うなぎいぬ&うさぎのこーちゃんによる日記です

170605利根川詳細

天気:曇りのち晴れ
気温:最高22度/最低15度
水温:23℃前後
風:東5m/s


さて利根川プラ初日。


とりあえず今回はざっくり見て回ることに。

っと思ったら、あっさり釣れる…。

場所は若草大橋周辺。朝に関してはどこ投げてもアグレッシブにバスはバイト!バスの射程範囲がものすごく広く、半径5mくらいあったように思いました。どこに落としてもすっ飛んでくるw

20170615072850c29.jpg


釣ったルアーは、バックスライドホッグ・フラッピンホグ・ステルスペッパー110S!

201706150728522e9.jpg


バスはザリガニやエビ、ゴリを捕食していました。
20170615073058ce3.jpg
201706150730577e6.jpg
20170615073054cbe.jpg



この時期、ザリガニは活発にシャローを動き回ります。この時期のザリガニ食いはバスがでかいのは想定内。しかし、エビ、ゴリ系バスも釣れてくるサイズがキロ超えてくるので、このパターンかなぁ?と思いました。この時期のザリガニ、エビ、ゴリパターンは、ブッシュ+スーパーシャロー中心に組み立てるのが吉。ので、風で濁るとなかなか難しい。

それでもでかいバスが、ボラ系の小魚を意識しているわけではなさそう。小魚系は難解になるので一安心。

全体的に水は濁っているのですが、朝に関しては落ち着いておりサイトができるレベル。

食うのは全部見えましたw

その後、ザリガニ食いを求めて長豊橋付近のドロ底クリークをエレキ上げながらサイト・・・2本見つけて1本野良ネズミのちょうちんで食わせましたがミス…サイズはキロくらい。

その後、魚がかなり広範囲に散っていることを想定してだだ流しをやってみますが異常なし!

どうやらどこでも釣れるわけではない様子。
またそうこうしているうちに、日が上がってきてフィーディングのバスがシャローから消えたイメージがありました。

とりあえずこのパターンは保留。水位が一番下がったタイミングで、横利根にネストがあるか確認しに行きましたが、一つもない。朝の釣れた魚のサイズも考えると、時期的にもうかなり終盤っぽい。

気になっていたボラパターンもやってみますが、反応無。エリアがあってないのか?タイミングが悪いのか?それは不明。

対濁りのエビゴリパターンとして存在する、乱杭+水中ゴロタもやってみましたが、これはこれで強力っぽかった。

※ウェイブモーションのネコ。キロ超え。

乱杭+水中ゴロタのバスもアグレッシブ。かなり遠くからよってきて食ってきてるイメージがありました。ただ、群れているわけではなく、ひとエリアに1匹、そんな感じです。


乱杭+水中ゴロタは時間が掛かるのであまりやりたくないのですが、試合で爆風になったときには生きてくるので確認作業。

その後もちょこちょこ色々な釣りをやってみましたが…。

晴れていたので「深いシェードのエビ食いバス」をやりたかったのですが下流にいたのでなかなか場所がない。

っで、最後の最後に長門川下流の深いシェードを野良ネズミで撃つと速バイトw

20170615073240fb6.jpg


晴れたときのこのパターンは強力だなってことでこの日は終了。




この日は思い通りにバスを釣る「芯を捉えた釣り」ができたと思います。







関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/06/15 07:33 ] 利根川 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
フィッシング用品・アウトドア用品のTIEMCO(ティムコ)
最新インフォメーション
プロフィール

うなぎいぬ1091

Author:うなぎいぬ1091
トラウトルアーやバスルアー、偏光グラスの広報担当兼ロッド&ルアー開発。TBCなんかにも出ているらしい。ストマック調査とか痛ックル製作とかしてます。バス釣り大好き(^ω^) 痛ックル精鋭部隊(隊員№001)部隊長。今のあなたが知るはずもないのだけれど私はね【釣りがうまくなりたい】、ただそれだけの祈りで魔法少女になったのよ

Twitter
pixiv
タグは痛ックルです
気になるもの
ノーブルウィッチーズ 第506 統合戦闘航空団 飛翔! (角川スニーカー文庫)





ラブライブ! School idol project 園田海未 -夏色えがおで1,2,Jump! Ver.- (1/8スケール PVC塗装済み完成品)





ラブライブ!  ねんどろいど 矢澤にこ (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア)





































































































東方カウンター