うなぎいぬ&うさぎのこーちゃんによる日記です

【ACES70CHJ】フェンウィックNEWアイテム、ACESインプレッション

フェンウィックNEWアイテム。ACESインプレッション

16711629_1309083995817503_3139117139600687659_n.jpg



さて、今年も新作ロッドのインプレッションを書いていこうと思います。ロッド購入の参考になればと思います。

ただ、ここで記載するのはあくまで私個人の感想です。公式文書はHPやカタログをご確認ください。


順不同で掲載していきます!


ACES70CHJ



第一印象は、【フェンウィック史上、最も軽快な70CHJ】



70CHJというナンバーはたくさんありますが、それぞれ特徴があります。まず、過去ナンバーから振り返りましょう。


さて、この70CHというスペックはテクナPMX、テクナGP、ゴールデンウィングツアーエディション、エナジーで存在する・・・。何が違うのやら普通は混乱します・・・。


正直、これらのスペックでパッと持った感じや店頭でちょっと曲げてみた感じでは、大きな差は感じにくいです。たとえばTPMX610CMHJACES66CMLP+Jのように極端なファーストテーパーのロッドがあるとか、TAV-GP66CMHJのようにスパッと軽くてティップまでカチカチのスペックがあるとか、S-TAV610CMHP+Jのように驚異の軽さを感じるとかそういうことはありません。基本的にはややファーストテーパー気味のテーパーで、肉厚なブランクで作られている点など同じような味付けになっています。肉厚な硬さを持ち、硬いながらもよく曲がるスペックが多いと思います。※GWT70CHJだけは別かな?



写真はTPMX70CHJプロトの写真
702.jpg



もちろん素材の違いやこまかなテーパーの違いはあります。この中ではエナジーが最もよく曲がるしなやかなスペックですし、ゴールデンウィングはややティップまで硬く、ベリーからバットはすごく硬い感じになっています。ちなみに過去スペックでは、PMXがスペック上もっとも軽いです。ですが、どれもかなりフロントヘビーなロッドたちなので劇的な重量差は感じません。




その中でもGPとPMXはテーパーは比較的よく似ています。GPは負荷がかかるとよく曲がる感じは独特であり何もしなくてもよく魚が浮いてくる・・・。ただ、PMXのほうがやはり軽く、マイクロ化したガイドによって操作性や感度がはるかに向上しています。また、振った感じとしてはPMXの方がかなり硬くシャープに感じますが、これまたマイクロガイド化の影響によって硬いながらもスムーズに曲がるロッドでありまた、素材自体も復元力が強いので、スパッと気持ちよく飛んでいきます。素材自体は硬くシャープなので、それなりにキャスト慣れしていないとロッドを十分曲げることができず、飛距離が出せない可能性もあります。

GPとPMXではパワーの出方が異なるので、PMXの方がグイグイ魚を寄せてくる感じを受けますね。毎度のことですが正直、このPMXのパワーの出方はGPと好みが分かれるところだと思います。 この性質の違いは剛と柔、車でいえばターボか?NAか?みたいなものです。そもそもパワーの質が違う。





ただ今までの70CHJくらいパワフルなスペックになると、関東ではむしろオーバースペックと感じることが多いと思います。関東ではワンランク軽く柔らかい70CM位で十分対応できますね。




5_201702151350304a9.jpg


長々過去スペックを書いてしましましたが、ここからは肝心なACES70CHJを書きましょう。



過去の70CHJと大きく異なるのが、【軽く、軽快に仕上げている】という点です。

今までの70CHJはどちらかといえば肉厚で、大味に仕上げ、重量級すべてを網羅していくような感覚のロッドが多かったです。

今回はある程度、軽量なルアーまで使えるようになっています。

公式スペックを見ても、ほぼ同じ内容が書かれているのでわかりにくいと思われます。私なりに噛み砕いてみると、感覚としては既存の70CHJでは7gフラッピンホグテキサスからアラバマリグが快適に使えるスペックで、今回のACES70CHJは5gフラッピンホグJr.テキサスから3/4oz.の琵琶湖的スピナーベイトを快適に使えるスペックのような感覚でしょうか。






C19Jc_gUsAA5RVh.jpg


ACES70CHJになると、関東でも使用頻度が高くなってくると思います。まず軽快にロッドが使えるため、ずっとピッチングを繰り返していても体への負担、手首への負担が少ないからです。利根川のようなピッチングとスキップを繰り返すような場所ではありがたい。また、釣れても50cm程度のバスなので私としてはそれ以上のパワーは単なるオーバースペック、意味がないことになるので、ACES70CHJ程度で十分といえます。


余談ですが最もパワーがあったのはTPMX70CHJでしょう。ただしこの暴力的パワーは対バスフィッシングでは必要ある場面はかなり少ないのでは?と私は思っています。


ACES70CHJはそこから考えるとパワーを落としたという感触を受けますが、バスフィッシングということを考えると適正パワーをみなおし、設計したという考え方です。バスを釣るのに、GT用ロッドを使う人はほぼいないでしょう…。このロッドを使って琵琶湖でバスを釣っても、パワー不足は感じませんね。



私が利根川で使うシチュエーションとしては、1/2オンスのヘビテキです。ティップのパワーがあるので弾道が安定しますし、掛けた後の安心感があるロッドだと思います。



あとはビッグベイト投げたり、1/2オンスのジグだったり…


このくらい軽快なほうが、関東・琵琶湖・オカッパリを含め、色々使えるヘビースペックだと思います。








関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/02/15 18:15 ] タックル関係 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
フィッシング用品・アウトドア用品のTIEMCO(ティムコ)
最新インフォメーション
プロフィール

うなぎいぬ1091

Author:うなぎいぬ1091
トラウトルアーやバスルアー、偏光グラスの広報担当兼ロッド&ルアー開発。TBCなんかにも出ているらしい。ストマック調査とか痛ックル製作とかしてます。バス釣り大好き(^ω^) 痛ックル精鋭部隊(隊員№001)部隊長。今のあなたが知るはずもないのだけれど私はね【釣りがうまくなりたい】、ただそれだけの祈りで魔法少女になったのよ

Twitter
pixiv
タグは痛ックルです
気になるもの
ノーブルウィッチーズ 第506 統合戦闘航空団 飛翔! (角川スニーカー文庫)





ラブライブ! School idol project 園田海未 -夏色えがおで1,2,Jump! Ver.- (1/8スケール PVC塗装済み完成品)





ラブライブ!  ねんどろいど 矢澤にこ (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア)





































































































東方カウンター