うなぎいぬ&うさぎのこーちゃんによる日記です

110522ストマック調査報告

さて今回は釣り上げた5匹中、1匹のバスが餌を捕食していました。




釣獲時間8:30評価♯2
~3時間経過~
表皮、半分からすべてとれてくる。内臓が半分露出。




なんとミミズがでてきた…。



ミミズを食ってたから、ワームがよかった←そんなわけない。



つれている人は釣っている。釣れない人は釣れない状況なので、私の釣りが間違ってる可能性が高いですね(・ω・`



過去のデータから見ても、実はバスは想像以上に餌を食っていることは少なく、実はあまり餌を食べなくても生きていけるんだなとつくづく感じます。





評価♯1
~1時間経過~
表皮が一部消化。とけはじめる。


評価♯2
~3時間経過~
表皮、半分からすべてとれてくる。内臓が半分露出。


評価♯3
~5時間経過~
表皮、完全剥離。エラは完全に消失。とろとろ。


評価♯4
~8時間経過~
筋肉がとれだしている。かろうじて種類がわかる程度。


評価♯5
~9時間経過~
筋肉が、半分からすべてとれている。骨格は残る。


評価♯6
~10時間経過~
筋肉は剥離している。筋肉はどろどろ状態。頭はとれている。


評価♯7
~24時間経過~
腸内に消化物が送り込まれている。一部、肛門から外へでている。腸内は満杯。
[ 2011/05/24 18:33 ] ストマック調査 | TB(0) | CM(2)

110514ストマック調査報告






さて、今回釣ったこのキロ位の魚。

頭でっかちで、いかにもアフターの魚ですね・・・。


このバスはザリガニを食ってました。※時間10:30状態♯2


ただ、うまく確保することができず、写真はありません。


そんなにサイズは大きくなかったです。

ガリ痩せだと、そんなに餌を食ってることはないんですが、珍しく餌を食ってました。今回は濁りによる増水もあり、餌は食っていない状況だと考えていたんですが・・・。



最大魚1300g位の魚は餌を食ってませんでいた。







最後に釣った600g位の魚は、テナガを食ってました!


※時間11:00状態♯2




よく霞水系で仕掛けてあるソダが仕掛けてあるところで釣れました。



釣ったバスは3匹でしたが、うち2匹が餌を捕食している状態で、全体的にタフなわりには餌をよく捕食していたように感じました。












今回から、釣れた時間と消化具合をリンクさせるため、以下の論文から目視による評価基準を独自に定めてみました。これによって、バスが餌を捕食した時間がある程度予測できると思います。



文献『オオクチバスの資源生態学的研究』


【水温17℃。平均体長20センチのバスを36時間絶食させた後、平均体長5センチのウグイを与え、時間毎に取り上げて胃の内容物の消化度を調べた。】


評価♯1
~1時間経過~
表皮が一部消化。とけはじめる。


評価♯2
~3時間経過~
表皮、半分からすべてとれてくる。内臓が半分露出。


評価♯3
~5時間経過~
表皮、完全剥離。エラは完全に消失。とろとろ。


評価♯4
~8時間経過~
筋肉がとれだしている。かろうじて種類がわかる程度。


評価♯5
~9時間経過~
筋肉が、半分からすべてとれている。骨格は残る。


評価♯6
~10時間経過~
筋肉は剥離している。筋肉はどろどろ状態。頭はとれている。


評価♯7
~24時間経過~
腸内に消化物が送り込まれている。一部、肛門から外へでている。腸内は満杯。
[ 2011/05/15 22:16 ] ストマック調査 | TB(0) | CM(2)

極寒の利根川釣行

今週の利根川情報です。

寒の戻り?で前日、東京では初雪が観測。この日はとにかく寒い日でした。朝、ちらほら雪がちらつく日で、こんなに寒いのは、1月末の釣行以来です。

今回は、私にシャッドテクニック教えてくれた、友達のAさんと同行。

先週の春の状況とは一変。水温は8~10℃。先週から2℃程度水温が低下しており、完全に冬の状況に逆戻り。パターン的には、やはりシャッドだと感じていましたが、やはりきましたAさんに・・・。しかも、開始1投目・・・。

かなり、ビビりましたが、さらに追い打ちをかけるように、二本目を楽々キャッチされ、意気消沈・・・。


staff_20070320_01.jpg

Aさんのバス。シャッドにて


今回は、岸に対して垂直方向のシャッドの流し方と、その重要性を教えてもらいました。いろいろなテクニックがあるんだなぁと感動。
その後、私はなんとかテキサスで一本キャッチ♪カバーがらみの魚でした。しかし単発で、パターンと言える感じではありませんでした。

テキサスで釣ったバス


そして・・・またやられました。Aさんのシャッドにヒット!これも鮮やかにキャッチされ、もはや言葉も出ません・・・。

私は結局、シャッドではキャットフィッシュを釣ったのみで、本日は終了となりました。

毎回、「シャッドが釣れるっ!!」と書いてますが、時期的に霞水系においては、11月位から4月位まで非常に効果的なルアーだと思っています。

理由としては2つあると考えています。まずは、前回ブログで書いたように、バスの食性がこの時期になると変わることが1つあります。

さらにもう1つは、この時期のルアーをついばむようなリアクションバイトを、フッキングへ持ち込みやすいという理由があります。 湖の最低水温に近づけば近づくほど、この傾向が出てきます。シャッドへのバイトも、高活性な時期の大きく吸い込むバイトとは異なり、口をほとんど開かない、突っつくようなバイトに変化してきます。

ふと考えてみると、一年の半分はシャッドが効果的な時期になっていることに気がつきます。

私は12月から3月位までは、ワームよりも使用頻度の高いルアーです。個人的には、バスの食性に訴えかけることを得意とするワームは、寒い時期よりも、高活性な暖かい時期に効果的と考えています。 staff_20070320_03.jpg
今回、エビを食っているバスがいました。
エビも動き出したのでしょうか?







[ 2011/03/20 21:36 ] ストマック調査 | TB(0) | CM(0)

101024ストマック調査報告




今回、出てきたのはこちら








よく見ると、カエルです…。

しかも二匹!!




昨年・その前の年もこの時期、バスがカエルを多数捕食していたことがありました!!



理由はまったく解明できていませんが、

この時期カエルが、稲刈りされた田んぼから川に逃げこんだりするのか?

はたまた何らかの理由で、バスが偏食するのか?

まったくわかりません…。



自然界では、



人間が解明している以上のシステムが存在することは間違いありません。



食ってる餌を調べなければ、そんなこと絶対わかりませんでした…。

秋の利根川のバスは、カエルを捕食している。

そんな理論、聞いたことありませんし…。



いずれにしても、バスがカエルの動きに反応が良くなる?ようです。トップの釣りではありませんが…。




[ 2010/10/30 16:38 ] ストマック調査 | TB(0) | CM(0)

100828ストマック調査報告

ふぅ…。




さて、



朝から全力だったこの日。


朝一番で激シャローのブッシュにてフロッグで釣った魚。












スジエビを大量に食ってます。

明らかに朝、シャローにくいにあがってきた魚ですね。スジエビが食いたてです。



ブッシュの根元についている、スジエビを狙っているようです。



9時位に釣った魚。




このとろけ具合、早朝に捕食しているんだと思います。



15時位に釣った魚。




だいぶ消化が進んでいますね。





17時位にバズで最後に釣った魚。




テナガ食ってますね。こいつは数時間以内に捕食したものだと思われます。



基本的には朝、餌を捕食するため活発に動き回っている状態のようです。
[ 2010/09/02 20:10 ] ストマック調査 | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク
フィッシング用品・アウトドア用品のTIEMCO(ティムコ)
最新インフォメーション
プロフィール

うなぎいぬ1091

Author:うなぎいぬ1091
トラウトルアーやバスルアー、偏光グラスの広報担当兼ロッド&ルアー開発。TBCなんかにも出ているらしい。ストマック調査とか痛ックル製作とかしてます。バス釣り大好き(^ω^) 痛ックル精鋭部隊(隊員№001)部隊長。今のあなたが知るはずもないのだけれど私はね【釣りがうまくなりたい】、ただそれだけの祈りで魔法少女になったのよ

Twitter
pixiv
タグは痛ックルです
気になるもの
ノーブルウィッチーズ 第506 統合戦闘航空団 飛翔! (角川スニーカー文庫)





ラブライブ! School idol project 園田海未 -夏色えがおで1,2,Jump! Ver.- (1/8スケール PVC塗装済み完成品)





ラブライブ!  ねんどろいど 矢澤にこ (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア)





































































































東方カウンター