うなぎいぬ&うさぎのこーちゃんによる日記です

190929利根川TBC

さて9月末のTBCです。

1569362925047.jpeg


この時は日によっては暑いものの、水温も徐々に下がり気味。あれだけパワーのあった支流もすっかり影をひそめる形に。
24日はロケで利根川に出たのですが、一日やって3本のみ・・・。根木名で2本、奇跡の水門で1本。正直外している。

数日掛けていろいろな場所を見てみるとわかったことは、

・バスは散っているサイト出来る状況になると超シャローにもバスはいる、でもそんなにいない。沖にもいる。だが、活性は低いか高いか?極端。活性が低くてもシャローで見つければスモラバ提灯のマイクロピッチシェイクで食わせられる。ただし、滅多に見え見えの状況にはならないだろう。

・大場所を起点にして動いている。餌を求めて遠方まで足を伸ばしているバスは少ない。キースポットとなる場所から近くのシャローを行き来している。

・横方向の小魚捕食。何らかのスイッチが入っている状態だとなんでも食う。いても食わない時もある。ただしスイッチが入っていない状態は相当粘らないと食わない。

・入りなおすとあっさり食うことも多い。

・ふんわり落としても反応が薄い。基本的には素早く落とすか?素早く入れて逃がすか?リアクションでルアーを襲わせる。ルアーはウェイブモーションの・ネコリグ・スイムジグ・シェイキーワームのネコリグ・チビツインのリーダーレスDS7g・ベイトフィネスジグ5g・ロベルタ等々。

っということでした。

DSC_0339.jpg
DSC_0591.jpg


これらをもとに試合へ。

何をやるか?正直迷いましたが、とりあえず誰もがやるシャローの見える有名なピンをランガンして下ることに。っが、これが全く機能せずノーバイト・・・。日が上がらないとピンに入らないかもしれない?よくわからないがとにかく【速め】【一級ピンスポット】をキーにして撃ちますが駄目。結果論ですが、風が吹いたり、日が出たり、そんな変化が起きないと沖のピンには入らない気がしました。穏やかな夜のうちにシャローに差し、朝のうちはシャローに依存している可能性が高い気がしました。このときは完全に失敗した・・・。

DSC_0643.jpg
DSC_0645.jpg


パワーの落ちていた支流も触りますが駄目

そこからはいろいろやりました。っが、まったく魚に触れることができずに時間は12:30。そうは言っても、焦っても釣れないんだよね、なんて考えながらまた若草上流の沖のピンに入るとウェイブモーションの1.4gネコリグ、一投目でバイト!この場所はやる気スイッチが入っているのかも?っということで、その場所を中心に3Dソナーを駆使してブレイク沿いの場所や枝の濃いところを丹念に撃ちこむ。

すると、いい場所ではすぐにバイト!結局そこから合計4本釣って、結果4位・・・。一見すると何も起きていないが、水中では何かが起きてスイッチが入っているようだった。

一瞬のチャンスをしっかりモノにした形でした。

おもえば、最近の利根川は一瞬のチャンスをモノにしないと釣果が伸びない・・・。一瞬の積み重ねが年間成績に繋がってくる。まぁ、どこのフィールドも同じだと思うのですが。

特に秋は魚自身が縛られるものがなく、また餌も散っているので数を稼ぐのは難しいですね・・・。

DSC_0631.jpg
DSC_0636.jpg
DSC_0638.jpg
関連記事
スポンサーサイト



[ 2019/10/21 18:02 ] 利根川 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
フィッシング用品・アウトドア用品のTIEMCO(ティムコ)
最新インフォメーション
プロフィール

うなぎいぬ1091

Author:うなぎいぬ1091
トラウトルアーやバスルアー、偏光グラスの広報担当兼ロッド&ルアー開発。TBCなんかにも出ているらしい。ストマック調査とか痛ックル製作とかしてます。バス釣り大好き(^ω^) 痛ックル精鋭部隊(隊員№001)部隊長。今のあなたが知るはずもないのだけれど私はね【釣りがうまくなりたい】、ただそれだけの祈りで魔法少女になったのよ

気になるもの
ノーブルウィッチーズ 第506 統合戦闘航空団 飛翔! (角川スニーカー文庫)





ラブライブ! School idol project 園田海未 -夏色えがおで1,2,Jump! Ver.- (1/8スケール PVC塗装済み完成品)





ラブライブ!  ねんどろいど 矢澤にこ (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア)





































































































東方カウンター