うなぎいぬ&うさぎのこーちゃんによる日記です

170516豊英ダムロケ 野良ネズミの使い方

さて、動画撮影で豊英ダムへ行ってきました。

201705180722367a3.jpg


メインはこの時期反応の良い【野良ネズミ】の動画撮影。

このルアー、ホントに釣れるのでの良さを知ってもらいたいと思い、一番いいこの時期に撮影へ…。

20170518072239e7c.jpg

201705180722409ed.jpg

20170518072615d01.jpg

20170518072613870.jpg

釣れますね


この野良ネズミ、使い方にコツがあります。

このサイズの浮くルアーですので、皆様各社の虫ルアーのように浮かせてその場でシェイクすることを想像するようですが、野良ネズミのキモは速く動かすことです。

野良ネズミは小さなフロッグであり、ペンシルベイトなのです。

【ドッグウォーク】っというテクニックがあるわけですが、あまり重要視されないこのアクション…ドッグウォークはバスを狂わす基本的なテクニックであり、この房総リザーバーでもそれは同じです。

野良ネズミの基本的な動作は

スキッピングでブッシュの奥に入れる

すぐに、止めずに高速ドッグウォーク

回収

この一連の動作が基本です。この動きに見慣れていないためか、信じられないくらいバスが出てきます。


野良ネズミはおしり重心、加えてラバースカートのようにスキッピングを失速させる要素がないために驚くほどスキッピングします。

また、おしり重心でかつ頭が細く、下部が反り上がるボディ形状によって、水面をドッグウォークしやすく設計しています。





この日は20発くらい出たのかな…



写真も色々撮りましたが、今回は動画メイン。これから編集作業にうつります。







最後に全体の状況ですが、アフター回復系が増えてきたと思います。メインベイトはギルとザリガニ、虫、そんなところだと思います。豊英は意外とエビやゴリはいないのでこういったベイトを捕食している感じ。

本湖が手堅いと思いますが、最上流にはバスが群れています。食わせ方にはコツがありそう。

20170518073849c20.jpg
※シャイナースティックでも釣れましたよ〜。




関連記事
[ 2017/05/18 07:43 ] 釣りいろいろ | TB(0) | CM(1)

170512利根川研修


18401957_1400535153339053_4433910896394261369_o.jpg


天気:晴れ
気温:最高26度/最低18度
水温:20℃前後
風:南6m/s


今日は新人研修とテスト。


っが、今日は朝からパワーポールのホースが破け、オイルがぷしゃぁぁぁああ!!ってなって…。前からヤバそうだなぁと思っていましたが、ついに青いホースが破けました。パーツ買ってあったからすぐ直しましたけど…。

18403165_1400089076716994_6379733126613519759_n.jpg

18342345_1400089106716991_6270031082074618497_n.jpg

18402755_1400089133383655_6016797124288188380_n.jpg

このホース、油圧ホースとしては無理がありますよね…ホース破れたら交換すればいいだろう的な、アメリカ的発想。とりあえずついでに油圧オイル変えて調整。バスボートって、なんでこんなに壊れるの・・・。



さて、今回の目的は【他社ルアーをよく知る】こと。色々投げてきました。

まぁ、来年に向けて、いろいろ始動中です。



状況としては多くのバスがアフターかネスト状態かと思いましたが・・・意外と例年の場所では釣れず。減水時ネストを見つけに行きましたが1つだけ。

まぁルアーをアフターっぽいものを使わなかったので反応がなかったのかも。

船中、一応1200g位のを2匹。ミスは多数。





~メインタックル~


ロッド:ACES 68CMHJ
リール:15アルデバラン
ライン:R-18 BASS14lb
ルアー:いろいろ


関連記事
[ 2017/05/13 10:27 ] 利根川 | TB(0) | CM(0)

簡単、おいしい、葉ワサビの醤油付けレシピ

山菜で最も仕込みが難しい「葉わさび」。強烈なわさびの辛さを出せたときの喜びは何物にも変え難い。逆に失敗した時の絶望といったら…。
18268415_1395137377212164_4889323975148158922_n.jpg




今年も試行錯誤しながら数回行った。今後のために記載しておこうと思う。

1.葉わさびを包丁で5cm程度に切る。

2.葉わさびを少量の塩で揉む。この時に、葉わさびの茎を折っていくようにしっかりと揉む。

3.水にさらす。その後、水を切っておく。

4.80〜85℃の熱湯を多めに用意。葉わさびの量に対して6倍のお湯は必要。温度計で正確に温度をはかる。その熱湯に葉わさびを入れ、13秒前後さらし、すぐにザルに上げ水で冷やす。これが最も重要。

5.瓶に葉わさびを入れ、醤油:酢:水を2:1:2の割合で入れる。加えて顆粒鰹だしを少々入れる。葉わさびの辛さは揮発性が高いため、瓶を使うのがコツ。

6.12時間程度置く。

7.食べる前に瓶を振る!

こんな感じでしょうか?すぐ食べても良いですが、少しおいたほうが美味しいです。また、醤油と酢だけでもできますがしょっぱすぎるので、水を加えたほうがいい感じ。

18403027_1395137393878829_7703484445628749518_n.jpg


料理と釣りは似ているな・・・。



関連記事
[ 2017/05/07 21:54 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

パワーフィネスとベイトフィネスPE

18157571_1386946291364606_2872009669232482832_n.jpg


最近、パワーフィネスが流行っていますが、あまりキャストがうまくない私は正直、スピニングでのピッチングでいいとこに入れられない…私の場合、ベイトフィネスにPEを巻くことでこの手の釣りは対応します。

ライトリグをカバーに入れてぶち抜くスタイルは、スピニングでもベイトフィネスでも可能ですが、正確さを求めるならベイトフィネスだと思います。

ただ、フロロ16ポンドとかのラインになると、ライトリグがスルッとカバーに入りにくい…やっぱりPEのほうがメリットがある。
ロッドは色々使い分けますが、魚がでかい場合かなり硬めのロッドでもいいと思います。

ただし、根掛かりを切るとき、スプール破損が怖いので、何かに巻きつけて対応しています。

18157130_1386946324697936_8429750373943081889_n.jpg

あと、この手のPEの釣りはラインが少しでも水に馴染んだほうが使いやすい。私はフッ素オイルをつけることで馴染みを良くしています。このケミカル系はシリコンオイルとフッ素オイルがありますが、シリコンは水よりも比重が軽く、フッ素オイルは水よりもはるかに重い性質があるからです。

PEでスキッピングを多用するときはスピニングを使用します。バックラッシュしたくないので…

このスタイルはあくまで枝に引っ掛けたり、ややこしいところにスルスル入れていくものですね~。

それ以外にもスピニングとベイトフィネスの違いはありますが、実際には自分がストレスのない方を選んで釣りを行っています。
リールはAIRブレーキ搭載のKTF。アルデのような遠心よりもオーバーランしにくいため、PEでは特にAIRブレーキを選びます。PEでバックラッシュするともう最悪ですから…
18157273_1386946344697934_5028194643413893279_n.jpg


なんでも適材適所で使い分けしています。それこそがバスフィッシングですから。

タックル例
ロッド:TPMX 610CMLP+J
リール:KTFアルファスフィネス
ライン:PE2号(リーダー16lb.)
ルアー:なんでも
関連記事
[ 2017/05/01 05:54 ] テクニック関係 | TB(0) | CM(0)

フェンウィックファンミーティングin七色ダム

201704251201265d3.jpg

さて、日曜日はフェンウィックファンミーティングでした。
2017042512012314b.jpg



今回は七色ダムでの開催。

くじ引きを行なったり、セミナーを行なったり・・・

入賞を含め、景品はかなり良かったと思います(真顔

今後、こういったイベントを各地で行いたいと思います!

今後ともよろしくお願いします。

20170425120120fea.jpg
20170425120121064.jpg


で、その後は七色ダムでロケ!

201704251200137be.jpg


2017042512001698f.jpg


201704251201244ae.jpg

このあたりの写真は、カタログやHPに使用していきたいとおもいます~。
関連記事
[ 2017/04/27 13:57 ] 釣りいろいろ | TB(0) | CM(0)

170326利根川詳細


20170327175000618.jpg


天気:雨時々強雨
気温:最高7度/最低5度
水温:11℃前後
風:東6m/s


さて利根川です。今日は14:00までという制約付きでした…。


今回の釣行から試合感を取り戻すために釣りこんで行きます。

春の釣りで意識することは、春の釣りは本当に難しいということ。いい状況を体験するとそれを引きずってしまい失敗する…。

【すべてがはまってくるとあっさり釣れる】

とにかくこれを意識してみます。


状況としては寒いものの過去3日間晴れ。その後の当日雨と言うことで、バスの活性自体が高いのか?低いのか?よくわからない。

まずは冬から春にかけて、この時期強い乱杭を丁寧に一通りやってみるとすぐに2バイト。ワームだけボロボロにされて、これは掛けられなかった。バイトはものすごく小さい…。

なんとなくこの時点でシャローウロウロしている個体は少なく、一時待機場所に魚が多いような感じを受けました。この気温ですからね・・・。コロコロ変わる春のこの時期。水温が上昇するタイミングで一気にシャローをうろうろしたりするのですが、今日はそんな感じではないのかな?と。


スポーニングエリアのブレイクや2軍の乱杭もやってみますが・・・反応なし。どうやら1軍の乱杭にしか反応ない様子・・・

乱杭と同じ考えで、ネコナ川の有名場のベントをやってみます。するとすぐに答えが!

20170327174930add.jpg

20170327174933b56.jpg



1100gと800gの2本!同じところにキャストし続けるのではなく、比較的周辺をまんべんなくキャストして釣った感じ。バックシートの友人が釣ったルアーはトルスト4.8の1.8gネコリグ(スピニング)。その後粘り続けますが反応なし・・・何ヶ所かやってみますが、やっぱり1軍場所でしかあたりがない。やり続けていたらどんどん釣れる事もこの時期はありますが今日はそんな感じがしない。

その後走って佐原まで・・・

せっかく佐原までやってきましたが残念ながら水が超悪い。さらっと横利根逆ワンドをやってみましたがキャットのみwスポーニングエリア内にさしている魚はキャットのみで、まだバスはいませんね・・・。

っということで情報を整理し、中流域の乱杭へ・・・。冬見つけておいたよさそうな乱杭でこれまた友人にヒットwww


20170327174931b23.jpg


ルアーはレッグのDS3.5g


何で俺、釣れないの・・・。


その後も何ヶ所かいい乱杭をやりましたがノーバイトにて終了!!

関連記事
[ 2017/04/17 07:12 ] 利根川 | TB(0) | CM(0)

170412片倉ダムへ

今日はお仕事で片倉ダムへ…

20170413081927e0c.jpg


釣果的にはパワーグライドジグ3/8+ビッグダディで1本、ベイトフィネスジグファイン3.5g+シャイナースティックで8本。朝、バックスライドホッグで良いのはバラす…。

さすが片倉ダム、数は釣れましたが自分はサイズがね…

わたしは3本1580gで5位

優勝者は板山さん…

20170413081801597.jpg


デカイバスはザリガニ食い。もしくはしっかりとした春のパターン、一級のネスト場近くのシャローかな?まだ産んている個体は少ない感じ。ネストは1個見かけましたが、暖かい日が少ないのでたぶん作って放棄した感じ。

ザリガニ食いは上流部の浅い場所で捕食しているようです。本湖まわりはワカサギ食い。これはアベレージサイズ。暖かさを感じる昼の釣果が目立ちました。


2017041308175944e.jpg


ベイトフィネスジグファインがメインルアーですが、カバーまわりに入れてフォール→回収の繰り返し。ステイさせてもシェイクしても反応はなく、とにかくひたすらに撃ちまくるのが吉。


20170413081802c4a.jpg


片倉は5回目くらいですが、やや傾向がつかめてきた感じ。

本湖周りと上流では食っているエサがかなり違う。上流はザリガニ食いのことが多い。結果、上流(笹川方面)のほうがサイズが上がりやすい傾向があるのかな?


このワカサギのとろけ具合から推測すると、おそらく朝捕食したベイトフィッシュでしょう。

水温20℃における、バスの消化速度目安

評価♯1
~1時間経過~
表皮が一部消化。とけはじめる。


評価♯2
~3時間経過~
表皮、半分からすべてとれてくる。内臓が半分露出。


評価♯3
~5時間経過~
表皮、完全剥離。エラは完全に消失。とろとろ。


評価♯4
~8時間経過~
筋肉がとれだしている。かろうじて種類がわかる程度。


評価♯5
~9時間経過~
筋肉が、半分からすべてとれている。骨格は残る。


評価♯6
~10時間経過~
筋肉は剥離している。筋肉はどろどろ状態。頭はとれている。


評価♯7
~24時間経過~
腸内に消化物が送り込まれている。一部、肛門から外へでている。腸内は満杯。

関連記事
[ 2017/04/13 08:21 ] 釣りいろいろ | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク
フィッシング用品・アウトドア用品のTIEMCO(ティムコ)
最新インフォメーション
プロフィール

うなぎいぬ1091

Author:うなぎいぬ1091
トラウトルアーやバスルアー、偏光グラスの広報担当兼ロッド&ルアー開発。TBCなんかにも出ているらしい。ストマック調査とか痛ックル製作とかしてます。バス釣り大好き(^ω^) 痛ックル精鋭部隊(隊員№001)部隊長。今のあなたが知るはずもないのだけれど私はね【釣りがうまくなりたい】、ただそれだけの祈りで魔法少女になったのよ

Twitter
pixiv
タグは痛ックルです
気になるもの
ノーブルウィッチーズ 第506 統合戦闘航空団 飛翔! (角川スニーカー文庫)





ラブライブ! School idol project 園田海未 -夏色えがおで1,2,Jump! Ver.- (1/8スケール PVC塗装済み完成品)





ラブライブ!  ねんどろいど 矢澤にこ (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア)





































































































東方カウンター