うなぎいぬ&うさぎのこーちゃんによる日記です

180701TBC優勝!

DSC_1574.jpg


さて利根川です。とりあえずプラクティスから振り返っていきましょう。

プラは木曜と金曜。印象としてはとにかく連日晴天で南の爆風・・・。これは試合まで収まりませんでした。

これほど爆風がつづくのはまれだと思います。そして梅雨も早々に明けてしまい、水位は今年は低いまま。

流れもほぼ起きない。雨による影響は少なく、水位は安定傾向。



とりあえず木曜は全体像を把握。まずまったくバイトが取れなかったのが黒部川。沈船6個真面目にやってノーバイト。これで完全に黒部川を見切りました。

その流れで本流のピンスポットもやりますが私はまったくバイトをとることができませんでした。このあたりも切ることに。

そんな中でバイトがあるのはシャロー。

DSC_1577.jpg


木曜は3バイト1フィッシュ。数は少ない、そしてまとまってバスはいない、しかしでかい。キーポイントはストマック調査によるスジエビとテナガエビの捕食具合。よく食っている。

DSC_1592.jpg

DSC_1594.jpg


木曜はこれらをヒントにしました。水が落ち着いている状態がつづいている場合、バスは好き勝手広範囲に散っていく・・・。エビを求めて広範囲に散っていく・・・。エビがつくのは枝ぶりのよい冠水ブッシュやアシの根っこ、加えてシェードができるとこ。こういう所にエビは沢山いて、キャストするとエビが逃げる。そして爆風から千葉県側以外ありえない。千葉県側でも場所をよく選ばないとすさまじい濁り・・・。ちょっとした風のまくエリアや土壁なんかのエリアは濁りが少ない。やれる場所ではバイトはある。そんなヒントを考えながら翌日につなげることにしました。




そして金曜日・・・。

まぁこのあたりはフィーリングになりますが、なんとなく色々なシャローを見ていきました。正直、魚の濃い場所はやはり皆無。散っている。木曜より爆風で正直やるところが本当に少なかったのですが、本流のシャロー、枝ぶりのよいブッシュ+シェードでは食ってくる、それがしかもでかい!この日は本当に落ちパク。

DSC_1597.jpg

DSC_1601.jpg


エスケープツインのヘビテキでもゲーリーバックスライドホッグノーシンカーでも食う、キモは粘らないこと。シェイクしても食うわけではないのでとにかく沢山撃つことがキーポイントだと思いました。金曜は極めて活性が高く、食ったら凄い勢いで突っ走るほど高活性。

DSC_1581.jpg


中流域の各支流も見ていきますが、こちらも枝+シェードではバイトを得ることができました。なんとなく流していくスタイルではバイトは無く、支流に関してはとにかく深いシェード+枝、小さくても枝がキーのように感じました。リグに関してはこちらはゲーリーウェイブモーションのネコリグ。やはり落ちパク。っで、エビを食ってる。

DSC_1585.jpg


同じ条件だったので長門の入ったとこのブッシュもやってみると突っ走るバイトw

結局この日は5本で4600g程度。

天気も変わらず晴天、南の爆風が続く予報ですので、魚のポジションはそうかわらないだろうなぁと思いながら日曜日を迎えることとなりました。



そして試合当日。須賀0.50の珍しくハイタイドな試合に。


この日一番に選んだのは尾羽根川。なぜ尾羽かと言うと、1台入ったら上は独占できる見込みがあるため。結局ここで9:00まで粘りましたが1本だけ・・・。

ヒントをくれたのは野良ネズミマグナム。

泥底のドシャローを首振りで引いてくると、なんとゆっくりついてきた・・・!ゆっくりそのままついてきて、船べりでパクッと食べてくれました。それが1200g。

この一匹から推測すると、プラで活性の高かったバスたちもなぜか活性が落ちている。水温の急激な上昇?よくわかりませんが、とにかく動きがスロー。そしてポジションは変わっていない。

それまでヘビテキメインで釣りをしていましたが、ノーシンカー系にシフト。

一瞬根木名川が頭をよぎりましたが、尾羽根の状況を考えると爆発力は無いと考え本流を流すことを決意。


本流に出てすぐにバックスライドホッグでバイトが出て1本。やはりポジションが変わっていないことを感じ。そのままシャローを撃っていく展開に。結局1時間に一回位ぽつぽつとキロ前後のバイトが出続け気がつけば5本そろう形になりました。

釣れたのは何故かシェードの奥ではなく手前。崩れた土壁のアシやコンクリートブロック、枝ぶりのよいブッシュなど、とにかくなんでもよく、だからといってここぞという所では食わず、なんとなくよさそうなところでバイトがあるという展開。

12:30位にそろいましたが、その後はバイトも無く終了となりました。


結果優勝。


僅差でしたが最高の結果を出すことができました。

5年ぶりの勝利。ずいぶん遠ざかっていました。今年はいくつものチャンスに恵まれながら、モノにすることができない状態だったのでようやく最高の結果をだすことができました。

5年前の勝利もノリーズカップ、そしてヘビテキシャロー貫徹ゲームでした。

自分、シャローゲームの方が得意なんですかね・・・・・・・。そして最近は大江川での釣行が多いのですが、本当に大江川での釣りが役に立った試合でした。プレッシャーは関係ない、芯を捉えれば食う!そしてタイミング・・・。

ある意味、大江川に通うことで何か開眼したような気がします。

DSC_1612.jpg



関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/07/05 19:49 ] 利根川 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
フィッシング用品・アウトドア用品のTIEMCO(ティムコ)
最新インフォメーション
プロフィール

うなぎいぬ1091

Author:うなぎいぬ1091
トラウトルアーやバスルアー、偏光グラスの広報担当兼ロッド&ルアー開発。TBCなんかにも出ているらしい。ストマック調査とか痛ックル製作とかしてます。バス釣り大好き(^ω^) 痛ックル精鋭部隊(隊員№001)部隊長。今のあなたが知るはずもないのだけれど私はね【釣りがうまくなりたい】、ただそれだけの祈りで魔法少女になったのよ

気になるもの
ノーブルウィッチーズ 第506 統合戦闘航空団 飛翔! (角川スニーカー文庫)





ラブライブ! School idol project 園田海未 -夏色えがおで1,2,Jump! Ver.- (1/8スケール PVC塗装済み完成品)





ラブライブ!  ねんどろいど 矢澤にこ (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア)





































































































東方カウンター