うなぎいぬ&うさぎのこーちゃんによる日記です

私が使うフットボール用のロッド~ENG65CMJ~


さて、

私が現在、キャリラバ用で使用しているロッドは、



エリートエナジーENG65CMJ


です。全体的にビシッっと張りがあり、若干レギュラーよりのテーパーを持ったミディアムクラスのロッドです。

私の中では、かなり【ドンピシャ】なロッドですね…。



これで、1/2ozのキャリラバを操っていきます。



昔からフットボール用のロッドといえば、TAV58CMHJのような短くて硬いロッドや66CMHJ位でカチカチなロッドが好まれている傾向が強いといえます。

以前は私も、TAV58CMHJやTAVGP66CMHJなんかを使っていましたが、しかし



『俺には、なんか違うな…。』



って感覚を持っていました(あくまで私個人の感覚の話)



だからといってティップだけ柔らかいロッドは、フットボールを跳ね上げさせられないし、なによりフットボールに重要なクイックなアクションをつけられない。それは絶対に釣れないと思う。


ことフットボールにおいては、自分自身のアクションがバスを誘うすべてです。思い通りのアクションが出すことが釣果を伸ばす上でとても大切なことだと思います。

だからこそ、自分自身のイメージ通りにフットボールを操れるロッドは釣果に直接結び付く大切な部分だと思います。


テクナ・ゴールデンウィング・エリート各モデルの66CMなんかも少しファーストテーパーで、ジグを持ち上げたときの操作感がなんか私には違うな…。と感じていました。これは微妙な感覚の話ですが。





イメージは、ありました。



『TAV58CMHJを若干長くして、テーパーはそのままの感じ。できればテクナではない素材のミディアム位のロッド』



です。



58っという長さは、ロッド全体の力で1/2ozジグを跳ね上げさせるにはパワーがない。短すぎる。だからといって、長すぎるロッドは操作性が落ちるが。感覚的に64~66位かな…。

テクナは、曲った部分からさらに曲がっていく感覚があるので、ジグを跳ね上げた時になんかこう、しっくりこない。MHくらいでは感じませんが、Mくらいになるとそれを感じてしまう。だから、TAV-GP60CMJなんかもフットボールにはしっくりこない。ピッチングテキサスには、ドンピシャですが…。

あえて硬いロッドではなく、ミディアムクラスのロッドを選ぶ理由としては、ロッドの反発を利用したほうが、ジグを跳ね上げやすいと感じていたからです。硬いロッドよりも、若干柔らかいロッドのほうがキャスティング時良く飛ぶのと同じ原理です。ロッドに仕事をさせるということです。


ずっと悩んでいました…。




っが、今年の新製品ENG65CMJを触って思いましたね、コレだと…。




まぁ、ここの話はあくまで私個人のリズムにハマるかどうかといった話です。人によってはだいぶ違う結論を出す人もいると思いますが…。いずれにしてもENG65CMJは私のキャリラバ用ロッドとしては最高のロッドですね。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/09/15 23:48 ] 釣りいろいろ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
フィッシング用品・アウトドア用品のTIEMCO(ティムコ)
最新インフォメーション
プロフィール

うなぎいぬ1091

Author:うなぎいぬ1091
トラウトルアーやバスルアー、偏光グラスの広報担当兼ロッド&ルアー開発。TBCなんかにも出ているらしい。ストマック調査とか痛ックル製作とかしてます。バス釣り大好き(^ω^) 痛ックル精鋭部隊(隊員№001)部隊長。今のあなたが知るはずもないのだけれど私はね【釣りがうまくなりたい】、ただそれだけの祈りで魔法少女になったのよ

Twitter
pixiv
タグは痛ックルです
気になるもの
ノーブルウィッチーズ 第506 統合戦闘航空団 飛翔! (角川スニーカー文庫)





ラブライブ! School idol project 園田海未 -夏色えがおで1,2,Jump! Ver.- (1/8スケール PVC塗装済み完成品)





ラブライブ!  ねんどろいど 矢澤にこ (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア)





































































































東方カウンター