスの広報担当兼ロッド&ルアー開発。TBCなんかにも出ているらしい。ストマック調査とか痛ックル製作とかしてます。バス釣り大好き(^ω^) 痛ックル精鋭部隊(隊員№001)部隊長。今のあなたが知るはずもないのだけれど私はね【釣りがうまくなりたい】、ただそれだけの祈りで魔法少女になったのよ

Twitter
pixiv
タグは痛ックルです
気になるもの
ノーブルウィッチーズ 第506 統合戦闘航空団 飛翔! (角川スニーカー文庫)





ラブライブ! School idol project 園田海未 -夏色えがおで1,2,Jump! Ver.- (1/8スケール PVC塗装済み完成品)





ラブライブ!  ねんどろいど 矢澤にこ (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア)





































































































東方カウンター