うなぎいぬ&うさぎのこーちゃんによる日記です

180610利根川TBC

さて、利根川です。結果は6位・・・。

DSC_1406.jpg


プラからいろいろありましたので振り返っていきましょう・・・。

さて、プラは4日間。状況としてはアフター回復傾向になりつつある。

もうネスト付近の身を休めている個体はいません!動き回って餌を捕食している状態。

DSC_1386.jpg
DSC_1369.jpg


食べている餌はスジエビとテナガ。どのレンジのバスでも、エビを捕食している。正直、どの場所でもバスはいる・・・。だが、活性が高い場合と低い場合がある。活性が高まる要因は不明。例年通り、水深30cm程度のドシャローにもバスはいる。だがこの魚の活性が高いか低いかはやってみないとわからない・・・。

プラでは朝、活性が低く野良ネズミですら掛からないアマガミバイトが多かった日でも、日中太陽が昇ってシェードができると活性が高まる日もあった。流石に風の影響の少ないエリアでしか野良ネズミにバイトとはありませんでしたが。これは鹿島線あたり、東関東自動車道最下流の茨城県側のシャロー。ひたすら駄々流しでよく釣れた。ただし稚ボラとリンクしないとバスがいない・・・。だがこの稚ボラの捕食しているわけではなくあくまでエビ食い。ボラが集まるエリアが単純にバスもすごしやすいのか?それとも稚ボラのワラワラした感じがバスの活性を引き上げるのか?それは不明。しかしこの場合、とにかくボラの存在は重要。

DSC_1365.jpg
DSC_1368.jpg
DSC_1370.jpg



ただし釣れない日はとことん釣れない・・・・。シャローを駄々流ししても一発も出ない日もある。おそらくシェイナースティック4インチのノーシンカーのようなものを入れると食うのだとおもうのですが、いかんせん効率が悪すぎると判断。

4日間プラはすべて晴天、ほぼ無風。この状況の中では、ドシャローのバスは活性が低い日が多かったようにおもう。スロープ周辺の泥底ブッシュの奥ではエビボイルが多数見られた。バスは多数いる、しかもでかいキロ前後。しかし釣るのは容易ではなく、放置でアマガミさせるか、ちょうちんでネコリグなどをひたすら1分くらいシェイクして食わせる方法。もしくはいちばんややこしいところに、これまたPEベイトフィネスのサンカクティーサンのようなスタイルのワームを入れていくか・・・。とにかく丁寧に、我慢の釣りとなる。

DSC_1375.jpg


いつもの千葉県側の奇跡のクリークにも魚は少なく、朝イチ入る理由もないほどに釣れなかった。まぁ水位が低い日が多いのでだいたい入れませんが・・・。

一方ちょい沖のストラクチャーはどうか?これは意外と手堅く釣れる日が多かった。食べているのは当然エビなのですが、このレンジの活性が高い日が多く、落ちパクのときが多かった。リグはロコイズム フレキシーカーリーのDS5gとウェイブモーションの1.8gネコリグ、シャイナースティック3インチの1.4gネコリグなど・・・。食いかたとしてはもうフォール一発で走るのでまぁルアーはなんでも良かったように思います。沖めのストラクチャー以外にも、シャロー隣接の垂直マンメイド(スロープの壁部分や支流取水搭)のような場所でもバイトはありました。これももう落ちパク、難しいことは考えない。

DSC_1390.jpg
DSC_1388.jpg


この時期定番となるハイパーイングリーのグラビンバズにかんしても非常に手堅いパターンとして存在していました。支流のグラビンバズパターン。35cm程度とサイズは下がるものの良くつれた。水の良い佐原の水路がキー。
DSC_1383.jpg
DSC_1385.jpg



そして試合当日・・・。


爆風雨予報。予報からプラの内容は一切役に立たないと考えました。西風が前日夕方から強かったため、とりあえずシャローからというよりも、影響の少ないディープを選択。とりあえず最下流のいつもの場所からはじめるとすぐに1本、1300g。その後同じ場所でもう1本食いましたがラインブレイク・・・。プラの状況ではネコリグフォールですぐに食いましたが、この日はぜんぜん食わない。手変え品変え、結局バイトを引き出したのは6.5カットテールのネコリグ。ふんわり、ぼよぼよ泳がせると食ってくることを発見し食わせました。この時期の定番ですね。

同じリズムでやっていくともう一箇所で今度はゲーリーウェイブモーション1.8gのネコリグでバイトを引き出したもののフッキングできずorz

キャストは20投位したと思います。食うが、とにかく活性が低い。

そして三ヶ所目、これも手変え品変え20投位でつったのが1200g、6.5カットテールのネコリグ。

とりあえず釣れてくるバスはでかい、他のパターンを模索するよりも、沖側の活性は低いものの続けていけばチャンスはあると考えひたすらつり上がりながら釣っていきますが、佐原のクイで1本追加して終了となりました。ランガンして若草大橋上流までやりましたけれど・・・。


結果は6位・・・。


う~ん、微妙。正直ディープやりだした展開からシャローのパターンを模索するのは危険と判断しましたが、まあおそらくそれは正解だったように思います。

ただ、朝並みのストラクチャーに何十投もするべきストラクチャーが引き出しの中に少なかったことが敗因でしょうか。正直、沖側のストラクチャーで粘るべき場所というのが私の中で確立されていない。もっと修行する必要がありますかね。


ちなみに正解パターンは、シャロー。それもライトリグやノーシンカーなどの粘るつりや放置。優勝こそ根木名川で5600gでしたが、DDDシャッドのノーシンカー放置10秒というパターン・・・。根木名はプラからよかったようで、クランクやチャターでよくつれていたらしいが、当日は沈黙。速い釣りではなく、スローなつりが正解だったようです。

沖側のストラクチャーからはバスが抜けシャローに差していましたが、ただし活性が低いというのがこの日の状況だったようです。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/06/11 19:16 ] 利根川 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
フィッシング用品・アウトドア用品のTIEMCO(ティムコ)
最新インフォメーション
プロフィール

うなぎいぬ1091

Author:うなぎいぬ1091
トラウトルアーやバスルアー、偏光グラスの広報担当兼ロッド&ルアー開発。TBCなんかにも出ているらしい。ストマック調査とか痛ックル製作とかしてます。バス釣り大好き(^ω^) 痛ックル精鋭部隊(隊員№001)部隊長。今のあなたが知るはずもないのだけれど私はね【釣りがうまくなりたい】、ただそれだけの祈りで魔法少女になったのよ

気になるもの
ノーブルウィッチーズ 第506 統合戦闘航空団 飛翔! (角川スニーカー文庫)





ラブライブ! School idol project 園田海未 -夏色えがおで1,2,Jump! Ver.- (1/8スケール PVC塗装済み完成品)





ラブライブ!  ねんどろいど 矢澤にこ (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア)





































































































東方カウンター