うなぎいぬ&うさぎのこーちゃんによる日記です

170526野良ネズミ爆釣の豊英ダムテスト

っということで行ってきました、豊英ダム。

今回は新製品のテストです。

まぁそちらの結果も良好でしたが…。

野良ネズミの爆釣は続いていますw
20170526213117960.jpg
20170526213115abc.jpg



野良ネズミを投げていたのは多分2時間弱。

出るわ出るわ…結局、20本くらい釣れたのかな?一日やったら100本ペースですw


〆に出てきたのは56cmのモンスターサイズ!

20170526213113430.jpg

20170526213114fcc.jpg


流石に釣れるので、豊英ダムでは結構投げてる人がいました。

サイズ問わず釣れ続けるこの異次元の爆釣を、一度体験してみてください♪









[ 2017/05/26 21:32 ] 釣りいろいろ | TB(0) | CM(0)

170516豊英ダムロケ 野良ネズミの使い方

さて、動画撮影で豊英ダムへ行ってきました。

201705180722367a3.jpg


メインはこの時期反応の良い【野良ネズミ】の動画撮影。

このルアー、ホントに釣れるのでの良さを知ってもらいたいと思い、一番いいこの時期に撮影へ…。

20170518072239e7c.jpg

201705180722409ed.jpg

20170518072615d01.jpg

20170518072613870.jpg

釣れますね


この野良ネズミ、使い方にコツがあります。

このサイズの浮くルアーですので、皆様各社の虫ルアーのように浮かせてその場でシェイクすることを想像するようですが、野良ネズミのキモは速く動かすことです。

野良ネズミは小さなフロッグであり、ペンシルベイトなのです。

【ドッグウォーク】っというテクニックがあるわけですが、あまり重要視されないこのアクション…ドッグウォークはバスを狂わす基本的なテクニックであり、この房総リザーバーでもそれは同じです。

野良ネズミの基本的な動作は

スキッピングでブッシュの奥に入れる

すぐに、止めずに高速ドッグウォーク

回収

この一連の動作が基本です。この動きに見慣れていないためか、信じられないくらいバスが出てきます。


野良ネズミはおしり重心、加えてラバースカートのようにスキッピングを失速させる要素がないために驚くほどスキッピングします。

また、おしり重心でかつ頭が細く、下部が反り上がるボディ形状によって、水面をドッグウォークしやすく設計しています。





この日は20発くらい出たのかな…



写真も色々撮りましたが、今回は動画メイン。これから編集作業にうつります。







最後に全体の状況ですが、アフター回復系が増えてきたと思います。メインベイトはギルとザリガニ、虫、そんなところだと思います。豊英は意外とエビやゴリはいないのでこういったベイトを捕食している感じ。

本湖が手堅いと思いますが、最上流にはバスが群れています。食わせ方にはコツがありそう。

20170518073849c20.jpg
※シャイナースティックでも釣れましたよ〜。




[ 2017/05/18 07:43 ] 釣りいろいろ | TB(0) | CM(1)

フェンウィックファンミーティングin七色ダム

201704251201265d3.jpg

さて、日曜日はフェンウィックファンミーティングでした。
2017042512012314b.jpg



今回は七色ダムでの開催。

くじ引きを行なったり、セミナーを行なったり・・・

入賞を含め、景品はかなり良かったと思います(真顔

今後、こういったイベントを各地で行いたいと思います!

今後ともよろしくお願いします。

20170425120120fea.jpg
20170425120121064.jpg


で、その後は七色ダムでロケ!

201704251200137be.jpg


2017042512001698f.jpg


201704251201244ae.jpg

このあたりの写真は、カタログやHPに使用していきたいとおもいます~。
[ 2017/04/27 13:57 ] 釣りいろいろ | TB(0) | CM(0)

170412片倉ダムへ

今日はお仕事で片倉ダムへ…

20170413081927e0c.jpg


釣果的にはパワーグライドジグ3/8+ビッグダディで1本、ベイトフィネスジグファイン3.5g+シャイナースティックで8本。朝、バックスライドホッグで良いのはバラす…。

さすが片倉ダム、数は釣れましたが自分はサイズがね…

わたしは3本1580gで5位

優勝者は板山さん…

20170413081801597.jpg


デカイバスはザリガニ食い。もしくはしっかりとした春のパターン、一級のネスト場近くのシャローかな?まだ産んている個体は少ない感じ。ネストは1個見かけましたが、暖かい日が少ないのでたぶん作って放棄した感じ。

ザリガニ食いは上流部の浅い場所で捕食しているようです。本湖まわりはワカサギ食い。これはアベレージサイズ。暖かさを感じる昼の釣果が目立ちました。


2017041308175944e.jpg


ベイトフィネスジグファインがメインルアーですが、カバーまわりに入れてフォール→回収の繰り返し。ステイさせてもシェイクしても反応はなく、とにかくひたすらに撃ちまくるのが吉。


20170413081802c4a.jpg


片倉は5回目くらいですが、やや傾向がつかめてきた感じ。

本湖周りと上流では食っているエサがかなり違う。上流はザリガニ食いのことが多い。結果、上流(笹川方面)のほうがサイズが上がりやすい傾向があるのかな?


このワカサギのとろけ具合から推測すると、おそらく朝捕食したベイトフィッシュでしょう。

水温20℃における、バスの消化速度目安

評価♯1
~1時間経過~
表皮が一部消化。とけはじめる。


評価♯2
~3時間経過~
表皮、半分からすべてとれてくる。内臓が半分露出。


評価♯3
~5時間経過~
表皮、完全剥離。エラは完全に消失。とろとろ。


評価♯4
~8時間経過~
筋肉がとれだしている。かろうじて種類がわかる程度。


評価♯5
~9時間経過~
筋肉が、半分からすべてとれている。骨格は残る。


評価♯6
~10時間経過~
筋肉は剥離している。筋肉はどろどろ状態。頭はとれている。


評価♯7
~24時間経過~
腸内に消化物が送り込まれている。一部、肛門から外へでている。腸内は満杯。

[ 2017/04/13 08:21 ] 釣りいろいろ | TB(0) | CM(0)

ゲーリーヤマモト「バックスライドホッグ」は新パッケージになりました。

2017新製品!ゲーリーヤマモト「バックスライドホッグ」来月出荷予定です。

20170317055922e62.jpg


今回から新パッケージでの出荷となります。

20170317055924bf2.jpg


大きく異なるのはこのチャック部分。チャックの下が圧着されており、「???」となりますが大丈夫!

圧着は弱いため、袋をそのまま強く開いていくと中身が取り出せる構造になっています。

201703170559251df.jpg
20170317055942bc2.jpg


液漏れもせず、ハサミも必要ない画期的新パッケージです!このタイプは見たことありませんね…。他でも採用したい仕組みです。

めちゃ釣れバックスライドワーム、「バックスライドホッグ」。4月出荷予定となります。

20170317055944465.jpg


http://www.tiemco.co.jp/products/groups/view/1841
[ 2017/03/17 06:07 ] 釣りいろいろ | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク
フィッシング用品・アウトドア用品のTIEMCO(ティムコ)
最新インフォメーション
プロフィール

うなぎいぬ1091

Author:うなぎいぬ1091
トラウトルアーやバスルアー、偏光グラスの広報担当兼ロッド&ルアー開発。TBCなんかにも出ているらしい。ストマック調査とか痛ックル製作とかしてます。バス釣り大好き(^ω^) 痛ックル精鋭部隊(隊員№001)部隊長。今のあなたが知るはずもないのだけれど私はね【釣りがうまくなりたい】、ただそれだけの祈りで魔法少女になったのよ

Twitter
pixiv
タグは痛ックルです
気になるもの
ノーブルウィッチーズ 第506 統合戦闘航空団 飛翔! (角川スニーカー文庫)





ラブライブ! School idol project 園田海未 -夏色えがおで1,2,Jump! Ver.- (1/8スケール PVC塗装済み完成品)





ラブライブ!  ねんどろいど 矢澤にこ (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア)





































































































東方カウンター