うなぎいぬ&うさぎのこーちゃんによる日記です

ベイトキャスティングに対する疑問

今日の話は、あくまで私個人の見解ですので話し半分に聞いてくださいね。
(´・ω・`)



ちょっとバス釣りをかじっているひとなら、











このような手の形でキャスティングするのは誰でも知っているし、常識でもある。

手を横にして、手首をスムーズに利用してキャストする。

てゆうか、そうやって教わるはずである。




しかし私は、昔からこのキャスティング方法に疑問を持っていました。














この形のほうが、ルアーがより遠くへ飛ぶのではないか?場合によっては投げやすいのではないか?っと。とくに両手投げの時にそれを感じやすいと感じていました。



このリールが上部にくるキャストは、軽いルアーを投げるときに顕著に感じる。むしろ、ルアーが軽い場合、リールが上にくるキャストのほうが投げやすい感覚がある。

重いものをチョイ投げるときは、それほど大きい変化を感じない。





【手首を自由に使えるから、キャストがうまくいく】

っというのは、単純すぎるのではないかと思うのです。


それはロッドというものが、ガイドにラインが通ることによって構成されているからだ思っています。






リールが横の状態だと、キャスト時、ルアーの負荷がブランク全体にではなく、若干ブランクがねじれる方向に力が加わってきてしまいます。ルアーの負荷が一方方向ではなく、多方向に分散してします。

この辺りは力学・ベクトルの関係だと思いますが、物理学には詳しくないのでうまく説明できません…。


一方リールが上にくる状態だと、キャスト時、ルアーの負荷がブランク全体にしっかりと乗ってくる。無駄な力が逃げずに、ブランク全体に伝わってくる。




細かい理論は正直よくわかりません。ですが、

手持ちのリールとロッドにラインを通して試してみるとよくわかると思います。



どこかにラインを結んで、ロッドを曲げてみる。


リールを真下に向けてブランク全体を曲げるのと、

リールを横にしてブランク全体を曲げる。



誰がやっても、リールを真下に向けてブランク全体を曲げるほうがスムーズにロッドが曲がり、同じ力を加えてもブランクが良く曲がるのを体感できると思います。




これこそが、リールを上部に向けてキャストする投げやすさ・飛距離の原因なのではなのかと思うのです。






ただ、手のひらと指で上下でしっかり支える手を横にしてキャストする方法のほうが、確かにロッドを力強く握れるのは当然あります。

ですからこのキャストは、【両手投げが必要になる時】【使用するルアーが軽い時】に最もその効果を感じると思います。



だまされたと思って、今度みなさんやってみてくださいね…。クレームはお受けできませんがw








しかし最近、これはリール横投げでも、とてもスムーズにロッドが曲がり、キャストフィールがずば抜けてよくなるなと感じたロッドがあります。




それは、フィネスガイドシステムを搭載した、2011年ベイトフィネスロッドです!




ガイドが小口径になりブランクにガイドが近づくことで、ブランクに対してねじれのベクトルが極小に抑えられ、なおかつガイドの数が増えることによってスムーズな力の伝達を行い、ロッドの力を最大限に利用することができる。

これをキャストした時は衝撃が走りましたね…。凄い時代が来ましたよ…。

とかくガイド全体重量の減少や感度アップが語られるフィネスガイドシステムですが、この



キャストフィールの向上


というのは、特筆すべき点でもあります。このキャストフィールは惚れますよ♪







・フェンウィックオリジナル「フィネスガイドシステム」

Fuji MNSTトップ+KTSG+LNSG(全てチタンフレームSICリング)をオリジナルセッティング。ラインのブランクへの干渉を極力抑え、ブランクのスムースなベンドとネジレを抑制するマイクロサイズをティップ部に配置。徐々にサイズを上げてバット部にはバットパワーをアシストするダブルフットLNSG7,8を用いています。ラインの放出時の抵抗を軽減するとともに、整流効果を高めてティップ部へ向かってスムースなライン放出を実現しています。

また、バット部のガイド位置、サイズにはフィネスフィッシングには欠かせない、ラインスラックを巧みに利用する誘い、アプローチへのアシスト効果もあります。

ガイド数を増やし小口径化することで、ラインとガイドとの接点が増えて感度がアップします。また、ブランクのベンドカーブへの追従性が高まり、ブランクの持つ性能を最大限引き出すことが可能なっています。しかし同時に感度を上げ過ぎる、ラインのテンションを張りすぎる場合があることを度重なるテストの結果認識した私たちは、誰でも簡単にフィネスな誘いを可能にするために、あえてラインスラックを出しやすい傾向にあるセッティングを施しました。繊細なシェイクやリフト&フォールでは不可欠なガイド間のラインのたるみ。それをガイドが勝手に奪ってしまうことのない、釣るための実戦的なセッティングなのです。ガイド位置は同じ長さのロッドであってもアクション別に最適な位置に設定。スペシャリティーラインにふさわしい、徹底的に磨き上げたセッティングです。


2_20101021105008.jpg


3_20101021105021.jpg





5_20101021105053.jpg




ロッドとは物理学の面も併せ持つと考えています。

力学とベクトルを操ることで最強のロッドが生み出されると思いません?





アニメ好きは以下へ続く↓
悪りィが、こっから先は一方通行だ。

2010y11m20d_224916001.jpg

ベクトルを操る最強の人。今週のかっこよさは異常。全部持っていっちゃいましたねwww


関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/11/25 21:31 ] 釣りいろいろ | TB(0) | CM(10)
投げ方…同感です(゚∀゚)
ちなみにシングルハンド、ダブルハンドもぶっちゃけどっちでもいいだろ?派です
[ 2010/11/25 22:20 ] [ 編集 ]
あくまでたぶんですが、昔の遠心ブレーキのブロックが均等に効くように、よこにしているのではないでしょうか?
遠心ブレーキを縦に回転させて上側方向と下側方向のブレーキ力の差(たぶんですから)が出来るのを嫌う為に、横向きにしてるのではないかと。

本当にあくまで推測ですから。
[ 2010/11/25 22:36 ] [ 編集 ]
私は心のフォースで投げてますが何か?
[ 2010/11/26 09:33 ] [ 編集 ]
>りゅう爺さん


(゜∀゜)人(゜∀゜)ナカーマ



[ 2010/11/26 16:21 ] [ 編集 ]
>K2さん



なるほど…。

色々な考え方がありますな…。

こんなことを考えるのも面白いもんです♪
[ 2010/11/26 16:24 ] [ 編集 ]
>さんちぇさん

心のフォース…。

パーソナルリアリティの獲得みたいなもんですかね?
(´・ω・`)?



おれが初春飾利だっっつ!!
[ 2010/11/26 16:26 ] [ 編集 ]
>以下へ続く↓

悪人顔なんですがね

ん~・・・
ファイト用にガイドがセッティングされてるってことですかな
キャスト用ならリール側から見て
右サイド(右利き用の場合)にガイドが並ぶはずですよね

スピニングもリールと反対側にガイドがあった方が
キャスト・フィールはいいのかも
糸の通り道をどうするかが問題だ
[ 2010/11/27 20:43 ] [ 編集 ]
初めて投稿します。
リールの向きによってキャスト時のラインの浮き方に違いが出ると教わった事があります。
一概には言えませんがリール上向きだと遠心力+重力。横向きだと遠心力だけって感じです。
キャスト中にラインが浮いてきたら、リールを横向きにして浮きを抑えるって小技もやってます(^-^)

最後に一方さんは打ち止めの婿w
[ 2010/11/28 00:19 ] [ 編集 ]
>ロン@リバさん



お疲れでした
( ゜∀゜)o彡゜



何にしても、色々考えながら釣りをするのは面白いもんですw

雑誌は難しいかもしれないけど、プロアングラーはこういう色々な面白みもあるんだと伝えてほすぃ
(´・ω・`)
[ 2010/11/29 07:19 ] [ 編集 ]
>かなぶんさん

皆さん色々考えてますね…。
Σ(`・ω・´)

今度、やってみますw





>最後に一方さんは打ち止めの婿w

阻止。

アクセロリータの幻想は、おれがぶち壊す!!
[ 2010/11/29 07:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
フィッシング用品・アウトドア用品のTIEMCO(ティムコ)
最新インフォメーション
プロフィール

うなぎいぬ1091

Author:うなぎいぬ1091
トラウトルアーやバスルアー、偏光グラスの広報担当兼ロッド&ルアー開発。TBCなんかにも出ているらしい。ストマック調査とか痛ックル製作とかしてます。バス釣り大好き(^ω^) 痛ックル精鋭部隊(隊員№001)部隊長。今のあなたが知るはずもないのだけれど私はね【釣りがうまくなりたい】、ただそれだけの祈りで魔法少女になったのよ

Twitter
pixiv
タグは痛ックルです
気になるもの
ノーブルウィッチーズ 第506 統合戦闘航空団 飛翔! (角川スニーカー文庫)





ラブライブ! School idol project 園田海未 -夏色えがおで1,2,Jump! Ver.- (1/8スケール PVC塗装済み完成品)





ラブライブ!  ねんどろいど 矢澤にこ (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア)





































































































東方カウンター