うなぎいぬ&うさぎのこーちゃんによる日記です

霞ヶ浦・利根川水系における、ベイトフィネスの優位性





『ベイトフィネス』に関しては、

なにやらメーカーが仕掛けているブームのように言われてますが、

それは違います。(私が言うのも変ですがw)

『ベイトフィネス』に関しては、ベイトリールの劇的な(本当に劇的な)進化によって生まれた、必然の流れだと言えます。

沢村氏がチューニングを手掛けた、『KTFレボエリートワークスフィネス』の登場によって、その流れが生まれたといってもいいでしょう。

どの位のものが投げられるのか?

いわゆる普通にスピニングで扱うルアーです。

1/32oz.のフリックシェイク4.8ジグヘッドワッキーや、3インチヤマセンコー、1/16ozのスモラバ、イモグラブ等々です。

誤解しないで頂きたいのは、ただ『投げられる』というレベルではないということです!スピニングよりもはるかにストレスなく使えるというレベルなのです。ピッチング・キャスティングとも、ストレスなく使えます。

この辺りのニュアンスは、リールを投げていただかなと伝わりにくいですが…。





『別にライトリグはスピニングで問題ないでしょ』






っという考えもありますが、

たとえば、逆に考えてもらうとわかりやすいかもしれません。



『霞水系で5gテキサスを、スピニングで釣っていく』

『アシ際へ、9gジグをスピニングを使用しピッチングで釣っていく』



…。



ラインの太さの問題はとりあえず無視したとしても、私なら間違いなく釣果がさがりますねorz


正確に『撃つ』『落とす』『操作する』自信がありません(・ω・`



無意識にベイトは重いものを操作するために使っているのですが、実は『ベイトのほうが操作性がいいから、ベイトを使っている』っという部分も大きいのです。




つまりベイトフィネスを導入すれば、今まで以上にライトリグを正確に『撃つ』『落とす』『操作する』ことが可能になるわけです。

そもそも、ライトリグが必要になるシチュエーションとは、『正確さ』と『繊細さ』が必要になるものです。



ベイトでライトリグを操作する、そのメリットは想像以上です。

今回の試合はワッキーリグがメインでしたが、結局スピニングでは投げませんでしたから…。

いや、正確にはプラでは投げたが、あまりの操作性の悪さに投げるのをやめてしまった。

いままでスピニングで使っていたくせに(笑)



操作性重視のライトリグの釣りでは、私はもうスピニングには戻りませんね。

特に霞・利根川では、ベイトのほうがメリットとなる部分が、デメリットとなる部分よりもはるかに大きいからです。



今回の試合で心底思いました。





いままで、なんて雑にライトリグを使っていたんだろうと…。





こんなんじゃ、つれるバスも釣れなくなる。

いや、釣り逃していたバスがいかに多かったか…。



最後に釣り上げた2011gのバスは、間違いなくタックルの勝利です。

水門の奥カドにたまっていた、小さな浮きゴミだまりの15センチ程の小さなポケットにジグヘッドワッキーをキャスト。


フリーフォールさせて、ステイ。岩を一個乗り越えてまたステイ。

その数秒後に、ラインが跳ねるバイト。


そして、6ポンドラインでのファイト。

今回は、アフターのスローなバスをジグヘッドワッキーで探っていくのがとても効果的だったこともあり、

間違いなくあの魚は、ベイトフィネスタックルでなくては食わせられなかったし、キャッチまで至らなかったと思います。





『リールありき』のシステムであり、リールが取り上げられることが多いベイトフィネスですが、

それに合わせるロッドも非常に大切です。

むしろ、そのテーパーデザインの重要さはスピニングよりもはるかに重要といえます。

何故なら、スピニングのように、



『ドラグに無駄なパワーを逃がすことができない』



からです。

変なテーパーデザインのロッドを使ってしまうと、フッキング時のラインブレイク、ファイト時の突っ込みによるラインブレイクを招いてしまいます。



『ベイトフィネス用ロッド』と『ベイトフィネス用リール』



この2つがなくては、『ベイトフィネスシステム』は絶対に完成しません。




他のフィールドは経験がないのでわかりませんが、

間違いなく数年後、特にトーナメントにおいては霞・利根川ではスピニングの出番はほとんどなくなるでしょう。

『軽いものを投げるから、スピニングを使用する』時代は、完全に終わりを迎えたといっていいです。



それでもスピニングに優位性があるとすれば、

『ドラグを使える』

『より糸フケを出せる』

『ソフトハンドで握りやすい』

っといったところでしょうか…。



いずれにしても、

早く導入したアングラーがそのアドバンテージを得ることができます。

みんな使ってしまったら、アドバンテージはなくなりますからね…。



ハミンバードのサイドイメージのように、

『持っていることよりも、持っていないことのデメリットが大きくなる』

時代が、もうそこまでやってきています。




関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/05/28 17:25 ] 釣りいろいろ | TB(0) | CM(9)
む~ん

語りますねぇ~

優勝者の言葉は重みが違う
[ 2010/05/28 21:42 ] [ 編集 ]
深イイお話でした・・・。

考えてみれば当たり前の流れなんですよね。

かつて初心者だった頃、みんなセンコー4インチはスピニングで投げてた。
でもうまくなったらベイトで投げます。
その方が利点があって釣れるからですよね。

なら今までセンコー3インチをスピニングで投げてたけど、道具が進歩してベイトで投げられるようになったらどうするって言ったら、そりゃベイトで投げるほうが釣れますわ・・・。

カスミ水系だけでなく、リザーバーでも間違いなくこれから広がっていくと思います。
パワーフィネスを駆逐して。
[ 2010/05/28 23:32 ] [ 編集 ]
説得力アリアリですな。

実際そのタックル使って勝たないとここまでの説得力でないわな^^

私もがんばりますよ~

K.T.Fも導入かな!?
[ 2010/05/28 23:46 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/05/29 00:18 ] [ 編集 ]
>ロン@リバさん


ヘンタイな内容もいいですが、

たまには真面目にと思いまして
(∀`*)ゞ
[ 2010/05/29 08:47 ] [ 編集 ]
>Tzさん


やったことないんでアレですが、

琵琶湖とかでも相当なアドバンテージになると思いますよ♪
[ 2010/05/29 08:49 ] [ 編集 ]
>アチ★ベスさん


とりあえず、もう二台買おうと思います
(∀`*)ゞ
[ 2010/05/29 08:52 ] [ 編集 ]
>?さん

無論、軽いPEでセッティングすればレスポンスは上がります。また、フロロでも糸巻き量を極限まで減らせばさらにレスポンスは上がります。(私は40m位ですが)

ただ、イモグラブのノーシンカーがストレスなく使えるレベルですから、それ以上のレスポンスが必要かはわかりませんが…。

ただ、スプールは軽いにこしたことないので、PEにすれば当然通常よりも軽いルアーをストレスなく使えるのは間違いありません。



また基本的にはベイトフィネスは、スピニングでやる釣りをベイトタックルで行うシステムであり、ヘビーカバーを打つシステムではないのですが、14ポンドとかを糸巻き量を減らして使用して、極限のライトリグでカバーを攻めるのはありだと思います。


またPEを使用した、パワーフィネスをこのベイトフィネスで行えば、よりアキュラシーがきくのでそれも大きなアドバンテージになるはずです。



しかし、私はほとんどPEは使用しません。

PEはラインが軽く延びがない関係で、フロロに比べると『ルアーをアクションさせる』面での性能がスポイルされてしまうためです。
また利根川においては、ウッドカバーよりも岩系のストラクチャーが多いため、細いPEはラインブレイクの可能性が極めて高くなってしまうため、PEの出番はほとんどありません。



参考になりましたでしょうか??
(^ω^
[ 2010/05/29 09:16 ] [ 編集 ]
有難うございます!
見ず知らずの者に、親切に有難うございます。

なんとなく、カバーを打つものと勘違いしてました。的確なご回答有難うございます。

是非参考にさせて頂き、1タックル揃えてみようと思います。

御親切に有難うございました!
がんばって下さい!
[ 2010/06/01 10:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
フィッシング用品・アウトドア用品のTIEMCO(ティムコ)
最新インフォメーション
プロフィール

うなぎいぬ1091

Author:うなぎいぬ1091
トラウトルアーやバスルアー、偏光グラスの広報担当兼ロッド&ルアー開発。TBCなんかにも出ているらしい。ストマック調査とか痛ックル製作とかしてます。バス釣り大好き(^ω^) 痛ックル精鋭部隊(隊員№001)部隊長。今のあなたが知るはずもないのだけれど私はね【釣りがうまくなりたい】、ただそれだけの祈りで魔法少女になったのよ

Twitter
pixiv
タグは痛ックルです
気になるもの
ノーブルウィッチーズ 第506 統合戦闘航空団 飛翔! (角川スニーカー文庫)





ラブライブ! School idol project 園田海未 -夏色えがおで1,2,Jump! Ver.- (1/8スケール PVC塗装済み完成品)





ラブライブ!  ねんどろいど 矢澤にこ (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア)





































































































東方カウンター