うなぎいぬ&うさぎのこーちゃんによる日記です

180909利根川

さて利根川です。

プラは先週の金曜日、日曜日、試合前の金曜日。

今年は雨が少なく水の乱高下が無かったのですが、ここに来て台風やらゲリラ豪雨やらで水は変化し続ける状況に。

そんな中で釣れるエリアやルアーは日に日に変化していく状況なのかな?っと感じました。

食っている餌は今年はエビ系が続いていましたが、ココに来てボラ等の横方向のベイトフィッシュを食べるバスも増えてきた感じ。

DSC_0139.jpg
DSC_0128_2018091016210567a.jpg
DSC_0200.jpg


こうなったらとにかく、毎日考えながらすべてを試しつつ釣りをするしかない…。

大雨や水の水位変動はとにかく釣り方が劇的に変化していく…。大雨が降っている瞬間は食いが立ちますが、その直後から流れが強くなり、バスは避難行動を取るためエサを食わなくなる。避難場所は濁る前の水が残る、水の巻くような場所。そして水が落ち着き始めるとそこを基点にエサを食い出す。個人的な見解として、大雨の濁りのあと2〜3日後あたりがハイアピールな巻物や波動の強いジグなどのベストタイミングになると考えています。

こんな中で、やはりプラクティスも日替わり。

先週金曜日は水の落ち着き始めのタイミング。若草大橋上流のストレッチでシャローロール!

DSC_0146.jpg


ブレイク下から突き上げてくるバイトを何発かとり、さらに根木名川下流でも巻物でかなり簡単に1200gとかも混ざりつつ釣ることができました。他のエリアでも良い水を残す支流の小場所でプロトのスピナーベイトで連発!この日は沖の木は不発。バイトもない。

DSC_0116.jpg
DSC_0120.jpg
DSC_0134.jpg


そして日曜日…。バズで2発、1本デカイのが釣れましたが、巻き展開はすっかり影を潜めた感じ。

DSC_0168.jpg


この日はとにかく沖のバイトがやたら多い…。行くとこ行くとこで魚をキャッチ。これはヘビダンとネコリグ。この日は佐原周辺が吉。

DSC_0196.jpg
DSC_0172.jpg




そして直前金曜日。この日と土曜日は朝超満水から一気に流す展開で沖は壊滅。流れが強すぎて無理wシャローも一気に干上がるのでシャローもイマイチ。良い水を残すようなスポットやエリアではバイトが集中!具体的には道の駅佐原周辺と根木名川。道の駅佐原の下流テトラは水が超クリアで、ステルス110Sのようなプラグにも反応がありました。

DSC_0193.jpg


あとはクイにハーフスピンを当てて1本キャッチ。

DSC_0188.jpg


この日の流れは上流の大雨の影響。したがって根木名のような支流はあまり流れもなく、本流の魚が根木名下流に避難してきている感じがありました。やたら釣れましたが、あるホットスポットで4本?釣ったかな…。避難して一時的に待機する場所と考えているスポットです。それ以外にも根木名は火をふいた。

DSC_0197.jpg
DSC_0186.jpg



他には黒部川も見に行きましたが、ふたりで1時間やってバイトもなく今回は見切ることに。


そして試合当日…

考えてみると、今回のプラで根木名川だけは毎回魚をキャッチしていたのでそこからスタート!水の上下動に強いイメージは無かったのですが、今回の雨は上流部での雨が多く、中下流の川はむしろ避難場所として機能しているのかなと。

っが、着いて早々「なんか雰囲気が違うな」っと感じました。直前では濁っていても釣れた根木名。これは経験なのでなんとも言えないのですが、なんか違う。ボラが少ないし、水もなにか違う。水位は満水。

ホットスポットでもノーバイト。入り口のホットスポットでもノーバイト、巻いてもノーバイト…。

これは金曜から変わりつつあると判断。仕方ないのでいつもどおり、イチから組み上げることに。何なんだよ利根川…

とにかく何がいいのか?どこがいいのか?まったく見当がつかない。しかし、水の上下動の激しさと濁りからの回復がキーになると考え、また金曜からの南の爆風がこの日も続いていることから千葉県側を中心に組み立てていく。

いろいろやっていく中で、佐原のテトラで落ちパクヒット!流れに強いテトラですね。ルアーはパワーグライドジグ10gにフラッピンホグを具につけたもの。しかしとりあえずこの段階では決め打ちせず、ネコリグやスピナーベイト、フットボールなんかをテトラで撃っていきますが異常なし。その中でパワーグライドジグでもう1バイト。これはフッキングせず・・・。食いが浅いのか?っと考えベイトフィネスジグ3.5gとフラッピンホグJrの5gテキサスで探っていくと、かろうじてもう一本。落ちパク。しかし小さい・・・。

このあたりから、感覚としてやや濁りが強いこの状況下でボリュームのあるワームが吉なのかな?と感じ始めました。エリアは佐原のシャロー。ここはいい水を残している。そして止める必要は無い、落ちパクでバイトしてくる。シャローも沖も触りましたが沖側のほうがバイトが多い。沖に沈んでいる木は今日はつれない!

その流れで水の流れに強い乱杭を打っていくと強烈なバイト!しかし岩にこすれてラインブレイク(涙

ルアーは手変え品変えたどり着いたベイトフィネスジグ7gにエスケープツインをつけたボリュームたっぷりのルアー!

まだ食うはずと続けていくと、バイトがあるものの腕だけ食われてフッキングせず・・・。

ボリュームのあるルアーを入れていくとバイトが多いのですが、水の状況?なのかミスフッキングが多発する・・・。

正直なやましい。

他のボートが釣っているのを目撃。エリアは間違っていないはずと撃っていきますがバイトも遠く、このまま続けていても5本は無理と考え、時間的に移動を決意。

水は徐々に落ち始めましたが、予想よりも落ちなかった。

まぁとりあえず探り探りなので決め付けずにいろいろ移動。朝だめだった根木名川に再度入るとネコリグにバイト!しかしジャンプでバラす・・・。なんとなくつれるのかぁと感じ、下流をバックスライドホッグで攻めていくと一本!続けていきますがバイトが遠いので移動を繰り返し、残り最後5分で浚渫船のブイで強烈なバイトがありましたがこれもフッキングせず・・・・・・・。ルアーはベイトフィネスジグ7gのエスケープツイン。

何なんだよ・・・。

結果3本で13位。

つれていない状況下でしたが、バイトは得ていただけにそれをモノに出来なかった悔しさが残りました。


全体の話を聞いてみると、状況は回復傾向。しかしそれほどバスは多くない!水位がそれほど落ちなかったためシャロー優勢。濁りが徐々に回復していく中でシャローに上がっていく個体が増え始めるタイミングだと思われました。濁りがどこもあるため比較的ボリュームのあるルアーが吉、風の影響もあるとおもいますがノーシンカーよりもジグかテキサス!軽めではなくやや重めでしっかり落としていくことがキーポイントのようでした。そして共通して【落ちパク】。シャローの個体はえさを見つけたらアグレッシブにバイトしてくる感じではないでしょうか??エリアは中流から上流、回復しつつあるエリアが良いようです。

っとなると、

【シャローを淡々とランガン】

これがキモだったのかな?と思われます。居残り練習でスロープ周辺を淡々と流すと1時間で2バイト1フィッシュ、サイズは1100g位?

DmppG8cU8AI4w-i.jpg


う~ん、この正解に近い部分は行っていましたが、芯を外してしまった感じでしょうか・・・。


次回は早いもので最終戦。悔いの残らない試合にしたいです。


ま、日替わりなんで結局は、利根川は総合力が問われる場所なんですけれども。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/09/10 18:10 ] 利根川 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
フィッシング用品・アウトドア用品のTIEMCO(ティムコ)
最新インフォメーション
プロフィール

うなぎいぬ1091

Author:うなぎいぬ1091
トラウトルアーやバスルアー、偏光グラスの広報担当兼ロッド&ルアー開発。TBCなんかにも出ているらしい。ストマック調査とか痛ックル製作とかしてます。バス釣り大好き(^ω^) 痛ックル精鋭部隊(隊員№001)部隊長。今のあなたが知るはずもないのだけれど私はね【釣りがうまくなりたい】、ただそれだけの祈りで魔法少女になったのよ

気になるもの
ノーブルウィッチーズ 第506 統合戦闘航空団 飛翔! (角川スニーカー文庫)





ラブライブ! School idol project 園田海未 -夏色えがおで1,2,Jump! Ver.- (1/8スケール PVC塗装済み完成品)





ラブライブ!  ねんどろいど 矢澤にこ (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア)





































































































東方カウンター