うなぎいぬ&うさぎのこーちゃんによる日記です

TBCタックル紹介( ジグ編)

TBCで使用した、タックルその二。


ジグのフリッピング編です
(・ω・´)





~ジグ用~

ROD:TAV73CMH-TJ
なによりまず、バランスの取れたテーパーデザインが素晴らしい。決して軽くないロッドですが、その重量を感じさせないロッドです。フリッピングで7~14gのジグ打ちをするときには、最高のロッドです。

「パリッ」っと張りがあるブランクで、なおかつ若干ファーストテーパー気味のアクションは、軽快にジグを操ることが可能。通常のフリッピンスティックは、重量があるために、どうしてもアクションが雑になったりしがちであるが、このロッドに関しては、そういったことがない。

さらに、アラミドヴェールのブランクは、魚が掛かった後、トルクフルなパワーを発揮。この「ジグの操作性を司るブランクのハリ」と「魚が掛かった後の追従性を担う、ブランクのしなやかさ」プラス「軽さ」を融合させることは、他の素材では絶対不可能。これぞアラミドヴェールの真骨頂です。

加えて、ピッチングを織り交ぜてキャストする時は、ティップまで張りのあるブランクとこの長さ、軽さがまた生きてくる。

回収した時の勢いで、振り子を作り、手でジグを握らず、そのまま次のキャストに移ることが可能。ティップが柔らかいロッドだとキャストが定まらない。また、ショートロッドだと、振り子だけでは十分な加速が得られず、ピッチングの距離が伸びない。フリッピングからピッチングへと自在に、無駄のない一連の動きが作り出せるこのロッドは、自分にとってなくてはならないロッドの一つです。

ただ、あくまでもフリッピングメインで、ピッチングを織り交ぜて使うためのロッドです。浅い場所のアシなんかを狙うときは、フリッピングではどうしてもプレッシャーを与えてしまうこともあります。ピッチングだけなら、6フィート程度のショートロッドを使用し、ロールピッチで打ちまくります。なぜかというと、操作性が向上するためです。使い分けてます。


またTAV73CMH-TJは、それほど濃いカバー向きではないです。あくまで、テトラやアシ際でのフリッピング用で、なおかつ軽快にアクションさせ、ランガンしていくロッドです。ヘビーカバーには、TAV-GP76CH-TJを使用します。また、軽いジグを落とすだけならS-TAV76CMH-TJとかがいいです。無論、これも使い分けです。どういったことに重点を置くかで、使い分けをします。

最新のロッドは無論、技術的にもすぐれているし、同じコンセプトで、同スペックのロッドを作れば、さらにいいものができるでしょう。感覚的には、S-TAV73CMH-TJなんてスペックがあれば最高。多分、売れないね・・・。
(  ̄ω ̄)・・・。

カリカリのレーシング仕様、より軽さと軽快さを突き詰め、トルクはアングラーの技量でカバー。テレスコ・脱着グリップも排除、利便性を無視した、

GWT-73CMHJ


っていうスペックなんてのもいいかもなぁ。ま、でもマニアックすぎるな・・・。
(゜ε゜)





REEL:スコーピオン1001Mg
左巻きです。昨日と言ってることが違うぢゃないかなんて言われそうですが・・・。こちらはピッチングを織り交ぜて使っていたことと、より細かなアクション重視で使用していたためです。やはり、利き腕でアクションできることは、大きなアドバンテージになります。使い分けてます。

このスコーピオン1001Mgを使用する理由は、まず軽いということ。そして、私の手のサイズにあう小ささ。重要なのはハンドル長。ダイワさんのハンドルや、シマノのロングハンドルは、私の手のサイズではうまく巻き取ることができない!ゆっくり巻くなら問題ないです。ただ、ジグを高速で回収し、ランガンするとなると別。高速巻き取りになると、ヒトそれぞれこのハンドル長は、あう合わないがあると思います。この手の釣りではピクシーを使われるヒトが多いと思うのですが、ギア比が低いこととハンドル長が長いことで、私はジグワーム系には使えません・・・。いいなっと思った、アルデバランはハンドルが長いのでムリでした。おそらく、ハンドルを付け替えれば最高。自転車の世界では、数ミリ単位で、クランク長をセッティングしていきます。リールも同じだと思うんですが・・・。





LINE:R-18フロロリミテッド20LB.
昨日の内容を参照~。





LURE:ゼロワンジグ11g+カリフォルニアパドル
正直、ジグに関しては勉強中・・・。なぜなら、去年の夏までほとんど使わなかったからです(フットボールや小型のジグは別)。使うようになったのは「やっぱでかいのがつれる」からです・・・。今のところ、カバー周りではゼロワンがいい感じ。ガードの強さやすり抜け感、線径に対してフックが強いこと、コンパクトで関東では使いやすいなどがその理由。なにせカバーに強い。ただ、これだと30センチ位のバスにはちょっとでかい気がする。別にプライベートならいいが、試合中はちょっとね・・・。ゼロワンよりコンパクトで、フッキング良好。フックの強さは一緒、なおかつカバーに強いジグがあるといいなぁ。でかい魚を狙いつつ、小さい魚も掛かってくれると精神的にもいいよなぁ。

個人的にはハンハンフレックスのように、ワームでガードするタイプがいいと思う・・・。重くなるとバラシやすくなるはずなんで、うまいことセッティングしないとダメでしょう・・・。そういえば昔、ジッパーでオフセットフックのついたジグが出してましたが、売れてなかったね・・・。ザビエルでやってもいいんですが、いかんせんラバーがフレアしたときのシルエットが、でかいので気になる・・・。
(;´д`)

トレーラーはカリフォルニアパドル。忘れられた名作・・・。そのまま使ったり、ウルトラバイブ状にカットしたり、真ん中からカットして使ったり・・・。なんせいろんな使い方ができるのがいい!艶めかしい色合いは、やっぱりバスを引き付けるんだと思います。まぁ、とにかく釣れるワームです。バスは間違いなく、カリフォルニアパドルが大好きです。



関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/04/18 00:00 ] タックル関係 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
フィッシング用品・アウトドア用品のTIEMCO(ティムコ)
最新インフォメーション
プロフィール

うなぎいぬ1091

Author:うなぎいぬ1091
トラウトルアーやバスルアー、偏光グラスの広報担当兼ロッド&ルアー開発。TBCなんかにも出ているらしい。ストマック調査とか痛ックル製作とかしてます。バス釣り大好き(^ω^) 痛ックル精鋭部隊(隊員№001)部隊長。今のあなたが知るはずもないのだけれど私はね【釣りがうまくなりたい】、ただそれだけの祈りで魔法少女になったのよ

Twitter
pixiv
タグは痛ックルです
気になるもの
ノーブルウィッチーズ 第506 統合戦闘航空団 飛翔! (角川スニーカー文庫)





ラブライブ! School idol project 園田海未 -夏色えがおで1,2,Jump! Ver.- (1/8スケール PVC塗装済み完成品)





ラブライブ!  ねんどろいど 矢澤にこ (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア)





































































































東方カウンター