うなぎいぬ&うさぎのこーちゃんによる日記です

190901利根川TBC

DSC_0383.jpg


さて利根川です。プラは3日間入りました。状況としてはかなり難しい・・・。初日は全くつかめず朝釣った2本のみ。2日目は5バイト3フィッシュ、そして3日目は船中18バイトで7匹釣って?5500g!厳しいからこそ釣れる場所に魚は集中している!そんなプラから振り返っていきます。

DSC_0368.jpg

DSC_0376.jpg



状況としてはゲリラ豪雨的な上流の雨で本流筋の水をとにかく嫌っている感じ。フィーディング場やそこから離れたエビ喰い場所にはバスたちがいない・・・。5日前から水の上下動が激しいので、キーとなる場所から離れたバスは本当に少ないなと感じました。しかし、徐々に回復傾向。水の巻くようなブッシュがらみの避難場所でじっとしている場所にはバスはいますが、このバスは数が少ない。圧倒的なのは【本流と異なる水】が入る場所。具体的には奇跡の水門や温排水系、佐原のテトラ水の巻くインサイド、そして各支流。特に支流系とテトラ帯は今年は魚が多い感じを受けていました。この前あった無酸素水による大量絶滅、そして最近多い雨による本流の水を嫌って、おそらく魚たちが入ってきているのでは??そしてベイトも酸素もあるその場所に居ついてしまっていると感じていました。

DSC_0371.jpg

DSC_0398.jpg







まずテトラ。これはパッと見ていい水がある場所は魚が多い!釣り方はシンプルにチビツインのリーダーレスDS7gを落とすだけ!スローダウンしても食うわけではなく、餌を食うモードになったバスはシンプルに早く落とすことが重要。穴に落として乗り越えてリフトフォール。キーパーサイズも多いのですが、1400gとかも食う。1時間やって2バイトくらい出る釣りなので、このテトラ撃ちは熱いなと思っていました。ストマック調査ではなぜかエビを食っておらず、ゴリ系を食っていた。最近あまり見かけない傾向である。

DSC_0372.jpg


そして本流の水と異なるということで各支流!正直どこでもよかった。尾羽根川・十日川・小根木名川等々。ただ、少し癖がある。減水しているときにしか食わない・・・。増水時にルアーを入れると何故かノンキー地獄w

DSC_0395.jpg
DSC_0394.jpg


DSC_0401.jpg


DSC_0390.jpg


また、食っている餌が横方向に泳ぐ小魚系を食っているということ。どうやら減水するとボラなどの小魚を追い込みやすくなるらしく?でかい魚が差してくるようである。加えて日中になるとボラがシャロー側に浮くので朝基本的に釣れない。っということで中途半端な水深のあるシャローではなく、ボートの腹を擦ってしまうようなシャローが吉。川筋でも、深い側ではなく浅い側にバスがいる。サイトで目視できます。


DSC_0389.jpg
DSC_0386.jpg


朝に関してはバスティンツイスター ソロウォーカーやバックスライドホッグなどのルアーでもOKですが、ルアーに関しては速めに落ちるルアーがよかった。ベイトフィネスジグ10g+チビツインがメイン!ほかにはチビツインのリーダーレスDS7g。遅く落としたり、放置したり、シェイクしたりすると白けて食わない。あくまで目の前に落とした時のリアクションと落ちた時の泥煙幕、加えてそこから泳ぎながら逃げているアクションを続けると食ってくる。

余談ですが、なぜチビツインのリーダーレスDSなのか?

基本的に私は14gのエスケープツインのヘビテキからスタートします。それはしっかりどこにでも入る重さと壊れにくさ、扱いやすさがあるためです。しっかり芯をとらえたエリアなら、利根川のバスはそれでもしっかり食ってくる。だから初めはツインのヘビテキ。

しかしミスするときもあるのがこのスタイル。エリアが定まってくるとそこまでバルキーでヘビーなルアーは必要ないこともあるので、その場合チビツインになっていく。

そしてこのチビツイン、リーダーレスDSやベイトフィネスジグとの相性が抜群!リングの可動部があるために【ハヒュハヒュ!!】っと何とも言えない動きが出る。どうやらそれが良いらしく、当然可動部のあるベイトフィネスジグとの相性も抜群となるわけです。もともとはカリフォルニアパドルを使用していましたが、いまは完全にチビツインです。

リーダーレスDSはテキサスに比べ、カバーに意外と絡んで使いにくい・・・。またスキッピングが不可能になるのですが、バイトは多いですね。

DSC_0421.jpg
DSC_0419.jpg





そして試合当日・・・水が多かったので迷いました・・・各支流相当上まで登って釣りますがやっぱり全く釣れないw場所によっては30分でノンキー6本というノンキー地獄wやっぱり増水時は釣れないのねってことで本流筋の各所を回りましたがやはり異常なし。

10:00まで一本・・・

新しく探すか?正直迷いましたが、減水時の各支流は釣れるはずと考え再度各支流にアタック。

それがよかった。

あのノンキー地獄だったストレッチからノンキーが消え、すべてキロ前後にがらりと魚が変わっていました。サイトで目視できるので間違いない。おそらく増水時はノンキーがエビを捕食するために入っている。減水するタイミングと日中の日差しでボラたちが浮き、それを狙うビッグフィッシュがさしてくる。

あまりに浅いのでサイトがらみ。ベイトフィネスジグ5g+フラッピンホグJrでも十分リアクション効果が出る浅さだったので結局これメインで釣っていきました。ボラフィーディングのバスを狙う形。エビ好きな利根川のバスですが、何故か今のビッグフィッシュはエビを食ってない。やはりキモは減水しないとビッグフィッシュはシャローにさしてこないというところ。増水時はマメしかいない!

通常エビ食いのバスはシャロー側を見ながら徘徊しますが、ボラ食いの場合、沖を見ながらジッと影に隠れている。水が少ないとボラを追い込みやすいらしい。リアクションで「ピュッ!」っと落としてすぐ泳がすと反応する。だが沖を見て待機しているバスなので近づくとこちらに気が付いてすぐ逃げる・・・しかし近づかないと見えない・・・。何匹もでかいバスが目の前から逃げていくのを目撃しました。みつけてキャストするとその動作でビビッて逃げるw

そんなこんなで最終的には6匹釣って入れ替えて4641g2位という結果でした。一匹マメが最後までライブウェルに残ってしまったのでそれが敗因ですかね。

あ、あと横利根逆ワンドもスペシャルに良かったようです。本流の水を嫌って逃げ込んでいたのでしょうか??

次回も頑張ります。

関連記事
スポンサーサイト



[ 2019/09/02 17:50 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
フィッシング用品・アウトドア用品のTIEMCO(ティムコ)
最新インフォメーション
プロフィール

うなぎいぬ1091

Author:うなぎいぬ1091
トラウトルアーやバスルアー、偏光グラスの広報担当兼ロッド&ルアー開発。TBCなんかにも出ているらしい。ストマック調査とか痛ックル製作とかしてます。バス釣り大好き(^ω^) 痛ックル精鋭部隊(隊員№001)部隊長。今のあなたが知るはずもないのだけれど私はね【釣りがうまくなりたい】、ただそれだけの祈りで魔法少女になったのよ

気になるもの
ノーブルウィッチーズ 第506 統合戦闘航空団 飛翔! (角川スニーカー文庫)





ラブライブ! School idol project 園田海未 -夏色えがおで1,2,Jump! Ver.- (1/8スケール PVC塗装済み完成品)





ラブライブ!  ねんどろいど 矢澤にこ (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア)





































































































東方カウンター