うなぎいぬ&うさぎのこーちゃんによる日記です

170611利根川TBC

20170612081110f80.jpg


天気:曇りのち晴れ
気温:最高22度/最低18度
水温:23℃前後
風:西3のち東5m/s


さて、試合を振り返ります。

状況的にもうアフター回復からアフターにかけて…

難解な梅雨の利根川スタートと言った感じ。

プラでは浅いクリークの奥で稚ボラやザリガニ、エビを捕食しているバスがデカかったのでそれを追い求めて行くことに。

まず佐原のクリークからスタート!

ヘビテキとプロップペッパーで流すもののバイトなし…

ゆっくり近づいていくと、バスが何匹か見えました。

テキトーにセンコー4インチを投げるとバイト!っが、尻尾しか食っておらずワームだけ持っていかれる(真顔

なんかスローだな…なんて思いながら、パワーベイトフィネスのセンコー4をクリークの真ん中に投げると着水と同時にバイト。これはフッキングが決まって1100g。


エリア的にプラではボラがワラワラしていたところなのですが、この日は静か。

場所があってない気がする。

その後、もう一ヶ所佐原のクリークをやるもののバイトなし。

結構人も入り始めていたので、とりあえず良くやる1級のブッシュを撃ちに。

周りから探っていきますが、この日はバイトが出ませんでしたね…プラでやる気のある日に当たると、1投ですっ飛んでバイトしてきましたがどうやらそんな感じではなさそう。

切られそうだなーなんて思いながら一番ややこしいところにウェイブモーションのネコリグ(1.6g)をキャストするとなんと食ってきたwそれはミスバイト。

また食うかな…なんて思いながらベイトフィネスジグ3.5gフラッピンホッグJr.を入れるとバイト。しかし、全く走らないスローなバイト。食い込ませるためにシェイクしてフッキング!これは決まったものの、ブッシュがややこきすぎて全く出てこないw

まだついてるなーなんて思いながら、手を突っ込んでキャッチ♪これが1400g。

う~ん、なかなかにスローな展開。

ヘビテキはちょっとやりすぎな日のような気がしてきたので、メインをベイトフィネスジグとウェイブモーションのネコ、バックスライドホッグまでスローダウン。

その後、佐原より下流のクリークを何ヶ所かやりましたが、ボラはいるものの平和そうに暮らしており、バスも無。

う~ん、このあたりから沖の釣りにシフト。佐原の沈み物を淡々と撃ちますが異常なし。

オカッパリが45cm釣ってて萎える。

オカッパリも一撃で釣っていた。いれば一撃で食うことを予想して数を撃ちますが無。

そこからはいろんなところをぐるぐると…

唯一食ったのは、浅い岩。センコーのパワーベイトフィネスで食わせた1本。これはマメ。

まだまだ釣れそうな気がしてきたので、バレット4のノーシンカーを投げていくものの異常なし!


結果、3本で終了…。



20170612081136456.jpg



11位。年間成績はとりあえず7位?におりますが、微妙ッスね…。

優勝はボラフィーディングをきっちり当ててきたのと、この時期特有の食いたいけれどスローなバスをトネスプラッシュでとって6170g!ぶっちぎり…。

ただ、全体的にはスローな展開をした方が良かった気がします。ルアーも小さめ。どの位小さいかというと、フレキシーカーリーの5gDSとか、カメラバとか。センコー4やファットイカではちょっと大きい日だった気がします。



悔しいので居残り練習を行う。

若草上流の水路はもう水位が低すぎて入れない…仕方ないのでその下流を流して行きましたが、ボラはかなりいました。

たまにボイルらしきものもありましたね。

バックシートでプロップペッパーを投げているとなんと見に来ました!水深は30cm位の浅いブッシュ。

これ、食うのかなぁなんてベイトフィネスジグファイン5gのフレキシーカーリーを何度もキャスト。

なんとピックアップ中にバイトがあり、ワームだけ取られるorz

まだ食うことを祈り何度も何度も投げると。バイト…ほぼその場から動かないバイトでしたが、フッキングが決まってキャッチ!

2017061208113751b.jpg



こんな風に浅いブッシュにいるバスが、何度も何度もキャストしないと食わないとは…ここまでスローな展開は想像していなかったのですが、再度フリッピングで打ち直しをするとなんとまたバイト!これもその場から動かないバイト。

これはフッキングでラインブレイク…。


今回のバスは【食いたくても動けない】【何度も食い直しをする】【ミスバイトが多い】【でもシェイクでは食わず、落パク】のが特徴でしたね。

また勉強になりました。








~メインタックル~


ロッド:TPMX 610CMLP+J
リール:KTFアルファス
ライン:PE2号(リーダー14ポンド)
ルアー:ベイトフィネスジグファイン5g(フレキシーカーリー)









関連記事
[ 2017/06/12 08:12 ] 利根川 | TB(0) | CM(0)

【優勝:青木プロ!】JBトップ50弥栄ダム

JBトップ50弥栄ダ厶


優勝は青木大介プロ!
201706042031183e2.jpg

ウイニングルアーは、なんとステルスペッパー70Sとシェイクシャッドの虫チューン!


20170604203120c58.jpg


そしてリザーバーのスペシャリスト、山岡プロが5位!

20170604203119dec.jpg


PDLスーパーリビングフィッシュ3インチ(カラー:レジェンドマジック)のミドストでキャッチ!


そして今回はサイト戦。


青木プロも山岡プロもサイトマスターを駆使し、見て釣るスタイルを貫いていました。


また、エレキで流して釣っていくいわゆる【出会い系サイト】で上位入賞は出ていました。


次回は七色ダム。今試合とパターンは大きく変わることはないというのが大方の予測。

アフタースポーニングのバスを拾っていく試合となるでしょう!

出会い系サイトにその魚が「何を食べているか?」を意識したアプローチを見ることができそうです。




関連記事
[ 2017/06/04 20:39 ] 釣りいろいろ | TB(0) | CM(0)

弥栄ダムへ行ってきます

さて、TOP50弥栄ダムへ行ってきます。
20170601080430077.jpg

今回は久しぶりのエレキ戦ということで、色々面白いセッティングが見れそうな予感。


楽しみです〜

関連記事
[ 2017/06/01 08:05 ] 釣りいろいろ | TB(0) | CM(0)

170526豊英ダムストマック調査報告


先日の豊英ダムのストマック調査報告書
20170529093900199.jpg

201705290938550c0.jpg

20170529093854ca1.jpg



ザリガニ・バスフライ・モツゴのような魚?

うーん、ストマック調査はいつやっても、意外な結果を出してくれる。

他のレイク同様で、ギルはやはり優先順位が低い可能性が高いです。ただ、豊英での調査は初なので、結論を出すには早すぎますね。

引きつづき調査を継続します。
関連記事
[ 2017/05/29 09:43 ] 釣りいろいろ | TB(0) | CM(0)

170526野良ネズミ爆釣の豊英ダムテスト

っということで行ってきました、豊英ダム。

今回は新製品のテストです。

まぁそちらの結果も良好でしたが…。

野良ネズミの爆釣は続いていますw
20170526213117960.jpg
20170526213115abc.jpg



野良ネズミを投げていたのは多分2時間弱。

出るわ出るわ…結局、20本くらい釣れたのかな?一日やったら100本ペースですw


〆に出てきたのは56cmのモンスターサイズ!

20170526213113430.jpg

20170526213114fcc.jpg


流石に釣れるので、豊英ダムでは結構投げてる人がいました。

サイズ問わず釣れ続けるこの異次元の爆釣を、一度体験してみてください♪









関連記事
[ 2017/05/26 21:32 ] 釣りいろいろ | TB(0) | CM(0)

170516豊英ダムロケ 野良ネズミの使い方

さて、動画撮影で豊英ダムへ行ってきました。

201705180722367a3.jpg


メインはこの時期反応の良い【野良ネズミ】の動画撮影。

このルアー、ホントに釣れるのでの良さを知ってもらいたいと思い、一番いいこの時期に撮影へ…。

20170518072239e7c.jpg

201705180722409ed.jpg

20170518072615d01.jpg

20170518072613870.jpg

釣れますね


この野良ネズミ、使い方にコツがあります。

このサイズの浮くルアーですので、皆様各社の虫ルアーのように浮かせてその場でシェイクすることを想像するようですが、野良ネズミのキモは速く動かすことです。

野良ネズミは小さなフロッグであり、ペンシルベイトなのです。

【ドッグウォーク】っというテクニックがあるわけですが、あまり重要視されないこのアクション…ドッグウォークはバスを狂わす基本的なテクニックであり、この房総リザーバーでもそれは同じです。

野良ネズミの基本的な動作は

スキッピングでブッシュの奥に入れる

すぐに、止めずに高速ドッグウォーク

回収

この一連の動作が基本です。この動きに見慣れていないためか、信じられないくらいバスが出てきます。


野良ネズミはおしり重心、加えてラバースカートのようにスキッピングを失速させる要素がないために驚くほどスキッピングします。

また、おしり重心でかつ頭が細く、下部が反り上がるボディ形状によって、水面をドッグウォークしやすく設計しています。





この日は20発くらい出たのかな…



写真も色々撮りましたが、今回は動画メイン。これから編集作業にうつります。







最後に全体の状況ですが、アフター回復系が増えてきたと思います。メインベイトはギルとザリガニ、虫、そんなところだと思います。豊英は意外とエビやゴリはいないのでこういったベイトを捕食している感じ。

本湖が手堅いと思いますが、最上流にはバスが群れています。食わせ方にはコツがありそう。

20170518073849c20.jpg
※シャイナースティックでも釣れましたよ〜。




関連記事
[ 2017/05/18 07:43 ] 釣りいろいろ | TB(0) | CM(1)

170512利根川研修


18401957_1400535153339053_4433910896394261369_o.jpg


天気:晴れ
気温:最高26度/最低18度
水温:20℃前後
風:南6m/s


今日は新人研修とテスト。


っが、今日は朝からパワーポールのホースが破け、オイルがぷしゃぁぁぁああ!!ってなって…。前からヤバそうだなぁと思っていましたが、ついに青いホースが破けました。パーツ買ってあったからすぐ直しましたけど…。

18403165_1400089076716994_6379733126613519759_n.jpg

18342345_1400089106716991_6270031082074618497_n.jpg

18402755_1400089133383655_6016797124288188380_n.jpg

このホース、油圧ホースとしては無理がありますよね…ホース破れたら交換すればいいだろう的な、アメリカ的発想。とりあえずついでに油圧オイル変えて調整。バスボートって、なんでこんなに壊れるの・・・。



さて、今回の目的は【他社ルアーをよく知る】こと。色々投げてきました。

まぁ、来年に向けて、いろいろ始動中です。



状況としては多くのバスがアフターかネスト状態かと思いましたが・・・意外と例年の場所では釣れず。減水時ネストを見つけに行きましたが1つだけ。

まぁルアーをアフターっぽいものを使わなかったので反応がなかったのかも。

船中、一応1200g位のを2匹。ミスは多数。





~メインタックル~


ロッド:ACES 68CMHJ
リール:15アルデバラン
ライン:R-18 BASS14lb
ルアー:いろいろ


関連記事
[ 2017/05/13 10:27 ] 利根川 | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク
フィッシング用品・アウトドア用品のTIEMCO(ティムコ)
最新インフォメーション
プロフィール

うなぎいぬ1091

Author:うなぎいぬ1091
トラウトルアーやバスルアー、偏光グラスの広報担当兼ロッド&ルアー開発。TBCなんかにも出ているらしい。ストマック調査とか痛ックル製作とかしてます。バス釣り大好き(^ω^) 痛ックル精鋭部隊(隊員№001)部隊長。今のあなたが知るはずもないのだけれど私はね【釣りがうまくなりたい】、ただそれだけの祈りで魔法少女になったのよ

Twitter
pixiv
タグは痛ックルです
気になるもの
ノーブルウィッチーズ 第506 統合戦闘航空団 飛翔! (角川スニーカー文庫)





ラブライブ! School idol project 園田海未 -夏色えがおで1,2,Jump! Ver.- (1/8スケール PVC塗装済み完成品)





ラブライブ!  ねんどろいど 矢澤にこ (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア)





































































































東方カウンター